青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:野菜 ( 56 ) タグの人気記事


2008年 04月 26日

筍三昧

タケノコが店先に並び始めてからだいぶたちましたね~
タケノコ大好き人間としては今にも手を伸ばしそうだったんですけど・・
「そろそろどこからかタケノコがやって来ないかなぁ~」
・・・などと厚かましい下心でタケノコの到来を密かに待ち望んでおりました(笑)
お待ちかねの「タケノコ」が届きましたヨ。♪
e0121128_13155869.jpgこういう事は重なるものなんですねぇ。
お待ちかねのタケノコが届いたその日・・。友人から
「タケノコがあるんだけど・・?」
とまたもや「タケノコ電話」

タケノコ三昧の日々が始まりました。
先ずはタケノコとワカメで
若竹煮
穂先の皮は細切りにして
姫皮のゴマ酢和え
次にタケノコの木の芽焼き
タケノコの表面にかのこ目に包丁を入れて油でタケノコの両面をじっくり焼き、
焼きあがったら酒としょう油をを合わせた調味料を回し入れ味をしみ込ませます。
お皿にのせて小さく切った木の芽を散らします。おいしいですよ。
木の芽和えも食べたいですね。
「若竹煮」のタケノコを小さく切って木の芽を擦り入れた白味噌で合えます。
この「若竹煮」は次の日は天ぷらにします。
天ぷらの衣の中に小さく切った「木の芽」をまぜて若竹煮のタケノコを揚げて
タケノコの天ぷら
やっぱりタケノコご飯ははずせませんね~
残ったタケノコはタケノコのおかか煮にしました。
育った家は母が田舎育ちだったので薄味の上品な「若竹煮」のようなものは食卓に
並びませんでした。しっかり濃い味のついたかつお節たっぷりの煮物でした。
最後にタケノコを細かく切って干し椎茸、シメジ、きくらげなどと一緒に
タケノコの佃煮になりました。
e0121128_1347417.jpg

タケノコ料理を満喫させていただきました。
ごちそうさまでした!
[PR]

by ikako-27 | 2008-04-26 00:05 | 手作りキッチン
2008年 04月 13日

やめられない!とまらない!♪

この季節が楽しみです~♪
ベランダで育てている二本のサンショウの木に新芽がたくさん出てきました。
e0121128_100185.jpg

この柔らかでおいしそうなサンショウの葉・・。。
私はサンショウの葉も実も大好きなんです~♪
友人からこの食べ方を教えてもらって以来、春を待つ楽しみの一つになりました。

やわらかな新芽をちぎって・・
~~サンショウの香りが漂ってきます~。。
お腹がすいてきました・・。。

ぜひ一度、お試しくださいませ・・。。

e0121128_12334345.jpg
海苔の上にあったかいご飯を
のせサンショウの葉を2~3枚のせます。
サンショウの葉が大好きな方は何枚でもお好きなだけどうぞ・・。

その上に沢庵の細切りをのせ、かつお節をその上に・・。
ゴマをパラパラ・・もいいかも。。
お醤油はほんの「タラッ・・!」
程度。。
包んで食べてください。

もう一つは沢庵の代りに
「いかなごのくぎ煮」をのせて食べています。
これもおいしい!
あっという間に海苔がなくなります。

あと他に・・
何かいいものないかしら・・?
何でも良さそう~♪
ただし、サンショウが好きな人だけの食べ方です。

そうそう・・
スーパーでコゴミが売ってましたので写真を撮ってきましたよ~

e0121128_1641598.jpg

ね~っ!高いでしょ・・!
[PR]

by ikako-27 | 2008-04-13 00:14 | 手作りキッチン
2008年 04月 11日

コゴミを食べました

昨日のブログでご紹介した「コゴミ」ですが皆さんから頂いたコメントが面白かったです。
ゴミ袋いっぱい・・・とか
ゴミ袋いっぱいどころではない・・・とか
誰も見向きもしない・・
無視です・・とか・・
ところ変われば色々ですね~
夫も田舎に居た頃はコゴミなんか食べたことないと言っています。

