青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:野菜 ( 56 ) タグの人気記事


2007年 10月 04日

葉唐辛子の佃煮と青唐辛子味噌

頂いた葉唐辛子の枝には青い唐辛子がたくさんぶら下がっていましたので
青唐辛子味噌を作ってみました。
青唐辛子を細かく刻み、ごま油で炒め、味噌・酒・みりん・砂糖を加え弱火で練り上げます。
炒めながら唐辛子の辛味が漂い鼻はムズムズ、むせそう・・・!(>_<)
かなり辛い“青唐辛子味噌”が出来上がりました。
飯が進みそうなお味!これもおにぎりに合いそうな気がします。
昼は昨日の葉唐辛子の佃煮と今日の青唐辛子味噌で一人寂しく?豪華?おにぎり定食と
なりました。
e0121128_16365293.jpg

かわいらしいおにぎり二つで上品さを演出しましたがおいしくってこそっと追加してしまいました。
これは罪作りな食べ物に出合ってしまった!・・・かも?
[PR]

by ikako-27 | 2007-10-04 13:01 | 手作りキッチン
2007年 10月 02日

大根のなま酢

大根が欲しい時、スーパーの野菜売り場で「半分にしようか?」「一本買おうか?」と
一瞬悩むのですが即座に頭の中で電卓が動き出し結局一本丸ごと買ってしまいます。
主婦根性丸出しです。
大根はスが入りやすいので早めに使いたい・・・。
大根の使い方は教科書に従うと・・
《葉に近いところは甘みがあるのでおろし大根やサラダに生のまま》、
《真ん中は煮物》に、
《しっぽは辛いので漬物》に、
・・・ということになりますが我が家は辛いおろし大根が好きなのでしっぽは貴重な部分です。e0121128_13325861.jpg
いつものように大根を一本丸ごと買ってきましたので頭の部分で「なま酢」を作りました。
大根、にんじんに加え、今日は干し貝柱を戻して入れました。
貝柱のうまみが加わっておいしいなま酢が出来ました。
保存食にも便利です。
[PR]

by ikako-27 | 2007-10-02 13:37 | 手作りキッチン
2007年 08月 12日

新生姜の佃煮とはちみつ漬け

新生姜の出始めからだいぶ過ぎましたがまだ店頭に並んでいましたので
e0121128_1422621.jpg「佃煮」と「はちみつ漬け」を作りました。
新生姜の佃煮はいつもはたくさん作るのですが作ってからしばらくたつと
冷蔵庫の奥に追いやられてだんだんに忘れ去られてしまうので
保存食とはいっても“もう少し作って置けばよかったなぁ”と
思うくらいの量がいいなと思うようになりました。

新生姜を薄くスライスして熱湯でさっと湯がき、ざるにあげてから水気をしぼります。
佃煮は新生姜1kgに砂糖が200g・醤油が200ccです。
(今日は300gの生姜です)
水気をしぼった半分の量の生姜をからいりした後、調味料を入れ
水気がなくなるまで炒り煮して出来上がりです。
残りの半分は瓶に入れはちみつを注ぎいれました。e0121128_14316100.jpg
保存食を作ったり、ジャムを作ったりすることは好きなほうですし、
面倒とは思わないのですが三度三度の食事作りは
たまには勘弁してもらいたいと思うこともあります。
これは義務で作っている時と好きで楽しんで作っている時の
差でしょう。
“男の手料理”がたっぷりの時間と食材をそろえ
楽しんで作れるのは自分が作りたいと思った時に作るからでしょうね。
義務と思わず家族の喜ぶ顔を想像しながら楽しく食事作りが出来たらいいのですが・・・?
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-12 14:24 | 手作りキッチン
2007年 08月 07日

シソ酢の酢の物

e0121128_12504566.jpg先日作った“シソ酢”を使ってみました。
酢にシソの香りは移ってはいるもののあまり強い香りではなく
“かすかにシソの香りがする”といった感じでしょうか?
たこときゅうりの酢の物”に使ってみました。
シソの香りは存在を主張するわけではなく昆布が酢をまろやかにして、
おいしい酢の物になっていました。

・・・が、結論はといえばシソをわざわざ酢につけることもないか・・・?という感想です。
シソを強調したかったらシソの葉を刻んで加えたほうがいいような・・・?
このシソ酢作りから学んだ最も大きな成果は・・・
昆布をさっと火であぶるとしなっと柔らかくなりハサミで切りやすくなる”ということでした。
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-07 12:54 | 手作りキッチン
2007年 08月 03日

ゴーヤの佃煮

子供が高校を卒業し、お弁当から解放されたときは“やれやれ!”と
喜んだものでしたが何の因果かこの年?になって、
また毎日2個のお弁当を作っています。
冷蔵庫に必ず作り置きしているお弁当用定番の保存食は
きんぴらごぼう”と“牛肉の佃煮”です。
お弁当箱に隙間ができた時の大事な助っ人です。
ひま元気食材がある時は保存食を作ることがよくあります。
冷蔵庫の中の保存食は気持ちをとても楽にしてくれます。
今日は“ゴーヤの佃煮”を作りました。

e0121128_15382447.jpgゴーヤは薄切りにし(あまり薄すぎないように)
さっとゆで水気を絞ります






e0121128_15521771.jpgしょう油・砂糖(黒砂糖もおいしい)・酢を少々・鷹のつめを
あわせた中に(結構甘め)入れ水気がなくなるまで煮ます。
完全に水分がなくなる一歩手前でかつお節を入れて下さい。
出来上がりにゴマをかけてもおいしいですよ。
ご飯によく合います。
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-03 15:57 | 手作りキッチン
2007年 07月 16日

道の駅“淡河”

神戸市唯一の道の駅“淡河”(おおご)へ行ってきました。
今が旬のナス、トマト、きゅうり、かぼちゃ・・・etc・・・所狭しと並べられています。
安くて新鮮な野菜に後のことも考えず“あれもこれも買わなきゃ損ゝ・・・!”とばかりに
みるみるかごがいっぱいになります。
家に帰って並べてみるとこんなにいっぱい!
e0121128_17225024.jpg

ナスは“お肌ぴちぴちの少女”のよう・・・。
万願寺とうがらしの切り口は“水もしたたる○○男”のよう・・・。
今日からしばらくベジタリアンです。
[PR]

by ikako-27 | 2007-07-16 17:30 | 神戸とその近郊