タグ:野菜 ( 56 ) タグの人気記事


2008年 09月 03日

「道の駅淡河」で買ってきた野菜

「道の駅」へ行くと後先のことを考えずに買い過ぎてしまうのは毎度のこと・・!

たくさん買ったナスは大好物の「あぶら味噌」(ナスを油で炒め味噌で味付けしたものを実家
ではこう呼んでいました)と昨年ブログで知って作ったところ好評だった「ナスのオイル漬け」を
作ろうと思います。

e0121128_17491471.jpg「あぶら味噌」は切ったナスを
タカノツメを少々入れて熱した
多めの油で炒め、砂糖と味噌で味付けします。
hirobouさんの「紫蘇味噌」は
紫蘇入りでしたね。
我が家も紫蘇を入れることもありますし、ゴーヤの時、ズッキーニのとき、しし唐のとき・・と色々です。
今日は道の駅で買ってきた
「万願寺とうがらし」入りです。

「万願寺とうがらし」は大好きです。甘みがあってやわらかで・・。
しし唐のように「激辛の大当たり」に当たったことは未だ経験がありません。
さっと焼いてもいいですし、フライパンでさっと炒めて「ジュッ!」と醤油をかけただけの料理も好きです。


e0121128_1832049.jpg昨日買ったオクラは赤いオクラ入りでした。
赤いオクラは初めて見ました。
色が違うだけで緑のオクラと同じということでした。
オクラをさっと湯に通して水に取り、細かく切ってポン酢で食べたり、納豆と和えたりするのもおいしいですね。

さっと湯に通すと緑がいっそう
鮮やかになってきれいです。
赤いオクラはどんな鮮やかな赤になるのでしょう・・???
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アラッ!?」
これは期待はずれでした。
湯に通したらこんな汚い色に変身してしまいました。。。
[PR]

by ikako-27 | 2008-09-03 23:01 | 手作りキッチン | Comments(6)
2008年 09月 01日

9月のベランダ

涼しくなったと喜んだものの世の中、そう甘くはありませんでした。。。
日中は暑さがぶり返して厳しい残暑の一日になりました。
たっぷりの紫外線を避けて、敬遠しがちだったベランダには夏の残骸が目につくようになりました。
花らしい花もなく私同様、夏の暑さで少々くたびれた姿のベランダです。

そんなベランダで唯一、元気なのはセロリとタカノツメ。
コンテナに植えたセロリは他の野菜を押しのけ大きく成長しました。
(セロリの葉蔭で小さくなっているのはイタリアンパセリです)
e0121128_16575754.jpg
残念ながらお店で売っているセロリとは種類が違うのでしょうね~?
ポリポリかじるのは無理ですので香り付けにカレーやスープに入れる程度です。
もっぱらベランダの観葉植物の代役です。
夏の暑さが苦手な観葉植物と違い次から次へと青々とした新しい葉を伸ばしきれいですよ~。
その内、お花も咲くのでしょうか?

もうひとつ元気なのは「タカノツメ」です。
e0121128_21185468.jpg

ベランダの小さな植木鉢ですが我が家の一年分の必要量をまかなってくれます。

そんなセロリとタカノツメで作るつくだ煮も好きです。
いつもはお店で買う太いセロリの葉先の部分で作るのですが今回はベランダのセロリで・・。
ベランダのセロリはアクが強いのでゆでこぼしてから使いました。
お店で買うセロリはそのまま使います。
サラダ油に小さく切ったタカノツメを入れ刻んだセロリを炒め、酒・砂糖少々・醤油で味付けします。
e0121128_2116374.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2008-09-01 21:20 | ベランダガーデン | Comments(6)
2008年 08月 30日

青いトマトの漬物

トマトの漬物ってご存知ですか?
赤くなる前の青いトマトで作るそうです。
hirobouさんのブログで初めて知りました。
これって本当においしいらしいんですよ~
これを食べた人は10人が10人、おいしいと言うそうです。

