タグ:思い出 ( 26 ) タグの人気記事


2015年 01月 17日

あれから20年・・

あれから20年・・ということで新聞、テレビ、ラジオでは連日、震災関連の報道が
続いています。
20年前のあの阪神・淡路大震災は私の人生の中で一番と言ってもいい大きな衝撃的な
体験でした。
東京で育った私にとって小さな地震は怖いことに変わりはありませんが日常茶飯事の
ことでした。
そんな私が結婚して神戸に住み始めて以来二十数年間、神戸では地震というものを
体験することなく平穏な日々を過ごしておりました。
「神戸って地震がないところなのね~」
・・なんて思っていたそんな時、突然あの大きな揺れに突き動かされたのでした。

家具が倒れ、食器が散乱する部屋の中でまずは家族の無事を確かめ、ガラスの破片で
怪我をしないようにスリッパを履く・・。
揺れがおさまった時に私の視界の中にあったのは家財が散乱した我が家の惨状だけでしたが
歪んだ玄関のドア-を押し開け、表の道路に出た私の目に飛び込んできたのは
屋根瓦が落ちた家、押し潰された家々、陥没した道路・・
夢を見ているのかと思うように変貌した町並みでした。

あれから20年・・、震災を体験したとはいえ、家族が健康で震災を引きずることなく
平穏な生活を送ることが出来ていることに感謝したいと思います。
あの時、ご家族を亡くされた方、未だに震災の影を引きずりながら生活をしている方が
たくさんいらっしゃることを報道を通して改めて知らされました。

ブログを書き始めてからしばらくは1月17日が来る度にその時のことを思い出し
ブログに書き綴っていましたがだんだん、その日のことには触れないようになり・・、
東北で大震災が起こり、津波のあまりに衝撃的な映像を目にした時には
神戸のあの日のことが吹っ飛んでしまいました。
今回、改めてあの時頂いたたくさんのご親切、隣人の温かさを思い返しています。

以前書いたブログです。
2008年2009年2010年2011年2012年

2012年のブログに書いた愛犬を入れて背負って歩いた赤いリュックが
まだ手元に残っています。
ハイキングを楽しんでいたころに神戸ザックで作って貰った物です。

e0121128_13482064.jpg
神戸ザックは大きな被害を受けた長田区にあり、震災の被害に遭われたと
聞いていましたが再建されて、また以前のように山好きの方のリュックを
作っていらっしゃるようでうれしいです。
<IMOCK>のタグが付いたザックを背負っておられる方をたまにお見かけします。



[PR]

by ikako-27 | 2015-01-17 05:00 | 暮らしのスクラップ
2013年 02月 25日

春の足音・・♪

寒い日が続きますが開花が遅れていた梅の花もちらほら咲き始め、スーパーへ行くと
生わかめや茎わかめが目に入ります。
寒さの中でも春は確実に一歩一歩近づいているようです。
23日(土)には瀬戸内海に春の訪れをを告げてくれる主役も登場し、いよいよ「いかなごの春」の
開幕です。
いかなごの「新子」さんの今年の漁獲高が気になるところではあります。
しばらくは「新子」さんの成長から目が離せない日々が続きそうです。

友人宅のお庭で生った金柑を頂きましたのでジャムにしました。
e0121128_13185100.jpg

最近、気に入っているリンゴとのコラボです。
e0121128_13182932.jpg


二年前までは宮崎の友人から大量の金柑が送られてきました・・。。。
「金柑、またたくさん貰ったんだけどもういらない?」
あの電話の声が今も耳に残っています・・。。。
厚かましい私はいつも・・
「あ~っ、欲しいです!!!」
金柑の甘煮にしたり・・、大量のジャムを作ったり・・♪
ジャムの瓶を一箱買いするようになったのも金柑ジャムがきっかけでした。
残念ながらあの声を聞くことは出来なくなってしまいましたが・・。。。
金柑のジャムを炊くとあの笑顔を思い出します・・。。。
[PR]

by ikako-27 | 2013-02-25 13:30 | 暮らしのスクラップ | Comments(2)
2012年 07月 25日

梅のお楽しみ・・♪

朝から強い日差しが照りつけています。
晴れマークがずら~っと並んだ週間天気予報が恐ろしくもあり・・
(梅干しにとっては)うれしくもあり・・

梅干しの天日干しをしています。
e0121128_1016443.jpg


一個づつざるに並べ終えた梅干し・・
指先をなめたら爽やかな梅の酸味と紫蘇のほのかな香り・・♪
子供の頃のあの味がふと、よみがえってきました・・。。。

近所の八百屋さんのお嬢ちゃんと遊んだとき、
おやつにもらったのが筍の皮に包まれた梅干し。
柔らかい筍の皮を表が内側になるようにに半分に折った中にすっぱい梅干しが一個・・
両端を内側に折った筍の皮を握って口の中に入れてチュウチュウ・・
その内に筍の皮は赤く色づいてきます・・♪
懐かしい思い出。。。

