青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 22日

鯖の棒すし

鯖の生寿司」を一度作ってからすっかり自家製「鯖の生寿司」の虜になってしまい、
このひと月ほどの間に鯖の生寿司を三回作ってしまいました。
その間に鯖の値段も少しづつ下がり一昨日はかなり大きな鮮度のいい鯖が¥680で
売っていましたので買ってきました。
「鯖の棒すし」を作ってみようと思ったのです。

「鯖の棒すし」といえば琵琶湖東岸の「木之本」にある「すし慶」の棒すしが大好きです。e0121128_232746100.jpg
(写真はホームページの写真を拝借しました→)

ここの棒すしは酢飯の中に山椒の実が入っていてそれがまたお気に入りです。
その棒すしを真似してみようと思ったのですが・・

何とまあ~みじめな棒?すしになりました。(涙)
「初めての挑戦で上手に出来たらお寿司屋さんに申し訳ない」
・・というのは負け惜しみ・・?(笑)

包丁を入れたら御飯が崩れ落ち似ても似つかない棒すしになりました。
記念写真を撮っておけばよかったかなぁ~?
あまりの不出来に写真のことなど気がまわりませんでした。
ご飯をもっとしっかりと固く巻くのでしょうね。

山椒入りの酢飯がたくさん残りました。
この酢飯、どうしよう・・?
お昼にいなり寿司にして食べようということになりました。

寿司用の油揚げはないのでみそ汁用の油揚げで代用です。
関西のいなり寿司は正方形の油揚げを半分に切って三角形のいなり寿司です。
私が育った関東ではいなり寿司は長方形の油揚げを半分に切ったものだったので
関西にきた当時はとても珍しく思ったものですが今では当然のように関西風の
三角形のいなり寿司です。
e0121128_23283294.jpg・・ということで
今日のいなり寿司は関東風
です。
といってもたった数個の
簡単いなり寿司です。

いつも作るいなり寿司は
ゴボウ、ニンジン、椎茸、胡麻などが入ったいなり寿司ですがこの山椒入りのいなり寿司もおいしかったですよ~♪
[PR]

by ikako-27 | 2008-09-22 23:32 | 手作りキッチン


<< 初めての栗拾い      カボスの季節到来 >>