タグ:保存食 ( 42 ) タグの人気記事


2007年 10月 28日

ナスのオイル漬け

ず~っと気になっていた料理があるのです。
超人気のブログ“ばーさんがじーさんに作る食卓”の中で何回となく出てくる
“ナスのオイル漬け”です。

1cmほどに切ったナスを一晩、軽く塩漬けしたあと、ワインビネガーと水の中で
3分ほど茹でます。
ナスの水気を飛ばした後、
ニンニク・鷹のツメ・バジル等とともにオリーブオイルで漬け込んだ物です。
味は何となく想像がつきそうな・・・?つかないような・・・?
ず~っと気になっています。

もう今しかない!
遅ればせながら挑戦しました。
ナスはもうちょっと皮が硬くなっているかもしれないと思い皮を一部そぎました。
気になっていたお味は・・・?
1ヶ月ぐらいたったときが食べ頃とのことですが1つ、2つとついつい“つまみ食い”を
してしまいそうなお味です。
酸味がちょっと効いた“洋風のお漬物”といったところでしょうか?

「私、このお味大好きです」 
ワインのつまみにも合いそう~♪
食べ頃の1ヵ月後、“ナスのオイル漬け”はまだ残っているでしょうか・・・?
e0121128_951851.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2007-10-28 09:57 | 手作りキッチン | Comments(4)
2007年 10月 18日

うまみアップの“干しブナシメジ”

先日放送の“ためしてガッテン!”でブナシメジのうまみをアップさせる方法を紹介していました。
昔から“香りマツタケ、味シメジ”と言われていますがこのシメジとは“ホンシメジ“の事なんですね。
今ではめったにお目にかかることが出来ない“超高級品で”1k約3万円もするそうです。
“干す”又は“冷凍する”のがうまみアップのコツだそうですよ。

そう!“やって見ないと気がすまない”性格です。
やってみました! ブナシメジ(大)2パック分です。 ↓ 
e0121128_11285746.jpg

            2日干したらこんなになりました。 ↓
e0121128_11335324.jpg

この干しブナシメジでお吸い物を作ってみました。
うまみが出たおいしいお吸い物でしたよ。
マイタケも同じですが60℃~70℃がうまみを引き出すのに一番いい温度帯だそうです。
秋晴れの空の下でどうぞ・・ “ためしてガッテン!”♪
[PR]

by ikako-27 | 2007-10-18 11:42 | 手作りキッチン | Comments(2)
2007年 10月 03日

葉唐辛子の佃煮

葉唐辛子を頂きましたので佃煮を作りました。
e0121128_16295172.jpg

この葉唐辛子の佃煮を入れたおにぎりは私の好物の一つです。

おにぎりといえば今ではいつでも手軽に買えるコンビニの看板食品ですが
私の子供の頃はおにぎりといったら家で食べる物、お母さんの味でしたね。
中の具は“梅干”“おかか”“塩鮭”、そしてごくたまに“焼きたらこ”が入っていました。
味噌がぬってあるときもありました。

そんな“おにぎり”を初めてお店屋さんで食べたのは昭和40年代のことでした。
私の記憶が正しければそれは霞ヶ関にあった“白子のり”のお店だったような気がします。
そこで食べた“おにぎりセット”の中の一つに葉唐辛子のおにぎりが入っていたのです。
初めてお店屋さんで食べた“おにぎり”、
初めて食べた“葉唐辛子のおにぎり”・・・
「なんておいしいんだろう・・・!」
それ以来、“葉唐辛子のおにぎり”は私の好物の一つになったのです。
[PR]

by ikako-27 | 2007-10-03 20:44 | 手作りキッチン | Comments(6)
2007年 09月 09日

豆腐の味噌漬け

木綿豆腐があまった時、味噌漬けにすることがあります。
豆腐は少し水気を切ってください。
キッチンペーパーにお好みの味噌(酒とみりんを少し入れるといいでしょう)を薄くのばし、
その上にもう一枚のキッチンペーパーを重ねます。
ここに豆腐をのせ豆腐の各面に味噌が当たるように包みます。
最後にラップで包み、冷蔵庫へ。