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅ジュースも飲み頃になりました。
味噌に砂糖と一緒に漬けこんだ梅は火を通してから熱いうちに瓶に詰めました。

e0121128_10452175.jpg

冷蔵庫で一年以上、保存できます。
きゅうりやセロリにこの梅味噌をつけて食べるのが好きです。
[PR]

by ikako-27 | 2012-07-25 10:49 | 手作りキッチン | Comments(6)
2012年 02月 24日

金柑の思い出・・

この季節になると宮崎の友人から金柑がどっさり届いたものでした・・
金柑は宮崎の名産です。
規格に合わなかったり、出荷できない金柑を農家の方から頂いたもの。
そのお裾分け?・・というには大量の金柑でした。

「金柑送ったから・・」
「金柑またもらったんだけどいる・・?」
「困ったら友達にあげて~」

毎年、贅沢に遊ばせてもらいました・・
ジャムの瓶を箱買いするほどたくさんのジャムを作った・・
金柑の甘煮もいっぱい作った・・
でも、今はあの元気な声を聞くことができなくなりました・・

そんな話をしたら・・
「うちの庭の金柑でジャムを作る?」とお庭で生った金柑を下さいました。
e0121128_23413916.jpg

金柑ジャムを作りながら共有した楽しい時間を思い出しています・・
[PR]

by ikako-27 | 2012-02-24 23:55 | 手作りキッチン
2012年 01月 17日

あれから17年・・

神戸に大きな地震が起きたあの朝から17年の歳月が流れました。
月日の流れは早いですね。
あの日、地震でお父さんを亡くされたお嬢さんは当時3歳。
そのお嬢さんが成人式を迎え、式で代表として挨拶をされていました。

「震災で無くしたものは計り知れないが、引き替えに命の大切さや
人の温かさなどを教えてもらった」と話していました。
これはきっと誰もが体験した思いだったことでしょう・・

以前にもブログで書いたことがありますが当時、夫は京都で単身赴任中。
たまたま震災当日が胃の検査の日だった為、神戸での滞在が1日延びたのでした。
そして、幸か不幸か家族みんなで震災を体験。

電気もガスも水道も止まり、家財が散乱した我家で家族の無事を確認した後、
高度成長期、最後の世代のサラリーマンの頭をよぎった事は・・
「3日後に東京の本社で会議がある・・」

当時、鉄道も大きな被害を受けましたが翌日の18日から阪急電車は西宮北口まで、
阪神電車は甲子園まで動き出していました。
「西宮北口駅まで歩き、取りあえず京都の借り住まいまで行こう・・!」
それぞれが取りあえずの荷物を抱え、歩き出しました・・
問題は当時飼っていたポメラニアンのチビ助。
しつけが悪く、リードを付けて歩かない・・
もうおんぶして歩くしかない。
私は山歩き用に「神戸ザック」で作ってもらっていた少し大きめの赤いザックに
チビ助を入れ、歩きやすい運動靴を履いて、駅を目指して黙々と国道2号線を
歩いたのでした。
夫はといえば・・
会社から着て帰っていたスーツにオーバーコートを着、皮靴にアタッシュケース。
ジャンパーを着てリュックを背負い、駅を目指して黙々と歩く人々の列の中で
夫は一人、違和感を感じる姿格好でした・・(苦笑)

2号線を歩きながら目にする東灘区、芦屋の街の惨状は本当にひどいものでした。
つぶれた家々、倒れた電柱、粉々に割れた大きなビルのショーウィンドー・・
阪急西宮駅に向かうたくさんの人列は
しゃべるわけでもなく・・
怒るわけでもなく・・
泣くわけでも笑うわけでもなく・・
ただ黙々と無表情で歩く・・
戦後、満州から引き揚げてきた人たちはどんな気持ちで歩いていたのだろう・・?
ふと、そんなことまで考えながら歩いていたことを思い出します。