天ぷら胡麻和えゴマドレッシングをかけて・・食べました。
「ゴマドレッシングをかけて・・」は一緒にコゴミを採りに行った友人のおススメです。
どれもおいしかったですよ。
「胡麻和え」にはすりゴマと一緒に練りゴマのコクを加えました。
両手いっぱいのコゴミはあっという間になくなりました。

e0121128_15432442.jpge0121128_15434566.jpg
[PR]

by ikako-27 | 2008-04-11 00:05 | 手作りキッチン
2008年 03月 29日

春の香り・・野ゼリ

セリをいただきました。
ちょっぴりほろ苦い春の香りです。
e0121128_1126456.jpg

私と夫はこのセリが大好きでこの時期になるとセリの生えていそうなところを求めて
うろついたりします。
以前、京都の長岡京のあたりを歩いていた時も田んぼの畦にたくさんのセリを見つけ
興奮しました!昨年は西宮の仁川で・・、それから琵琶湖の北東の高月町の渡岸寺にある
十一面観音を見た後に隣駅の「木の本」まで畑の中を歩いていた時にも用水路のきわに
セリがびっしり生えていましたっけ~!
我が家の前を流れている住吉川の片隅にも最近、セリが生え始めているのを発見!!
びっしり生える日を待ち焦がれています。

このセリをさっと湯がいて水で冷やし絞ってから使います。
胡麻和えにしてもおいしいですし、味噌汁に入れてもおいしいです。
夫は田舎の亡き母の味が一番の好物のようです。
それは絞ったセリを適当に刻み、フライパンに油をひき、さっと炒めたあと、砂糖としょう油で
甘辛い味をつけたあと卵を流し込み、いり卵風に箸でさっとかき混ぜたものです。
夫の兄妹の家に泊まったときもこのせりのいり卵が食卓に並んだことがありました。
母の味がしっかり受け継がれているのですね。
これは私も好きです。
今日はこのセリのいり卵海苔と生のせりのかき揚げを作りました。

e0121128_11534517.jpge0121128_11535934.jpg
[PR]

by ikako-27 | 2008-03-29 00:01 | 手作りキッチン
2008年 02月 21日

小さなおかず

今日は朝からず~っと忙しく、やっとホッとしてPCの前に座ったらもう日付が変わってしまいました。(昨日は・・・でしたね。)
ブログに書く話題もありませんので困ったときの“食べ物頼み”ということでどうと言うことも
ない夕食の一品を・・・。
エリンギとチンゲン菜をさっと煮込みました。

エリンギは手で適当な大きさに裂き、サラダ油を引いたフライパンで強火で炒めます。
そこに、オイスターソース大さじ1・しょう油大さじ1・砂糖小さじ1・水1カップを加え、5分ほど煮込み最後にごま油少々と、さっと茹でておいたチンゲン菜を加え、片栗粉少々で少しとろみを付けます。チンゲン菜の緑がきれいです。
e0121128_0153421.jpg


チンゲン菜を買うとき
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-21 00:17 | 手作りキッチン
2008年 02月 18日

エノキをほしたらどうなるの?

先日の「ためしてガッテン」で干しエノキを取り上げていました。
干すとうまみ成分(グアニル酸)が13倍に増えるそうです。
干して糸のようになったエノキを回答者が食べて
「・・・?なにこれ・・・?かんでるとだんだん味が出てくる!酒のつまみにもいいな!?」
・・・というようなことを口々にいっていたような?
「これやってみて!」
という家族の要望に応えてエノキダケをばらばらにして2日間干してみました。e0121128_2346010.jpg
大束のエノキが15gになっています。
「ウン!なるほど!かめばかむほど・・・ね~?」
でもやっぱりスルメのほうがおいしいねぇ~。
わざわざ干してまでして酒のつまみにするほどのことも・・・?
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出し汁の中でエノキをもどして卵焼きの中に入れる・・・
というのもやってみた。
だし汁はエノキのうまみ成分が染み出して確かにうまみが増しているようだ。
でもわざわざエノキを干してまでして作る卵焼きか・・・?
エノキの投売りで大束が5つ100円とかになってたら干してみようかな?
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-18 00:09 | 手作りキッチン
2007年 10月 28日

