青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:栗の渋皮煮 ( 11 ) タグの人気記事


2013年 10月 10日

食欲の秋・・♪

「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような・・・・♪」
そんな名調子で全国に生中継されたのが1964年10月10日の東京五輪開会式だったそうです。
今日、10月10日もいいお天気ですが夏のような暑さに辟易です。
2020年に東京で開催されることが決まったオリンピックの開会式は7月24日。
年々、暑さが増している昨今の夏、どんなに暑いだろうかと今から心配になります。

まだ夏の暑さの残る秋ですが「美味しい秋」の方は順調に深まっています。
先日の栗拾いで拾ってきた栗はそのまま茹でてスプーンですくって食べたり・・、
炊き込みご飯に加えてみたり・・。。。
もちろん、毎年のお楽しみの渋皮煮も出来上がりました。
残りの栗はどうやって楽しもう~?と思っているときにテレビで紹介されたのが
栗農家が作る「絶品栗ジャム」でした。
パンにのせて食べるゲストの感激の褒め言葉・・!!!

ジャム作り大好きの私ですので「ジャム」に即、反応いたしました。(笑)
最後にラム酒を加えて「栗ジャム」が出来上がりました。
e0121128_12201910.jpg

お味はどうでしょう?
栗100%です。まずい訳がありません・・。。。
パンにのせて食べながらの夫の感想・・
「これは栗餡だね!」
確かに・・
ジャム・・というより想像通り「餡」でした。
栗の渋皮煮と栗ジャム・・どちらに軍配が上がるかと言えば・・
「渋皮煮」かな?

もう一つの最近のお気に入りは・・
塩麹ブームに続く、今流行りの水切りヨーグルトです。
わが家ではず~っとカスピ海ヨーグルトを作り続けていますのでそのカスピ海ヨーグルトで
水切りヨーグルトを作っています。
コーヒーフィルターにヨーグルトをのせて2~3時間。
e0121128_12215176.jpg

チーズのような感触のヨーグルトの出来上がり。
初めて食べたとき・・、
「弓削牧場のフロマージュ・フレみたい・・」と思いました。(↓弓削牧場の写真をお借りしました)
e0121128_12222359.jpg

これを使ってチーズケーキを作ってみたいと思っています。
下に置いた容器に溜まったホエーも色々使い道があるようです。
[PR]

by ikako-27 | 2013-10-10 12:30 | 手作りキッチン | Comments(8)
2012年 10月 25日

今年の栗の渋皮煮は・・

毎年恒例の栗拾いに今年は行けませんでした・・
拾ってきたたくさんの栗で「栗の渋皮煮」を作るのが楽しみなのですが
今年はお店で買ってきた栗で少しだけ作りました・・。。。

どうも出来あがりが良くありません。
口当たりが固く、一口食べた時のあの感激がありません・・。。。(涙)
何でだろう・・?

鍋の中で煮汁から顔を出し渋っている栗たちです。(苦笑)
e0121128_1263474.jpg


上手く出来なかった栗の渋皮煮ですがこちらはいただき物のプロの味・・マロン・ジャムです。
e0121128_12164786.jpg

クラッカーにのせていただいてみました。
甘さ控えめでラム酒の香りの美味しいジャム。
ハード系のパンにも合いそうです。

味付け適当・・、分量適当・・、うまく出来たり出来なかったり・・
そんな私の料理とは大違いのプロのお味でした。
[PR]

by ikako-27 | 2012-10-25 12:20 | 手作りキッチン
2011年 09月 26日

出来あがり・・♪

今年も栗の渋皮煮を作ることが出来ました。
たくさんの渋皮煮を作ろうと思うと気力・体力・時間・・
どれが欠けても難しい・・
予選の審査をを勝ち抜いた美しい粒よりの栗です。↓(笑)
e0121128_1145355.jpg

渋皮に傷が付いてしまった栗・・
炊いているうちに傷口が大きく口を開けてしまった栗・・
ほっこりおいしそう・・ではなく何だか硬そうな栗・・
黒ずんだツートンカラーの栗・・

たくさんの栗の中でも完璧な出来栄えの栗は数えるほど・・
硬そうな栗を割ってみると・・実の色が黒ずんで良くありません。
外から見るとツヤツヤピカピカの美しい栗も中の実は不出来の栗もあるようです。
毎年のことながらそんな「自家用栗の渋皮煮」がいっぱいあります。(涙・・)