今日は朝から今までの1月17日の私のブログを読み返していました。
1年前2年前3年前4年前
たくさんの方にお世話になりました・・。
私の人生の中で「阪神淡路大震災」は忘れることのできない一番大きい出来事・・と
思っていましたが昨年はまた違った意味でそれ以上とも思える大きな衝撃的な
大災害が起こりました。
いつまでも忘れないこと・・、語り伝えること・・、大事なことですね。
[PR]

by ikako-27 | 2012-01-17 12:07 | 暮らしのスクラップ
2011年 10月 18日

思い出・・

今年も三組の夫婦での再会を楽しみにしておりました・・
5人での再会は故人との楽しかった思い出話の数々・・
人生には予期しなかったことが起きるものです。

一日ゝを悔いのないように生きる・・
一日ゝを真剣に生きる・・

なかなか難しいことではあります・・。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あとひと月もすると紅葉の名所、東福寺は真っ赤な紅葉と観光客で埋め尽くされることでしょう。
まだ静かな京都です・・。
e0121128_731573.jpg
e0121128_7311961.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2011-10-18 07:40 | 小さな旅
2011年 07月 14日

ナスの油味噌

梅雨明け10日・・と言われますがその通り、晴天の厳しい暑さが続いています。
長い夏を元気で乗り切らなければ!

暑さが続くと(他人によっては?)食欲がなくなったりすることがありますが・・?
わたし・・、どんな時でもこれさえあればご飯が美味しく頂けます。↓

e0121128_1511463.jpg

ナスを油で炒めて味噌で味付けしたものです。
育った家では「ナスの油味噌」と呼んでいました。
ナスを見たらまずこの料理が頭に浮かびます・・

ナスだけの時もあれば他のあり合わせの野菜が加わるときもありますが
この日の「ナスの油味噌」はズッキーニと万願寺とうがらしを加えました。
ズッキーニが意外とこの「ナスの油味噌」に合うことがわかりました。
ちょっとピリ辛の味付けです。

最後に加える味噌にこんな「辛子入りこうじ味噌」を使ってみました。↓
e0121128_15313282.jpg


先日頂いたお味噌です。
かわいいカップに入っておしゃれですね~
各地の美味しいお味噌を取りそろえている吉祥寺にあるお味噌のお店です。
吉祥寺と言えば結婚するまで住んでいたところなのですが当時は今と違って
そんなおしゃれなお店はなかったのですが中に入っていた案内地図を見ていたら
いつの間にか心は半世紀前の子供時代に飛んでいたのでした。

案内地図に書かれていた
昭和通り・・
大正通り・・
藤村女子中学・高等学校・・

この路地の角に小さな魚屋さんがあった・・
学校帰り、大正通りのこの魚屋さんの角で友達と別れて・・
夕方、店の隅ではいつも炭火で魚を焼いている煙が上っていた・・
長靴をはいて割烹着を着た奥さんのお顔をふっと思い出していた・・

昭和通りには藤村女子高校があって体操の盛んな学校でした。
地元の中学校の運動会では招待された藤村女子高校の見事な集団のダンス競技を
見るのが恒例になっていました・・

話は横道にそれてしまいましたがこの「辛子入りこうじ味噌」がナスの油味噌に
とてもよく合いました。
厳しい夏の暑さに負けないように元気に過ごしたいものですね。
[PR]

by ikako-27 | 2011-07-14 16:17 | 手作りキッチン | Comments(8)
2011年 01月 17日

この日に思うこと・・

震災から16年・・
ブロブを書き始めてから4回目の阪神淡路大震災が起きた日を迎えました。
月日の経過とともにあの日の記憶は次第に薄れながらも形を変えて心の片隅に
決して忘れることのない記憶として生き続けています。
毎年、ブログに書き留めることで改めて自分の心と向き合い、あの日の事を思い返して
います。

あの日・・
家には夫がいたのです。
当たり前のことのようですがあの当時、夫は単身赴任中でした。
一年に一回、胃カメラを飲んでいる夫はあの日が神戸での胃カメラの検査予約日に
なっていました。
帰りを一日遅らせたそのおかげで?あの日、家族全員で大震災を体験することに
なったわけです。

「亭主元気で留守がいい」なんて言われることもある世間の?ご主人方ですが
やはりいざという時はさすが「一家の大黒柱」です。
頼りになります。
いつもは忘れている夫の存在の大きさを見直す日でもあります。(笑)

