タグ:山歩き ( 6 ) タグの人気記事


2009年 03月 05日

春を探しに・・♪

久しぶりの快晴でした。
茨木市車作に春の使者を探しに出かけました。
阪急茨木市駅からバスに揺られて30分ほどで終点の車作(くるまつくり)のバス停に
着きました。
バス停の周りには新しい家が立ち並び、工事中の建物があちこちに点在しています。
この下に出来る「安威川ダム」の建設によって水没する集落の移転の為の造成工事が
あちこちで進んでいるようです。

以前、このあたりはのどかな山間の田園地帯だったようですが同行の友人は
一年前に来た時とすっかり変わってしまっているとキツネにつままれたような顔を
していました。

うれしいことにわずかに残った畑の隅に春の使者「フキノトウ」が顔をのぞかせていました。
e0121128_2381929.jpg

同行の友人によると昨年の今頃はあたり一面、この写真のような畑があったということです。
車作という珍しい地名はその昔、この村で産出する良質のケヤキを使って御所車を作り、
献上したのが地名の由来だということです。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

フキノトウをだいじに抱え、車作大橋を目指し散策を続けたのですがどこでどう間違えたのか・・?
いくら歩いても車作大橋は現れず・・、
行く先々で出会うのは工事中の作業員かガードマン・・

地元の人間でない彼らに道を聞いてもますます迷路に入り込み・・
ついには大型ダンプが行き交う恐い道に・・

森林浴のはずが・・?
ダンプが舞い上げる粉塵のシャワーを全身に浴び・・
排気ガスを胸いっぱいに吸い込みながら・・

ようやくスタート地点の「車作」バス停にたどり着いたのでした。

バスを待っている間に小さな畑で草取りをしていたおばあさんに・・
「よかったら摘んでいいよ」と青梗菜の花をいただきました。
e0121128_0125158.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2009-03-05 23:43 | Comments(12)
2009年 01月 02日

初詣は保久良神社

初詣は“お参り”と蓄積された過剰なエネルギー“消費”を兼ねて保久良山の中腹にある
保久良神社まで歩くことにしました。
夫を誘いましたが家のすぐ近くの神社でいいと拒否されました。
新年早々から夫婦の足並みが微妙にずれ始めていますね~(苦笑)

最近歩いていませんがこの山くらいなら私でも十分歩けます。
160m程の小高い山です。こんな手頃な山ですが市街地は勿論、大阪湾も見えますよ~
e0121128_11532532.jpg

保久良神社には今も灯をともし続ける「灘の一つ火」と呼ばれる石灯篭があります。
e0121128_12373833.jpg

昔は沖を通る船の目印になって舟人たちの安全を守ったそうです。

家の近くの神社はいつも大行列ですが保久良神社は時計が新年の0:00を回った時と
山頂から初日の出を拝もうという人たちが登ってくる時間が一番込み合う時間だそうです。
私がお参りした頃は参拝者もちらほら・・
e0121128_11445566.jpg
ゆっくりお神酒も頂いてお参りさせていただきました。
引いたおみくじは「吉」、昨年三千院で引いたおみくじは「凶」でしたので運は上向きという
自己解釈をいたしました。(笑)

この山には梅林もあります。
e0121128_12422933.jpg
梅の蕾も少し膨らみ始め、寒い中にも春の訪れがそう遠くはないことを伝えてくれているようです。
[PR]

by ikako-27 | 2009-01-02 12:46 | 暮らしのスクラップ | Comments(4)
2008年 04月 10日

春の山菜・・コゴミ

e0121128_22393460.jpg

こんな山里を風を切りながらさっそうと・・・と言いたいところですが乗りにくい貸し自転車で
フーフー言いながらペダルをこいでいます。
「あ~明日は・・、いやこの歳では筋肉痛はあさって頃かな~?」
コゴミをさがして自転車を走らせています。e0121128_22513960.jpg

川に沿って走っていると川沿いの草むらの中から青々したコゴミが目に入ってきました。
ハウス栽培のような立派なコゴミではありませんが柔らかそうなおいしそうなコゴミです。
胡麻和えや天ぷらにするとおいしいですね。

*********************
コゴミを初めて食べたのは10年ぐらい前でしょうか?
夫の学生時代からの友人が兵庫県北部の
小さな田舎町に赴任し、山歩きが好きで山菜にも詳しいご夫婦は春になると山菜採りに
誘ってくださったり、春の香りを届けてくれたりしたのでした。