鬼皮を剥く途中で渋皮に傷をつけてしまった物は栗ご飯用にしましょう。
きのこの炊き込みご飯に栗を入れて・・
e0121128_12295581.jpg

美味しかったです^^。

蒸した栗を半分に割って中身をスプーンでくりだして砂糖を加え、栗の茶きん絞りもしてみました。
e0121128_12315993.jpg

我家のお茶菓子はしばらく栗三昧が続きそうです。
「来てねッ^^!」(島倉千代子風・・わかるかな? 笑)
[PR]

by ikako-27 | 2011-09-26 12:40 | 手作りキッチン | Comments(10)
2011年 09月 24日

格闘中・・

先日の栗で渋皮煮を作っています。
栗の鬼皮を剥くのが一仕事です。
一晩、水に付けた栗の鬼皮はだいぶ剥きやすくはなっていますが渋皮に
傷をつけないように注意しながら剥くので指に変に力が入るのでしょうね。
剥き終わった時には曲がった指の関節を見つめながら「ふぅぅ~~!」状態です。
でも皮を剥き終わったらもう半分は出来あがったようなもの・・

重曹を入れたお湯で真っ黒い液になるまで茹でたあと、何回もお湯を変えながら
液が濁らなくなるまで茹でながら渋を抜きます。
途中、渋皮に付いた筋などの汚れを取ってきれいにします。
新しい採れたての栗はこの渋皮のお掃除がとっても楽なのです。

渋を抜いたらお砂糖を何回かに分けながらしばらく煮ます。
e0121128_23194560.jpg

今日はここまで・・
このまま、一晩置いて味をしみ込ませることにします。
[PR]

by ikako-27 | 2011-09-24 23:22 | 手作りキッチン | Comments(2)
2010年 10月 19日

今年の渋皮煮

先日もブログに書きましたが今年は栗拾いに行けず・・(涙・・)
毎秋のお楽しみ、栗の渋皮煮です。

e0121128_9524046.jpg栗の渋皮煮を初めて知ったのは28年くらい前・・。
新聞の「ひととき」欄に掲載された記事を読んだ
読者からの電話が新聞社の学芸部に多数かかってきたそうです。
それに答える形で新聞の家庭欄に
「栗の渋皮煮」・・ひとときから
という記事がのったのです。

好奇心の強い私は記事を頼りにさっそく初挑戦・・!



今でも思い出します・・
幼稚園の親子行事で住吉川で広げたお弁当。
その時、お母さんたちと食べた栗の渋皮煮。
初めて作ってみた栗の渋皮煮を得意げに持って行ったのでしょうね。(苦笑)
お母さん達の評判がすこぶる良く、おだてにのった私はそれ以来、栗の渋皮煮を作るのが
秋のお楽しみになったのでした。

古いお料理ノートに張られた新聞の切り抜きの片隅に
「皮をむくとき、右手の親指にばんそうこうを張っておいた方が良い」
・・なんて鉛筆のメモ書きが添えられていました。
最近は作り方のノートを開くこともなく適当な作り方になっていますが久しぶりに開いてみた
ノートの一言に思わず笑ってしまいました。
右手の親指がさぞ痛かったのでしょうね~(笑)

今年お店で買ってきて作った栗の渋皮煮は残念ながら出来栄えは良くありませんが
今年も栗の渋皮煮を作ろうという気力と元気が残っていることに感謝しましょう。
e0121128_1021231.jpg

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渋皮のあくを抜くために重曹を入れてゆがいたあとの真っ黒な汁で
スカーフを染めてみました。
きれいなピンク色に染まりました^^。
e0121128_1062612.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-10-19 10:10 | 手作りキッチン | Comments(19)
2009年 09月 20日

栗の渋皮煮

今年も栗の渋皮煮が出来上がりました。
e0121128_1054118.jpg


栗拾いに行ってからの毎日は栗との格闘の日々・・

まずは渋皮煮をするために鬼皮を剥く・・
お湯にしばらく浸けて鬼皮を剥きやすくします。
e0121128_10522282.jpg拾いたての剥きやすい栗とは言え、渋皮にちょっとでも傷を付けると煮ている間にそこから傷口は広がり無残な渋皮煮が出来上がります。
→中までじっくりと味が染みておいしいんですけどねぇ~
気をつけて剥いてはいても
「アッ!しまった・・!」ということがしばしば・・
こんな出来そこないの栗がわんさと山盛りです。

鬼皮を剥き終わったら炭酸を入れた湯で栗の皮の渋を抜きます。
初めのうちはまっ茶色の茹で汁ですので何回もゝ、水を変えながらこの作業を繰り返します。

そして渋を抜き終わったら栗についている筋や汚れをきれいに取り、さあいよいよ甘く煮始めます。
砂糖を何回かに分けて入れながら・・
ほぼ一日・・
出かける度にガスの火を切ったりまた入れたり・・
最後にブランデーを加えて出来上がり・・
e0121128_11133259.jpg

その日の気分でブランデーの量はまちまちです・・(笑)

これでやっと栗から解放されると思ったのですが・・?
山のような栗の皮を見ながら・・
「これで草木染めが出来るかしら・・?」
まだ、しばらく栗を引きずりながらの日々が続きそうです・・(苦笑)
[PR]

by ikako-27 | 2009-09-20 11:17 | 手作りキッチン | Comments(6)
2009年 09月 16日

今年も栗の季節が・・♪

大好きな栗の季節です。
栗ごはんもいいし・・、ケーキだったらモンブランですね~♪
子供たちは小さい頃から茹でて半分に割ってスプーンですくって食べる・・
どうしても作っておきたいのはやっぱり栗の渋皮煮かな・・?
でも大変なんですよね~
この作業が・・
3日間は栗に拘束されるし・・
今年はやめとこうかな~???
・・と一瞬思いながらもやっぱりやめられない。