ナスのオイル漬け

ず~っと気になっていた料理があるのです。
超人気のブログ“ばーさんがじーさんに作る食卓”の中で何回となく出てくる
“ナスのオイル漬け”です。

1cmほどに切ったナスを一晩、軽く塩漬けしたあと、ワインビネガーと水の中で
3分ほど茹でます。
ナスの水気を飛ばした後、
ニンニク・鷹のツメ・バジル等とともにオリーブオイルで漬け込んだ物です。
味は何となく想像がつきそうな・・・?つかないような・・・?
ず~っと気になっています。

もう今しかない!
遅ればせながら挑戦しました。
ナスはもうちょっと皮が硬くなっているかもしれないと思い皮を一部そぎました。
気になっていたお味は・・・?
1ヶ月ぐらいたったときが食べ頃とのことですが1つ、2つとついつい“つまみ食い”を
してしまいそうなお味です。
酸味がちょっと効いた“洋風のお漬物”といったところでしょうか?

「私、このお味大好きです」 
ワインのつまみにも合いそう~♪
食べ頃の1ヵ月後、“ナスのオイル漬け”はまだ残っているでしょうか・・・?
e0121128_951851.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2007-10-28 09:57 | 手作りキッチン
2007年 10月 25日

おいしい“黒枝豆”

e0121128_1359209.jpg

この時期にしか食べられない“黒枝豆”です。
何といっても有名なのは“丹波篠山黒枝豆”で他の産地との区別化のために
ボジョレーヌーボーの解禁に習って?かどうかは存じませんが
10月5日を販売解禁日としています。

残念ながらブランド物の“丹波篠山黒枝豆”は手に入りませんでしたので
この黒枝豆は単なる兵庫産“黒枝豆”と言うことになりますが充分おいしいです。
普通の枝豆と比べ粒が大きく甘みがあってもっちりしています。
これが成熟するとお正月用の黒豆になります。
[PR]

by ikako-27 | 2007-10-25 14:07 | 神戸とその近郊
2007年 10月 24日

このヘチマどうするの?

宮崎からこんな野菜をいただきました。
e0121128_1433515.jpg

かぼちゃは地元では“秋かぼちゃ”と呼ばれているようですが
ネットで調べても正確な名前は解りませんでした。

小さなヘチマには悩みました。
「これはどうするんだろう?」と私・・・。
「へちまタワシを作るんじゃないか?水につけて皮を腐らせたらいい。」と夫・・・。
「でもこんな小さなタワシ見たことないよ。」と私・・・。

お礼かたがた送ってくださった方に電話をすると・・・
ヘチマは食べられるのでした。
初耳です。
初体験です!
味噌と良く合うとのことで味噌炒めにしてみましょう。
皮を剥き、切って、油で炒め、味噌で調味しました。
e0121128_10312456.jpg


味はきゅうりとズッキーニとナスをたして3で割った感じです。
ちょっと辛味の効いた“ナスの味噌炒め”が好きな私は
この“ヘチマの味噌炒め”もおいしくいただきました。
夫の意見に従って水で腐らせたらただの“腐ったヘチマ”が出来るところでした。
「ホッ!」
[PR]

by ikako-27 | 2007-10-24 14:16 | 手作りキッチン
2007年 10月 18日

うまみアップの“干しブナシメジ”

先日放送の“ためしてガッテン!”でブナシメジのうまみをアップさせる方法を紹介していました。
昔から“香りマツタケ、味シメジ”と言われていますがこのシメジとは“ホンシメジ“の事なんですね。
今ではめったにお目にかかることが出来ない“超高級品で”1k約3万円もするそうです。
“干す”又は“冷凍する”のがうまみアップのコツだそうですよ。

そう!“やって見ないと気がすまない”性格です。
やってみました! ブナシメジ(大)2パック分です。 ↓ 
e0121128_11285746.jpg

            2日干したらこんなになりました。 ↓
e0121128_11335324.jpg

この干しブナシメジでお吸い物を作ってみました。
うまみが出たおいしいお吸い物でしたよ。
マイタケも同じですが60℃~70℃がうまみを引き出すのに一番いい温度帯だそうです。
秋晴れの空の下でどうぞ・・ “ためしてガッテン!”♪
[PR]

by ikako-27 | 2007-10-18 11:42 | 手作りキッチン