そう言われると食べてみたくなりますね~(笑)
でも青いトマトなんて手に入りませんし・・。。。

hirobouさんからは
>来年ベランダで青いトマトを育てたらどうかな(マジ)
とのことです。
でも・・・・やっぱり気になるなぁ~

今日、スーパーへ行ったら完熟してない青っぽいトマトが並んでいました。
e0121128_23383452.jpg
いつもだったら絶対買わないトマトです。
でも・・写真で見るとかなり赤いですね~emoticon-0106-crying.gif
お店では青っぽく見えたんだけど~emoticon-0125-mmm.gif

来年まで待てないせっかちな私はこのトマトで漬物を作ったのです。
皮をむきながらちょっと不安に・・。。。
どうも青いトマトとは別物っぽい・・。。。
でも乗りかけた船・・と醤油に漬けました。
e0121128_23482253.jpg

どう見ても赤いトマトの漬物だなぁ~
このトマト、どんなトマトに変身するんだろう・・?

青っぽいトマトの漬物は・・?
[PR]

by ikako-27 | 2008-08-30 23:55 | 手作りキッチン | Comments(8)
2008年 08月 01日

野菜のビール漬け

ゴーヤの雌花と↓
e0121128_23212148.jpg

ゴーヤの雄花が↓
e0121128_23223013.jpg
仲良く咲き始め、ようやくゴーヤの実生りが期待できそうな気配です。

タカノツメも色づき始めました。↓
e0121128_23254120.jpg

きゅうりもようやく買いやすいお値段になってきたのでhirobouさんおススメの
「野菜のビール漬け」に挑戦できました。
きゅうりや大根など何でもいいようですがまずはきゅうりを漬けてみましょう。
hirobouさんの半分の量の1kで漬けました。きゅうり10本です。酢も加えました。
冷蔵庫がすし詰め状態になってきましたのでチャック付きのビニール袋を使いました。↓
e0121128_23444667.jpg

サラダ感覚のさっぱりしたおいしい漬物ができました。↓
e0121128_2346327.jpg
ポリポリと丸かじりしたいようなお味です。
[PR]

by ikako-27 | 2008-08-01 00:07 | ベランダガーデン | Comments(8)
2008年 06月 26日

きんぴらごぼうの天ぷら

冷蔵庫の中にはほぼ、いつもきんぴらごぼうが入っています。
e0121128_13441791.jpgお弁当のおかずにも便利ですし、食事のプラス一品にもお助け常備菜です。

2本入りのゴボウを買ってきたときは2本と
にんじん一本でかなりの量のきんぴらごぼうが
出来ます。
このきんぴらごぼうを使って天ぷらにすると
また別のおかずが出来て便利ですよ。
いつもの天ぷらより少し硬めの天ぷらの衣に
砂糖としょう油を少々加え、衣に味をつけてからきんぴらごぼうをかき揚げふうに揚げます。
天ぷらのかき揚げの時より衣をしっかりつけた方がおいしいです。
練り製品でごぼう入りの一口おつまみのような商品が売られていますがあんな感じです。
お弁当に入れてもいいしビールのつまみにも
いいですよ。

生のごぼうを使って作ったものもおいしいです。
ゴボウを適当な長さに切って太めのごぼうだったら6つ割にします。
同じような天ぷら衣にお好みで七味唐辛子を
加えて一本づつ油でゆっくり揚げます。
ビールのおつまみにいいですよ。
e0121128_13552062.jpg


ベランダのアジサイの葉っぱを右手でしっかり押さえながら小さな口をパクパク動かしているのはカナブンでしょうか?
アジサイの葉っぱでお腹をこわさないでね!
e0121128_23521350.jpg


先日の新聞で茨城県の飲食店で「鶏肉梅しそ和え」に添えられていたアジサイの葉を食べて
食中毒・・という記事がありましたね~
アジサイの葉っぱには「青酸配糖体」という有毒成分があるそうですよ。
人間は気を付けたほうがいいようですね。
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-26 00:10 | 手作りキッチン | Comments(8)
2008年 06月 14日

アスパラ三昧

北海道、富良野のアスパラガスをたくさん頂きました。
皆さんにお分けしてもまだ有り余る量のアスパラガスです。
いつもはせいぜい、二束・・。大抵は一束買いですねぇ~。

私のアスパラガスのレパートリーは茹でてマヨネーズ風味のタレをかけたり、
天ぷら、肉巻きフライ、ベーコン巻き・・その程度で。。。
アスパラガスの産地、北海道の方たちのおすすめアスパラガス料理は
どんなんでしょうね~?

