青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 17日

震災から14年・・

目に見える日常からはもうあの震災の傷あとはすっかり消えて何事もなかったように
時を刻んでいる神戸の街です。

でもあの震災の後の解体工事で飛散したアスベストを吸ったことが原因と思われる
中皮腫の発生という新たな問題が起こっているようですね。
あの当時、道を歩くとあちこちで解体工事をしていましたものね。
白い砂ぼこりが舞い散っている現場に私たち通行人もよく出くわしました。
マスクをして歩いている人もたくさんいましたが口にハンカチを当てる程度で
小走りに通り過ぎたものでした。
目に見えないところで今も震災の影を引きずっているのですね。

1月17日は私にとって
たくさんの方から受けたご親切を思い出して感謝する日・・。
蛇口をひねると水が出てくるありがたさに感謝する日・・。
暗い夜を明るく照らしてくれる電気に感謝する日・・。
ガスをつければお風呂が温まることに感謝する日・・。
ごく普通の生活が出来ることに感謝する日・・。

のど元過ぎれば熱さ忘れる・・
忘れるから生きて行けるとも言えるのかもしれませんが・・
一年にいっぺんでも普通に生活できることのありがたさに感謝しないといけませんね・・。。。

震災後の復旧工事で住吉川沿いの道はとてもきれいになりました。
e0121128_2253421.jpg
オカメナンテンが真っ赤に色づいています。
e0121128_2254820.jpg



             
[PR]

by ikako-27 | 2009-01-17 12:01 | 暮らしのスクラップ


<< 「安い席」と「安い魚」      皆さんの手作り品を見ているうちに・・ >>