次の日にペーパーをはずし適当に切って食べます。
e0121128_13203778.jpg

お酒のつまみにいいですよ。
ちょっとチーズのような風味、食感も感じられます。
次の日に食べ忘れ、その又、次の日に食べたことがあるのですがちょっとしょっぱくなっていました。
私の好みはやはり作った翌日の豆腐です。
[PR]

by ikako-27 | 2007-09-09 21:11 | 手作りキッチン | Comments(0)
2007年 08月 29日

レバーパテ

鶏のレバーは好物の一つです。鉄分豊富、ビタミンB1B2も含まれていて夏バテ解消にはもってこいのような食材ですね。
生姜とレバーの甘辛煮、レバニラ炒め、レバーの焼き鳥、etc・・・。

テレビのレバー料理特集で行列が出来るほど人気のお店e0121128_16435151.jpgのレバーパテの作り方を紹介していました。“企業秘密じゃないの”と半信半疑で挑戦!玉ねぎのみじん切りやセロリのみじん切りを炒め、レバー、赤ワインなどを加えフードプロセッサーで処理した後、容器に入れ20~30分蒸します。レバーの臭みもなくおいしいレバーパテが出来ました。
お店の方へ・・・
疑ってゴメンナサイ」m(__)m
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-29 16:49 | 手作りキッチン | Comments(0)
2007年 08月 22日

便利な塩豚

連日の酷暑で外出するにも決心がいります。
太陽がぎらぎら照りつける日中は出来ることなら
家の中に閉じこもっていたい!
こんな暑さの中、太陽の下で働いていらっしゃる方には申し訳ないですが・・

主婦のわがままです。
買い物は出来るだけ日没後・・・。
その日の晩御飯用の生鮮食品を購入、
それから次の日の昼間に煮炊きするための食材を購入。
翌日の昼間には昨日買っておいた食材で夕飯の煮炊き他、
8割がたの夕飯の準備を整えた後又、日没後に買い物・・・、
等という変則的な生活です。

冷蔵庫の中のお助け食材に日持ちがしてe0121128_1144356.jpg
結構おいしい“塩豚”があります。
脂身が多すぎず、きれいに均等に入ったばら肉の塊が売っていた時は
“塩豚”を作ります。
塩出しをしなければいけないようなしょっぱすぎる“塩豚”ではな
く500gの豚肉に大さじ1/2位の塩しか使いませんが充分日持ちしますし、
そのままスライスして焼いても又、野菜炒めにいれてもおいしいです。
豚肉の表裏に塩(おいしい塩がいいですね)をしてラップをきっちり巻いて
冷蔵庫に3日位置いた後、ラップをはずしキッチンペーパーで包み
ビニール袋にでも入れて1週間位熟成させて召し上がってください。
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-22 11:46 | 手作りキッチン | Comments(0)
2007年 08月 12日

新生姜の佃煮とはちみつ漬け

新生姜の出始めからだいぶ過ぎましたがまだ店頭に並んでいましたので
e0121128_1422621.jpg「佃煮」と「はちみつ漬け」を作りました。
新生姜の佃煮はいつもはたくさん作るのですが作ってからしばらくたつと
冷蔵庫の奥に追いやられてだんだんに忘れ去られてしまうので
保存食とはいっても“もう少し作って置けばよかったなぁ”と
思うくらいの量がいいなと思うようになりました。

