青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:阪神淡路大震災 ( 4 ) タグの人気記事


2012年 01月 17日

あれから17年・・

神戸に大きな地震が起きたあの朝から17年の歳月が流れました。
月日の流れは早いですね。
あの日、地震でお父さんを亡くされたお嬢さんは当時3歳。
そのお嬢さんが成人式を迎え、式で代表として挨拶をされていました。

「震災で無くしたものは計り知れないが、引き替えに命の大切さや
人の温かさなどを教えてもらった」と話していました。
これはきっと誰もが体験した思いだったことでしょう・・

以前にもブログで書いたことがありますが当時、夫は京都で単身赴任中。
たまたま震災当日が胃の検査の日だった為、神戸での滞在が1日延びたのでした。
そして、幸か不幸か家族みんなで震災を体験。

電気もガスも水道も止まり、家財が散乱した我家で家族の無事を確認した後、
高度成長期、最後の世代のサラリーマンの頭をよぎった事は・・
「3日後に東京の本社で会議がある・・」

当時、鉄道も大きな被害を受けましたが翌日の18日から阪急電車は西宮北口まで、
阪神電車は甲子園まで動き出していました。
「西宮北口駅まで歩き、取りあえず京都の借り住まいまで行こう・・!」
それぞれが取りあえずの荷物を抱え、歩き出しました・・
問題は当時飼っていたポメラニアンのチビ助。
しつけが悪く、リードを付けて歩かない・・
もうおんぶして歩くしかない。
私は山歩き用に「神戸ザック」で作ってもらっていた少し大きめの赤いザックに
チビ助を入れ、歩きやすい運動靴を履いて、駅を目指して黙々と国道2号線を
歩いたのでした。
夫はといえば・・
会社から着て帰っていたスーツにオーバーコートを着、皮靴にアタッシュケース。
ジャンパーを着てリュックを背負い、駅を目指して黙々と歩く人々の列の中で
夫は一人、違和感を感じる姿格好でした・・(苦笑)

2号線を歩きながら目にする東灘区、芦屋の街の惨状は本当にひどいものでした。
つぶれた家々、倒れた電柱、粉々に割れた大きなビルのショーウィンドー・・
阪急西宮駅に向かうたくさんの人列は
しゃべるわけでもなく・・
怒るわけでもなく・・
泣くわけでも笑うわけでもなく・・
ただ黙々と無表情で歩く・・
戦後、満州から引き揚げてきた人たちはどんな気持ちで歩いていたのだろう・・?
ふと、そんなことまで考えながら歩いていたことを思い出します。

今日は朝から今までの1月17日の私のブログを読み返していました。
1年前2年前3年前4年前
たくさんの方にお世話になりました・・。
私の人生の中で「阪神淡路大震災」は忘れることのできない一番大きい出来事・・と
思っていましたが昨年はまた違った意味でそれ以上とも思える大きな衝撃的な
大災害が起こりました。
いつまでも忘れないこと・・、語り伝えること・・、大事なことですね。
[PR]

by ikako-27 | 2012-01-17 12:07 | 暮らしのスクラップ
2011年 01月 17日

この日に思うこと・・

震災から16年・・
ブロブを書き始めてから4回目の阪神淡路大震災が起きた日を迎えました。
月日の経過とともにあの日の記憶は次第に薄れながらも形を変えて心の片隅に
決して忘れることのない記憶として生き続けています。
毎年、ブログに書き留めることで改めて自分の心と向き合い、あの日の事を思い返して
います。

あの日・・
家には夫がいたのです。
当たり前のことのようですがあの当時、夫は単身赴任中でした。
一年に一回、胃カメラを飲んでいる夫はあの日が神戸での胃カメラの検査予約日に
なっていました。
帰りを一日遅らせたそのおかげで?あの日、家族全員で大震災を体験することに
なったわけです。

「亭主元気で留守がいい」なんて言われることもある世間の?ご主人方ですが
やはりいざという時はさすが「一家の大黒柱」です。
頼りになります。
いつもは忘れている夫の存在の大きさを見直す日でもあります。(笑)

家族全員が同じ体験を共有している・・
楽しい思い出の共有ではないけれどそれは良かったことだと・・
思っているのです。

足の踏み場もなくなった我が家・・
ライフラインがすべて止まってしまった神戸・・
でも・・
幸いにも怪我をすることもなく、たくさんの方から善意という大きな贈り物を
いただいた出来事でもありました。
あの時思ったこと・・
「私も同じように困った人がいた時は温かい手を差し伸べることが出来る人間になろう・・」
その時思った心の底から湧き出たあの気持ちをもう一度思い返してみよう・・。
[PR]

by ikako-27 | 2011-01-17 17:18 | 暮らしのスクラップ
2009年 01月 17日

震災から14年・・

目に見える日常からはもうあの震災の傷あとはすっかり消えて何事もなかったように
時を刻んでいる神戸の街です。

でもあの震災の後の解体工事で飛散したアスベストを吸ったことが原因と思われる
中皮腫の発生という新たな問題が起こっているようですね。
あの当時、道を歩くとあちこちで解体工事をしていましたものね。
白い砂ぼこりが舞い散っている現場に私たち通行人もよく出くわしました。
マスクをして歩いている人もたくさんいましたが口にハンカチを当てる程度で
小走りに通り過ぎたものでした。
目に見えないところで今も震災の影を引きずっているのですね。

1月17日は私にとって
たくさんの方から受けたご親切を思い出して感謝する日・・。
蛇口をひねると水が出てくるありがたさに感謝する日・・。
暗い夜を明るく照らしてくれる電気に感謝する日・・。
ガスをつければお風呂が温まることに感謝する日・・。
ごく普通の生活が出来ることに感謝する日・・。

のど元過ぎれば熱さ忘れる・・
忘れるから生きて行けるとも言えるのかもしれませんが・・
一年にいっぺんでも普通に生活できることのありがたさに感謝しないといけませんね・・。。。

震災後の復旧工事で住吉川沿いの道はとてもきれいになりました。
e0121128_2253421.jpg
オカメナンテンが真っ赤に色づいています。
e0121128_2254820.jpg



             
[PR]

by ikako-27 | 2009-01-17 12:01 | 暮らしのスクラップ | Comments(8)
2008年 01月 17日

震災の名残

e0121128_2312046.jpg13年前の朝、「ガチャーン!」という音とともに
ほとんど壊れてしまった食器類ですが、
今でも捨てられずにおいてある物がいくつかあります。
上の写真は震災の前年、京都の陶器市で悩みに悩んで
清水の舞台から飛び降りるような気持ちで買ったもの・・・
結局、一度も使わないまま一つだけ残りました。

下の写真は頂き物のロイヤルコペンハーゲンの
シュガーポットの蓋です。
何となく捨てられずに今に至っています。
     
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・

震災からしばらくたったある日のこと・・・
大きな数個の段ボール箱が送られてきました。
中にはたくさんの食器類や生活用品と一緒に
「お使いいただけたらうれしいです。
私も困っていた不用品の整理が出来てホッとしています。」

・・と書かれた手紙が添えられていました。

相手によけいな心配をかけまいとする暖かいお心遣いでしょう。
たくさんの方からいただいたご親切とともに忘れられない思い出です。
[PR]

by ikako-27 | 2008-01-17 23:34 | 暮らしのスクラップ | Comments(4)