タグ:阪神・淡路大震災 ( 2 ) タグの人気記事


2015年 01月 17日

あれから20年・・

あれから20年・・ということで新聞、テレビ、ラジオでは連日、震災関連の報道が
続いています。
20年前のあの阪神・淡路大震災は私の人生の中で一番と言ってもいい大きな衝撃的な
体験でした。
東京で育った私にとって小さな地震は怖いことに変わりはありませんが日常茶飯事の
ことでした。
そんな私が結婚して神戸に住み始めて以来二十数年間、神戸では地震というものを
体験することなく平穏な日々を過ごしておりました。
「神戸って地震がないところなのね~」
・・なんて思っていたそんな時、突然あの大きな揺れに突き動かされたのでした。

家具が倒れ、食器が散乱する部屋の中でまずは家族の無事を確かめ、ガラスの破片で
怪我をしないようにスリッパを履く・・。
揺れがおさまった時に私の視界の中にあったのは家財が散乱した我が家の惨状だけでしたが
歪んだ玄関のドア-を押し開け、表の道路に出た私の目に飛び込んできたのは
屋根瓦が落ちた家、押し潰された家々、陥没した道路・・
夢を見ているのかと思うように変貌した町並みでした。

あれから20年・・、震災を体験したとはいえ、家族が健康で震災を引きずることなく
平穏な生活を送ることが出来ていることに感謝したいと思います。
あの時、ご家族を亡くされた方、未だに震災の影を引きずりながら生活をしている方が
たくさんいらっしゃることを報道を通して改めて知らされました。

ブログを書き始めてからしばらくは1月17日が来る度にその時のことを思い出し
ブログに書き綴っていましたがだんだん、その日のことには触れないようになり・・、
東北で大震災が起こり、津波のあまりに衝撃的な映像を目にした時には
神戸のあの日のことが吹っ飛んでしまいました。
今回、改めてあの時頂いたたくさんのご親切、隣人の温かさを思い返しています。

以前書いたブログです。
2008年2009年2010年2011年2012年

2012年のブログに書いた愛犬を入れて背負って歩いた赤いリュックが
まだ手元に残っています。
ハイキングを楽しんでいたころに神戸ザックで作って貰った物です。

e0121128_13482064.jpg
神戸ザックは大きな被害を受けた長田区にあり、震災の被害に遭われたと
聞いていましたが再建されて、また以前のように山好きの方のリュックを
作っていらっしゃるようでうれしいです。
<IMOCK>のタグが付いたザックを背負っておられる方をたまにお見かけします。



[PR]

by ikako-27 | 2015-01-17 05:00 | 暮らしのスクラップ
2010年 01月 17日

1997年1月17日5時46分52秒・・

あの忘れられない朝からもう15年の歳月が流れたのですね・・
あれからもいくつもの大きな地震が世界中で起こっています・・
つい先日もハイチで大きな地震が起き、今、この時も救助の手が差し伸べられるのを
待っているたくさんの人がいます・・
とても他人ごととは思えません・・
映像を通して地震で崩れ去った建物の残骸を目にするとやはりあの時の神戸の街を
思い出します・・

突き上げるような揺れのあと・・
観音開きの食器棚の扉から飛び出してきた食器類が床に落ちた時の「ガチャ~ン!!!
という音が今も頭の片隅に残っています・・

ピアノの足のキャスターは台から飛び出し1メートルほど滑走し・・
テレビは台から転げ落ち・・
前の晩、よりによってばかデカイお鍋で大量に作った煮込みうどんは鍋ごと床に
ダイビング!・・
キッチンの床ではうどんが泳ぎ・・
北陸の方からいただいて冷蔵庫に入れてあったたくさんの「イカの墨づくり」は
開いた扉から飛び出して・・
これも飛び出した冷蔵庫の引き出しにすっぽり飛び込んで引き出しは真っ黒い墨の海・・
笑い話のような本当の話です・・(笑)
次から次へと走馬灯のように思い出す出来事は当時も今も夢の中のことのようです・・

不自由なこともいっぱいあった震災後の生活でしたが、皆さんからいただいた温かい
親切とともに忘れることの出来ない人生のひとこまです。
この日はあの震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに健康で生活できることに
感謝する日でもあります。

e0121128_23131853.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-01-17 00:21 | 暮らしのスクラップ