青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 09日

レモンのジャム

4月7日の新聞で「“産廃の島”レモンたわわ」という記事が目に付きました。
“産廃の島”で有名になった「豊島」で「自然を取り戻している美しい島を知ってほしいと
無農薬の「豊島レモン」を作っている元サラリーマンの話です。

「ゴミの島で農業をやらなくても」と反対する家族を「島の活性化につなげたい」と押し切って
島に戻り、全くの素人ながら8ヘクタールの耕作放棄地を借り受け試行錯誤を繰り返し、
8年たった今、約一万本の木を世話しているそうです。
産廃のイメージが強い豊島という地名をあえて使い「豊島産」を名乗ったレモンは無農薬で
皮まで食べられ「香りが高い」と評判になりつつある・・ということです。

たまたま、豊島産ではありませんが友人の知り合いの方が作った愛媛の無農薬レモンを頂き、
レモンジャムを作ったところだったんです。
頂いたレモンです。↓
きれいな色でしょ?
e0121128_9252266.jpg

これは「ただ絞って使うのではもったいない」と思いレモンジャムを作ることにしました。
ただし、レモンでジャムを作ったことがありませんでした。
「レモンを食べる」といったら山に行った時やスポーツをした時にレモンの薄切りを
ハチミツに浸けた「レモンのはちみつ漬け」を食べたことぐらいでしょうか?

e0121128_15365470.jpg

① レモンの皮はくるくるとりんごの皮をむく
  ようにむき、細切りにします。

② 細切りした皮を塩水に浸け、苦味をとり
  ます。
   (茹でこぼしてもいいかもしれませんね)

③ レモンの汁を絞っておきます。

④ 搾りかすは捨てようかどうしようかと迷っ
  たのですが一回茹でこぼした後、刻んで
  使うことにしました。

⑤ 細切りした皮と刻んだ搾りかすを鍋に
  入れひたひたの水を加え、火にかけま
  す。

⑥ 皮が柔らかくなったら砂糖を2~3回に
  分けて加え、レモンの汁も加えます。

⑦ そのまま、へらでかき混ぜながら焦げ
  ないように気をつけ火を止めます。

⑧ レモンジャムが出来ました。
  ヨーグルトに入れて食べてみました。
  甘酸っぱくておいしいレモンジャムでし
  た。



  
[PR]

by ikako-27 | 2008-04-09 00:10 | 手作りキッチン


<< 春の山菜・・コゴミ      花散らしの雨 >>