でもこの大変な作業が、去年友人に誘われて初めての栗拾いに行ってから、
苦にならない楽しい作業に変わりました。
拾いたて、採りたて?の栗の皮の剥きやすいこと・・!
お店で買った栗とは比べ物にならない剥きやすさです。

・・というわけで今年も行ってきました、「栗拾い」
e0121128_11242882.jpg

昨日の天気予報は「雨のちくもり」、朝から細かい雨が降っていましたが予定通り決行。

拾った栗は目方で買ってきますので雨のあとは水分を含んでちょっと重くなるかな~?
なんてケチくさいこともチョッピリ頭をよぎりましたが・・(笑)
カンカン照りより楽だろうということで・・

そんな天気の中でしたので広大なクリ園は貸し切り状態。
拾った栗を選別して・・
虫食いはないか・・?
押してみてボコボコしていないか・・?
厳選してたくさん買ってきました。

e0121128_11204696.jpg

皮を剥きやすいようにお湯に浸けて・・
さあ・・!気合いを入れて頑張りましょう!
[PR]

by ikako-27 | 2009-09-16 12:55 | Comments(10)
2008年 09月 25日

栗の渋皮煮を作る・・

クリ拾いで買ってきたクリで渋皮煮を作りました。
結構作業が大変なので毎年「作ろうか・・?」「やめとこうか・・?」と迷うのですが結局、
食い気が勝ってしまいます(笑)
でも今年の採りたてのクリはとっても剥きやすく、虫食いもなく・・
鬼皮の下からは感激するほどの美肌が現れ、ルンルン気分の鬼皮剥きとなりました。
e0121128_20573314.jpg
e0121128_2059864.jpg
渋皮煮の作り方は昨年のブログにのせました。ブログは一日目二日目三日目と3日間にわたっていますので御用とお急ぎでない方はのぞいてみてください。

鬼皮を剥くときに渋皮を傷つけると煮ている間に左のように傷口から割れてきます。
右の栗はうまく剥けましたね~
e0121128_2143391.jpg
でも割れた栗はそこから煮汁がしみ込んで味はいいんですよ~♪
見た目より中身です。(笑)
[PR]

by ikako-27 | 2008-09-25 21:49 | 手作りキッチン | Comments(2)
2007年 10月 09日

栗の渋皮煮・・・完成

3日間の長きにわたり、渋皮煮にお付き合い下さってありがとうございます。
火を止めてブランデーをふりかけて完成です。
            ↓てんこ盛りの渋皮煮です。
e0121128_1620895.jpg

どこからともなく金木犀の甘い香りが漂ってくる季節になりましたね。
我が家からも甘い香りが漂ってきますか?
[PR]

by ikako-27 | 2007-10-09 16:34 | 手作りキッチン | Comments(2)
2007年 10月 08日

栗の渋皮煮・・・2日目

昨日から格闘している栗の鬼皮剥きもやっとのことで終わりました。
さあ、いよいよ栗のアクだし作業に入ります。

鍋に栗とかぶるくらいの水を入れ、重曹を少しいれゆでます。
初めのうちは湯が茶色くなりアクがたくさん出てきますので“又湯を全部捨て、水を新しくしてゆでる”
これを7~8回繰り返します。
e0121128_16223860.jpg

↓8回目です。
ゆで汁も薄茶色になってきましたのでこのあたりで良しといたしましょう。
 水を捨てます。
e0121128_16251971.jpg

e0121128_16315620.jpg

まだまだおいしい渋皮煮への道は遠いです。
この栗、渋皮に筋やゴミがたくさん付いていますので爪楊枝などでそれをきれいに取り除き
水で洗います。
↓やっと筋取り作業が終わりました。
私、かなりくたびれています。(*_*;
e0121128_16334889.jpg

さあいよいよ砂糖を入れて煮ます。
砂糖の量はお好みですが私は栗と同量より少し少なめにしています。
鍋に栗とかぶるくらいの水をいれ1/3の量の砂糖を入れ落し蓋をし更に鍋のふたをします。
煮立ったらごく弱火にして7~8時間、残りの砂糖を何回かに分けて加えながら煮ます。
途中で火を止めてお出かけしても大丈夫ですよ。
帰ってきてから又続きをどうぞ・・・。

ここまでしんどい作業にお付き合いいただきありがとうございます。
私が毎年、渋皮煮を作ろうか?どうしようか?と悩むわけが
お分かりいただけたでしょうか?
出来上がりは一晩寝てからになりそうです。
[PR]

by ikako-27 | 2007-10-08 16:57 | 手作りキッチン | Comments(2)