青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:高知 ( 13 ) タグの人気記事


2011年 11月 21日

高知で田舎暮らし体験・・♪

今年も高知出身の友人のうれしいお誘いをいただき、田舎暮らしを楽しんできました。
それにしてもよく降りました・・
4日間の中二日は本降りの雨。

屋根に当たる雨音を子守唄に・・
よく寝て、よく食べ、よくしゃべり・・
また食べ、またしゃべり、また食べて・・
雨もまた楽し・・です。♪

昨年もご紹介しましたが高知県大豊町は柚子の産地でもあります。
田舎に到着するやいなや、高枝ばさみを片手に、長靴、皮手袋、後ろにひらひらが付いた
帽子をかぶり農家のおばちゃんスタイルで身を固め、柚子採り開始。
柚子が大好きな私は高枝ばさみを抱えて鈴生りの柚子の前に立つと気がはやります。。。(笑)
e0121128_13411813.jpg

「明日は雨」の天気予報・・
頑張ってたくさん採らないと・・!!!

高枝ばさみで狩り採った柚子の枝をもう一人が柚子の付け根で茎を切りとり
篭に入れていきます。
e0121128_13414259.jpg

柚子を採ったあとは柿も待っています・・♪
昨年は柿の木に一つも柿が生っていませんでしたが・・?
今年は柿の生り年のようです。
柿の木には大きな渋柿が鈴生りでした。
高枝ばさみで刈った柿は干し柿にする為にT字型に鋏を入れて篭の中に・・。
e0121128_135533.jpg

明日は雨の予報ですので室内で柚子の汁搾りと柚子こしょうを作る予定です。
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-21 14:09 | 小さな旅 | Comments(6)
2010年 11月 26日

高知県大豊町

徳島県と高知県を流れる吉野川沿いにきれいに色づいた大歩危小歩危の景勝地を眺めながら車を走らせると
柚子もぎでおじゃました高知県大豊町があります。
両親も田舎育ち、夫の故郷も辺鄙な田舎ですが田んぼに囲まれた見慣れた田舎とは違い、四国のほぼ真ん中
にあるこの町は高い山々に囲まれた山岳地帯です。
平坦な田んぼは見かけませんでした。 山の斜面を耕した段々畑が目につきます。

朝起きるとあたりは朝もやの中・・
幻想的でしょう~
雲海の中のようです。
ここは標高750m程の山の中の一軒家です。
e0121128_11501671.jpg
e0121128_11502937.jpg

この水分をたっぷり含んだ朝もやの中で育つ植物は色鮮やかでみずみずしいです。
e0121128_1275017.jpg

ブルーの紫陽花もこんなにきれいな色に変身です。↓
黒い種になったヒオウギもいい感じですよ。
e0121128_1210787.jpg


ここに来る途中の大豊町・定福寺(じょうふくじ)ではきれいな紅葉を楽しみました。
e0121128_12185858.jpg
e0121128_12191882.jpg


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3泊4日の楽しい柚子もぎ体験から帰宅し、只今「柚子ジャム」他の柚子加工を楽しんでいます。^^♪
[PR]

by ikako-27 | 2010-11-26 12:25 | 小さな旅 | Comments(4)
2010年 11月 24日

高知で柚子もぎ体験・・♪

友人の故郷、高知県大豊町へ柚子をもぎに行ってきました。
友人と知り合って以来、大豊町を訪問するのは今回で多分?6回目。
冬の季節以外の大豊町の自然をたっぷり満喫させてもらっています^^。
お誘いに喜んで便乗させて頂きながらも心の隅っこには「何と厚かましい私・・」という気持ちが
多少はあるんですけど~(苦笑)
大豊町の自然の魅力にすっかり引き込まれています・・。

自然の魅力は後ほどご紹介したいと思いますがまずはさっそく楽しみにしていた柚子もぎから・・♪

長靴、皮手袋、帽子で身をかため高枝ばさみを抱えて柚子もぎスタートです。
柚子の木には鋭いとげがありますので皮手袋が必需品です。
この作業は今回で2回目ですので結構上手ですよ~(笑)

「狙った獲物は逃がさない・・!」
・・とは言うもののどうしても手の届かない枝先には大きくてきれいな柚子の実が一段と輝いて
残っています。
逃した獲物は大きい・・です。
でもそんなに欲はかかなくても柚子はたっぷりありましたよ。
e0121128_13301142.jpg

2日目はもいだ柚子を絞ります。
手作りのこんなかわいい柚子絞りの道具です。↓
e0121128_13303791.jpg

もっと簡単に大量に絞れる道具もいろいろあるようですがこれ、子供の木のおもちゃのようで
かわいいでしょう?
気に入りました。
汚れを拭いた柚子を一つゝ、絞って行きます。
大きなかご3つ分くらいのたくさんの柚子を絞ってもやっと2リットル程の果汁です。
e0121128_13455883.jpg

貴重な柚子果汁ですね。
この絞った柚子のカス・・
全部捨ててしまうのだそうですよ~
何だかもったいないですよね~
私だったら表皮は柚子こしょうに・・
残りは柚子ジャムにして売り出したいです。(笑)

「ちょっと待って!捨てないで~」
夕食の後・・、黄色い表皮を剥き、赤いタカノツメを刻んですり鉢ですって塩を加え、
「柚子こしょう」作りが始まりました。
e0121128_13312555.jpg

この「柚子こしょう」、うどんにちょっと入れたり、湯豆腐や鍋のポン酢に加えたり、
刺身にちょっとのせてみたり・・ととっても重宝します。
この「柚子こしょう」、私、大好きなんです。

続く・・
[PR]

by ikako-27 | 2010-11-24 13:46 | 小さな旅 | Comments(8)