家族全員が同じ体験を共有している・・
楽しい思い出の共有ではないけれどそれは良かったことだと・・
思っているのです。

足の踏み場もなくなった我が家・・
ライフラインがすべて止まってしまった神戸・・
でも・・
幸いにも怪我をすることもなく、たくさんの方から善意という大きな贈り物を
いただいた出来事でもありました。
あの時思ったこと・・
「私も同じように困った人がいた時は温かい手を差し伸べることが出来る人間になろう・・」
その時思った心の底から湧き出たあの気持ちをもう一度思い返してみよう・・。
[PR]

by ikako-27 | 2011-01-17 17:18 | 暮らしのスクラップ
2010年 10月 19日

今年の渋皮煮

先日もブログに書きましたが今年は栗拾いに行けず・・(涙・・)
毎秋のお楽しみ、栗の渋皮煮です。

e0121128_9524046.jpg栗の渋皮煮を初めて知ったのは28年くらい前・・。
新聞の「ひととき」欄に掲載された記事を読んだ
読者からの電話が新聞社の学芸部に多数かかってきたそうです。
それに答える形で新聞の家庭欄に
「栗の渋皮煮」・・ひとときから
という記事がのったのです。

好奇心の強い私は記事を頼りにさっそく初挑戦・・!



今でも思い出します・・
幼稚園の親子行事で住吉川で広げたお弁当。
その時、お母さんたちと食べた栗の渋皮煮。
初めて作ってみた栗の渋皮煮を得意げに持って行ったのでしょうね。(苦笑)
お母さん達の評判がすこぶる良く、おだてにのった私はそれ以来、栗の渋皮煮を作るのが
秋のお楽しみになったのでした。

古いお料理ノートに張られた新聞の切り抜きの片隅に
「皮をむくとき、右手の親指にばんそうこうを張っておいた方が良い」
・・なんて鉛筆のメモ書きが添えられていました。
最近は作り方のノートを開くこともなく適当な作り方になっていますが久しぶりに開いてみた
ノートの一言に思わず笑ってしまいました。
右手の親指がさぞ痛かったのでしょうね~(笑)

今年お店で買ってきて作った栗の渋皮煮は残念ながら出来栄えは良くありませんが
今年も栗の渋皮煮を作ろうという気力と元気が残っていることに感謝しましょう。
e0121128_1021231.jpg

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渋皮のあくを抜くために重曹を入れてゆがいたあとの真っ黒な汁で
スカーフを染めてみました。
きれいなピンク色に染まりました^^。
e0121128_1062612.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-10-19 10:10 | 手作りキッチン | Comments(19)
2010年 01月 17日

1997年1月17日5時46分52秒・・

あの忘れられない朝からもう15年の歳月が流れたのですね・・
あれからもいくつもの大きな地震が世界中で起こっています・・
つい先日もハイチで大きな地震が起き、今、この時も救助の手が差し伸べられるのを
待っているたくさんの人がいます・・
とても他人ごととは思えません・・
映像を通して地震で崩れ去った建物の残骸を目にするとやはりあの時の神戸の街を
思い出します・・

突き上げるような揺れのあと・・
観音開きの食器棚の扉から飛び出してきた食器類が床に落ちた時の「ガチャ~ン!!!
という音が今も頭の片隅に残っています・・

ピアノの足のキャスターは台から飛び出し1メートルほど滑走し・・
テレビは台から転げ落ち・・
前の晩、よりによってばかデカイお鍋で大量に作った煮込みうどんは鍋ごと床に
ダイビング!・・
キッチンの床ではうどんが泳ぎ・・
北陸の方からいただいて冷蔵庫に入れてあったたくさんの「イカの墨づくり」は
開いた扉から飛び出して・・
これも飛び出した冷蔵庫の引き出しにすっぽり飛び込んで引き出しは真っ黒い墨の海・・
笑い話のような本当の話です・・(笑)
次から次へと走馬灯のように思い出す出来事は当時も今も夢の中のことのようです・・

不自由なこともいっぱいあった震災後の生活でしたが、皆さんからいただいた温かい
親切とともに忘れることの出来ない人生のひとこまです。
この日はあの震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに健康で生活できることに
感謝する日でもあります。

e0121128_23131853.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-01-17 00:21 | 暮らしのスクラップ