青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 01日

姫路へ

最寄の駅から新快速電車で約50分程の姫路ですがこの駅に降り立ったのはまだ2度目です。
例の恐ろしい行列で評判の「菓子博」会場があります。
駅は乗客でごった返しており、ガードマンがそこらじゅうで目に入り、
「ただ今入場制限をしております!」というアナウンスが流れています。
3時間待ち・・。60分待ち。。。こんなニュースを聞いていたら決して来る事はなかったでしょう。

開催のずっと前、前売り券の発売中に「お食事会+菓子博」というプランのお稽古仲間の
親睦会のお誘いを頂き参加の申し込みをしていたのです。
行列に並ぶ気のない私たち年寄り集団は(上は79歳から下は一番若い?私まで)ゆっくりと
お食事会をした後、せっかく買ってある前売り入場券で「入場するだけでも・・」くらいの気持ちで会場へ行ったのですが・・・。
遅い時間が良かったのか並ばなくても見られる会場がいろいろありましたよ。

お菓子で作った姫路城と大名行列や「山水花鳥風月」を表現した工芸菓子など色々見ましたがチョコレートでできた大きな地球儀をご紹介します。
e0121128_004656.jpg

地球にとって危機的な温度といわれる34~40度がちょうどチョコレートが溶け出す温度と
重なることから、地球に見立てたチョコレートに、地球温暖化問題への注意の気持ちを込めて製作されたそうです。
製作には12色に色分けされた直径3センチのトリュフチョコレート、約35,000個が使われたそうです。
[PR]

by ikako-27 | 2008-05-01 00:09 | 暮らしのスクラップ


<< 5月のベランダ      住吉川から山道へ >>