まずはシンプルにいただきました。
北海道のアスパラガスは何が違うのでしょうね?
味が濃い?というのでしょうか・・。
いつも食べているアスパラガスと違います。
美味しいです!

たくさんのアスパラガスを前にして・・、こんな機会はまたとないと思うのでいろいろ遊ばせて
もらいました。♪
アスパラガスをいっぱい入れたポタージュスープも作りました。
美味しかったのですが多分?今後・・、スープに入れる為にたくさんのアスパラガスを買うことはないような気がします。

いろいろ試してみたアスパラガス料理ですがネットでさがして作ってみた
アスパラとジャガイモのミラノ風
というのが簡単で、見た目がきれいで美味しかったので私の「お気に入り」に入れました。

〈材料:2人分〉
グリーンアスパラガス・・・4本
ジャガイモ・・1個
粉チーズ・・大さじ1
卵・・2個

【ソース】
バター・・20g
酒・・大さじ1
しょう油・・大さじ1

〈作り方〉
① 半分に切ったアスパラガスをゆでる。
② ①の鍋で半分に切って7~8ミリにスライスしたジャガイモをゆでる。
③ 鍋にお湯を沸騰させ、酢少々と塩を加え、ポーチドエッグを作る。
④ ソースの材料を煮立ててソースを作る。
⑤ 皿にアスパラガスとジャガイモを盛り、卵をのせてソースをかけ、
   粉チーズをふったら出来上がりです。
e0121128_0314564.jpg

写真を撮る時に美味しそうに見えるかな?と思って卵に切り目を入れました。。。
美味しそうに見えますか?
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-14 00:35 | 手作りキッチン | Comments(8)
2008年 06月 13日

きゅうりの漬物

月に二回ほど、お弁当もちで習い事に行く日があります。
自分の為のお弁当はいつも冷蔵庫の残り物を急いで詰めた、貧しい中身なのですが
女同士、おしゃべりをしながらのお昼は楽しいものです。
持参したお弁当は貧しいのですが
「これ、いっぱい炊いたから良かったら・・」とか
「これ、ちょっと食べてみて・・」なんて、おかずが増えて豪華なお弁当に変身する事もあるんですよ~♪

先日は自家製きゅうりのお漬物が回ってきました。
青々として美味しいお漬物でした。
作り方を教わりさっそく作ってみました。
お砂糖の分量が多いのでびっくりしたのですが漬けて見ると砂糖の多さは気にならず、
砂糖のせいでしょうか?いつまでも色が変わらず、青々したままでした。

 [材料]
e0121128_0132079.jpg きゅうり・・・1kg
砂糖  ・・・170g
塩   ・・・60g

① きゅうりを洗い、水気を
   きる。
② 砂糖と塩を混ぜ、その中
   にきゅうりを漬ける。
③ 2日ほどすると水気が出て
   きてきゅうりがしなって
   きますのでころあいを
   見てきゅうりを引き上げ
   て保存する。

冷蔵庫の中で作りました。
この液はもう一度、同じように使えるそうです。
頂く時に、お好みでシソの
千切りや茗荷、しょうがなどをのせるのもいいでしょうね。
私は8本のきゅうり(700g)を浸けたので砂糖と塩をそれぞれ120g弱、40gほど使いました。
ちょうど良い容器がなかったのですがきゅうりが並べられる
容器があると使いやすいでしょうね。ファスナー付きの袋はどうでしょうね?
安いきゅうりが手に入ったときにお試しください。
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-13 00:26 | 手作りキッチン | Comments(12)
2008年 06月 02日