その頃、山菜の豊富な田舎町の人たちは
e0121128_23464365.jpgコゴミなどには見向きもせず手つかず状態の採り放題だったようです。
そんな時、友人夫妻は田舎町の人たちに
コゴミの食べ方を話したところ
町のイベントで売ろう」 ということになり
(この町では春に○○祭りという大きなイベントが開かれます)
イベント会場でヨモギ餅や地区の名産品と並んで天ぷらの試食付で山菜を売るようになりました。これが大人気となり山菜は飛ぶように売れたそうです。
ただし、とり放題だった山菜は
山菜を採らないでください!という立て看板のおまけがつくようになりました。
このご夫妻は今度は宮崎の片田舎に赴任し猪を追いかけ、田畑を耕し宮崎の香りを届けてくれています。
[PR]

by ikako-27 | 2008-04-10 00:13 | 暮らしのスクラップ | Comments(6)
2008年 03月 17日

早春の六甲高山植物園

六甲山頂付近にある「六甲高山植物園」は私のお気に入りの植物園の一つです。
ここは北海道の南部に相当する気候だそうで手軽にたくさんの高山植物に出会うことが出来ます。
普段は11月中旬から3月中旬までは休園中なのですがバイカオウレンの開花にあわせて
特別にスタッフの花のガイド付きの「一日開園」がありましたので渦が森から寒天山道を
歩き、山越えして行ってきました。
園内の一角にはまだ雪が残っているところもありますが暖かい日差しが差し込み
かわいらしい花がちらほらと顔を出し始め春の訪れを告げているようです。
青い空に向かって伸びた植物園の木々も枝先をうっすらピンク色に染め春色に変わって
います。↓
e0121128_2343587.jpg

落葉した樹林の下ではバイカオウレンが可憐なまっ白な花をつけ群落を作っています。
理科の授業のように虫眼鏡を借りて観察です。
白い花びらのように見えるのはガクで真ん中の5つの黄色い部分が花だそうです。
e0121128_23442092.jpg

e0121128_1250391.jpg

他にもザゼンソウ、マンサク、福寿草、ミスミソウ、ショウジョウバカマ、アマナ、セりバオウレンなどたくさんのお花に出会ってきました。小さなお花たちなので枯れ葉の中から顔を出しているのを見つけるのは楽しい宝探しのようです。

  ↓ザゼンソウ                      ↓フキノトウ   
e0121128_23502557.jpge0121128_2351254.jpg
















     ↓福寿草                        ↓ミスミソウe0121128_23575373.jpge0121128_23594514.jpg

















踏み歩くたびにバリバリと音がする歩道を見上げればそこにはヒマラヤスギの大木が・・・
歩道をびっしりと埋め尽くしているのはヒマラヤスギの実だったのです。↓
春の到来を満喫した一日でした。

e0121128_012254.jpge0121128_01357.jpg 
















園内でふるまわれたおいしい豚汁とお弁当のおにぎりがおいしかったです!
おにぎりは「梅干入り」「フキノトウ味噌入り」「高菜の油いため入り」の3個・・
中身がわかるようにおにぎりの頭に目印が付いてま~す。

e0121128_1453650.jpge0121128_14532149.jpg
[PR]

by ikako-27 | 2008-03-17 00:15 | 神戸とその近郊 | Comments(8)
2008年 02月 01日

久しぶりの山歩き

久しぶりの山歩きです。
中山寺~中山奥の院~清荒神(きよしこうじん)を歩いてきました。
刺すような冬の冷たい空気ですが
歩いているうちにからだの芯からポカポカとあったまってきます。
「寒い家の中で震えているより山歩きが一番だネ!」
「これがほんとの自家発電だネ!」
   
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
からだがあったまってお口もなめらかです。
e0121128_16544631.jpg

奥の院への山道にはたくさんのお地蔵さんが点在し、
どのお地蔵さんも毛糸で編んだ新しい帽子とケープを身に着けて
お正月用のおめかしです。
どなたが編んだのかケープは棒針の凝った模様編みです。

e0121128_16583491.jpg

→清荒神清澄寺です。
「火の神」 「台所の神」です。









e0121128_1743175.jpg

厄年に厄除を願って火箸を授かり家庭で祀り、厄年が明けたら
お礼に新しい火箸を添えて納めます。 →







柵の中に散らばっているお金を長い棒を使って手元に引き寄せ
お守りにいただいてきます。
次の年、お礼としていただいてきたお金を倍にして
お返しするそうです。
私は5円玉をいただいてきましたので来年、10円にして
お返ししま~す。 →

参道は露天やお土産やさんがず~っと続いています。
e0121128_17254149.jpg

竹細工のお店で前から欲しかった干し野菜用の大きなゝざるを手に入れました。
いっしょに山歩きした人たちも
「つられて買っちゃた!」
・・・というわけで、みんなで大きなざるをぶら下げての帰途となりました。
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-01 23:40 | 暮らしのスクラップ | Comments(0)
2007年 07月 06日

神戸市立森林植物園

神戸の花”といえば紫陽花です。
新神戸駅から布引の滝・市が原・トゥエンティークロスを通り、
見頃の“紫陽花”を求め森林植物園までハイキング。

梅雨時の蒸し暑さはどこへいったのか緑のシャワーと心地よい涼風を全身に受けながら
たどり着いた森林植物園のアジサイ園では5万株もあるという紫陽花が出迎えてくれました。
e0121128_23184480.jpg

この季節になると、ここ森林植物園の紫陽花に会いたくなるのです。
e0121128_23293020.jpg

長谷池にはたくさんのスイレンがきれいに咲いていました。
[PR]

by ikako-27 | 2007-07-06 23:28 | 神戸とその近郊 | Comments(0)