新生姜を薄くスライスして熱湯でさっと湯がき、ざるにあげてから水気をしぼります。
佃煮は新生姜1kgに砂糖が200g・醤油が200ccです。
(今日は300gの生姜です)
水気をしぼった半分の量の生姜をからいりした後、調味料を入れ
水気がなくなるまで炒り煮して出来上がりです。
残りの半分は瓶に入れはちみつを注ぎいれました。e0121128_14316100.jpg
保存食を作ったり、ジャムを作ったりすることは好きなほうですし、
面倒とは思わないのですが三度三度の食事作りは
たまには勘弁してもらいたいと思うこともあります。
これは義務で作っている時と好きで楽しんで作っている時の
差でしょう。
“男の手料理”がたっぷりの時間と食材をそろえ
楽しんで作れるのは自分が作りたいと思った時に作るからでしょうね。
義務と思わず家族の喜ぶ顔を想像しながら楽しく食事作りが出来たらいいのですが・・・?
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-12 14:24 | 手作りキッチン | Comments(0)
2007年 08月 03日

ゴーヤの佃煮

子供が高校を卒業し、お弁当から解放されたときは“やれやれ!”と
喜んだものでしたが何の因果かこの年?になって、
また毎日2個のお弁当を作っています。
冷蔵庫に必ず作り置きしているお弁当用定番の保存食は
きんぴらごぼう”と“牛肉の佃煮”です。
お弁当箱に隙間ができた時の大事な助っ人です。
ひま元気食材がある時は保存食を作ることがよくあります。
冷蔵庫の中の保存食は気持ちをとても楽にしてくれます。
今日は“ゴーヤの佃煮”を作りました。

e0121128_15382447.jpgゴーヤは薄切りにし(あまり薄すぎないように)
さっとゆで水気を絞ります






e0121128_15521771.jpgしょう油・砂糖(黒砂糖もおいしい)・酢を少々・鷹のつめを
あわせた中に(結構甘め)入れ水気がなくなるまで煮ます。
完全に水分がなくなる一歩手前でかつお節を入れて下さい。
出来上がりにゴマをかけてもおいしいですよ。
ご飯によく合います。
[PR]

by ikako-27 | 2007-08-03 15:57 | 手作りキッチン | Comments(0)
2007年 07月 20日

青ジソのしょう油漬け

e0121128_12245719.jpg
青ジソの葉をたくさん頂いたので前から気になっていた
青ジソのしょう油漬け”を作ってみました。
調味料の分量とかはわかりませんので自己流です。
きれいに洗って水気をとり、しょう油、酒、鷹の爪、ごま油少々で
一晩漬け込みました。
ちなみにごま油を生のまま少したらす時には京都の山田製油の
ごま油を使います。
スーパーの安売りのごま油と比べるとちょっと高めですが
ごま油の香りがとてもいいのです。e0121128_1228440.jpg

e0121128_12252185.jpg←一晩置いた青ジソです。
おにぎりに巻いたり、ご飯を食べる時に味付け海苔のように巻いて食べてみました。
美味しかったです。  

                        → 山田製油のごま油
[PR]

by ikako-27 | 2007-07-20 13:04 | 手作りキッチン | Comments(0)
2007年 07月 17日

紫蘇ジュース

e0121128_10323489.jpg
“道の駅”で買った赤紫蘇で紫蘇ジュースを作りました。
レシピは紫蘇の袋にについていた作り方で。






e0121128_1032535.jpg
紫蘇の葉をきれいに洗い(100gになりました)
水800ccを沸騰させた鍋の中に入れ弱火にして10分位煮ます。
赤かった紫蘇の葉はエキスが出て黒ずんできます。






e0121128_1033145.jpg
紫蘇の葉を取り出し200gの砂糖(お好みで)を加え、
砂糖が溶けたらクエン酸10gを加え出来上がりです。
クエン酸を入れると感動的に鮮やかな色に変わります。




e0121128_10353836.jpg

  漉して冷蔵庫で保存してください。
  炭酸を入れたら“ファンタグレープ”みたいですね。
[PR]

by ikako-27 | 2007-07-17 10:37 | 手作りキッチン | Comments(0)