実山椒のこと・・

e0121128_1302677.jpg余分な茎を取り、一晩水に
浸けた山椒の実はざるに上げ
塩を入れた熱湯で5分ほど
湯がきます。
(5Cの水に大さじ2の塩)
山椒のピリピリが苦手な方は同じ作業をもう一度繰り返すと、少しましになります。
でも山椒のピリピリは充分残っていますよ。
私はこの状態にしたものを
冷凍しています。
魚を炊く時に使ったり、いかなごを炊く時に入れたり、佃煮を作る時にもよく使います。
一番のお気に入りはちりめん山椒です。

小さめのチリメンジャコを買ってきてよく作ります。
鍋かフライパンにチリメンジャコ、酒を少々入れ炒り煮します。そこに砂糖少々、みりん、
しょう油、お好みの量の実山椒を入れ水分がなくなるまで炒り煮します。

先日、ベランダで初収穫したわずかな量の山椒の実もこのちりめん山椒にして食べました。
ベランダで出来たと思うと美味しさも倍増です。その時のちりめん山椒です。↓
e0121128_13203351.jpg


※ご注意
道の駅で買った山椒の実はちょっと硬かったです。買う時期が遅すぎましたね。
ベランダで実山椒を収穫したのは母の日のことでした。
実山椒は値段はちょっと高めでも早めに買った方がいいようですね。
だんだん硬くなります。反省!
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-02 00:06 | 手作りキッチン | Comments(4)
2008年 06月 01日

道の駅「とうじょう」

播磨中央公園に行く途中に道の駅「とうじょう」があります。
「道の駅」が大好きな私は「道の駅」に立ち寄るとうれしくって興奮してしまい、ついつい
いっぱい買い込んでしまいます。
この日も買い込みましたよ~
e0121128_23504869.jpg

この季節の楽しみの「淡竹」(はちく)、「実山椒」、「ツタンカーメンのエンドウ」「キタムラサキ」
「赤い茎のほうれん草」「ソラマメ」「間引きニンジン」「新ニンニク」「赤玉ねぎ」その他いろいろ・・
お店には並ばない野菜が手に入るのも楽しみの一つです。
「ツタンカーメンのエンドウ」はツタンカーメンの王陵から発掘されたと言われているお豆です。
e0121128_015462.jpg

普通のえんどう豆と同じようにご飯に入れて炊くと初めは普通のエンドウご飯なのですが
保温してしばらく経つとご飯がお赤飯のように赤くなります。
e0121128_014404.jpg

「間引きニンジン」は50円と安かったのとニンジンがあまりにかわいかったので買いましたが
さてどうしよう・・?
fubijinさんのブログをあけたらちょうど家庭菜園の間引きニンジンで「グラッセ」を作って
いらしたので「これはいい!」とさっそく真似をしてみました。
かわいいニンジンのグラッセが出来ました。
e0121128_0193478.jpg

キタムラサキは面白半分で買いました。
皮が紫色をしていましたが切ってみると中のお芋も紫色でした。
e0121128_0243315.jpg

このジャガイモはどんな料理に向いているんでしょうね?
わからないのでポテトサラダにしてみました。
ムラサキのお芋なので玉ねぎも道の駅で買った「赤玉ねぎ」を使いました。
美味しかったですよ。(どんなポテトサラダを想像してらっしゃいますか?紫?
うっすら青みがかったポテトサラダですよ。紫のポテトサラダではありませんでした。笑)
この「赤玉ねぎ」は薄切りにしてドレッシングに漬け込みました。
e0121128_053759.jpg

実山椒は枝を取る処理が大変です。
とりあえず、一晩水に浸けておきましょう。
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-01 00:30 | 手作りキッチン | Comments(6)
2008年 04月 27日

引越し先の茗荷

ベランダの小さなプランターの片隅で暮らしていた茗荷が昨年、友人宅の庭に引っ越して
行きました。
わずか2~3本の茗荷でしたが友人宅の庭のあちらこちらから茗荷竹が伸びている
ということです
さっそくご対面に行ってきました。
e0121128_1728733.jpg

まるで「水を得た魚」のように・・「雨後のタケノコ」のように元気に茗荷竹が伸びていました。
茗荷が顔を出す日が楽しみです。
友人は私を茗荷のオーナー様と呼んでくれます。
[PR]

by ikako-27 | 2008-04-27 00:15 | ベランダガーデン | Comments(8)