タグ:保存食 ( 42 ) タグの人気記事


2008年 10月 28日

初めて食べた

初体験です。
e0121128_23471670.jpg珍しいものを口にしました。
「これなんだと思う・・?当ててみて・・!」と友人。
味付けした煮物を一つ口に
しました。

「フキでもないし・・?、ズイキのようでもあり・・?芋の茎でもなし・・?」
「あ~、ちょっと近い!」

「レンコンの茎」だそうです。
わたし好みの味でした。
ズイキに近いかな・・?
レンコンは大好きですけど茎もおいしいのですね。
売っているのも見たことはないのですが産地では茎も束にして売っているのでしょうか?
レンコンと同じように茎にも穴があいているのですね~

レンコン、蓮根、ハスの根・・と連想しているうちに琵琶湖の烏丸半島の広大なハスの群生地が頭に浮かんできました。
あそこのハスの根(蓮根)も食べられるのかしら?でもそんな話は聞いたことがないし・・?
何だか蓮根で頭が混乱しています。

  ************************************************

根っこと言えば生姜も根っこです。(笑)
きれいな掘りたて生姜が売っていたので「生姜糖」を作りました。

①  薄切りにした生姜を水にさらしたあと、2回ほど茹でこぼし、辛みをとります。
   8割ほどのグラニュー糖と水を少々入れ火にかけます。

②  だんだん水気が煮詰まってきますのでドロッとした状態で火を止めます。
   (何だか漠然としてわかりにくいですね)

③④ 火を止めた後も箸で炒り続けます。
    初めのうちはドロッとして重たい感じですがいつの間にかサラッと軽くなってきます。

⑤⑥カラッとしてきたらざるにあけ、そのまま半日くらい乾かし保存します。
   お試しください。
e0121128_9453171.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2008-10-28 00:40 | 手作りキッチン | Comments(10)
2008年 09月 06日

ナスのオイル漬け

先日、道の駅でたくさんのナスを買いました。
大好物のナスの味噌炒めは毎日、おいしく頂きましたがもうひとつ、作りたいものが
あったのです。
昨年、人気ブログの「ばーさんがじーさんに作る食卓」で知って初めて作った
ナスのオイル漬け」です。
このオイル漬けは私のお気に入りになりました。
ブログではお料理に添えたり、パンにのせたり、パスタに使ったりといろいろ工夫して
らっしゃるのですが私はただパクパクとつまんでは口に運んでいます。
お酒のつまみにもいいですよ。
作り方はそちらのブログに詳しくのっています。
e0121128_23461990.jpg
ナスを1k漬けました。
e0121128_061711.jpg

たくさん買ってきた野菜もこれでほとんどが予定どおり、胃袋の中。。。
あとは、ナスとゴーヤを少しだけ干し野菜にしてみました。
e0121128_03175.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2008-09-06 00:07 | Comments(6)
2008年 07月 20日

真夏の太陽の下で・・

連日の厳しい暑さに私もベランダの植物もなんだかぐったりなのですが・・・
道端の雑草(雑草という名前の植物はない?)は灼熱の太陽の下でも元気いっぱい!
少々雨が降らなくても力強く生きていますね。

最近、このあたりの道端に旺盛に繁殖している植物です。↓
先日、六甲山のドライブウェイを走っている時にも目に付きました。
e0121128_15512416.jpg
e0121128_15514562.jpg

じゃがいもの花にも似ているような・・?
茄子の花にも似ているような・・?

梅干しを漬けた方は土用干しの時期でしょうか?
私は去年の梅干しがたくさん残っていたので今年は漬けませんでしたが梅干しの中の
赤紫蘇がたくさんあったのでゆかりを作ろうと天日干ししました。↓
e0121128_1681539.jpg
e0121128_16245966.jpg
たくさんのゆかりが出来ましたがあの赤い色はどこへ行ってしまったのでしょう・・?

数日、ブログを更新できません。。。
厳しい暑さですが皆様、お元気にお過ごしくださいね!
[PR]

by ikako-27 | 2008-07-20 16:32 | Comments(8)
2008年 06月 26日

きんぴらごぼうの天ぷら

冷蔵庫の中にはほぼ、いつもきんぴらごぼうが入っています。
e0121128_13441791.jpgお弁当のおかずにも便利ですし、食事のプラス一品にもお助け常備菜です。

2本入りのゴボウを買ってきたときは2本と
にんじん一本でかなりの量のきんぴらごぼうが
出来ます。
このきんぴらごぼうを使って天ぷらにすると
また別のおかずが出来て便利ですよ。
いつもの天ぷらより少し硬めの天ぷらの衣に
砂糖としょう油を少々加え、衣に味をつけてからきんぴらごぼうをかき揚げふうに揚げます。
天ぷらのかき揚げの時より衣をしっかりつけた方がおいしいです。
練り製品でごぼう入りの一口おつまみのような商品が売られていますがあんな感じです。
お弁当に入れてもいいしビールのつまみにも
いいですよ。

生のごぼうを使って作ったものもおいしいです。
ゴボウを適当な長さに切って太めのごぼうだったら6つ割にします。
同じような天ぷら衣にお好みで七味唐辛子を
加えて一本づつ油でゆっくり揚げます。
ビールのおつまみにいいですよ。
e0121128_13552062.jpg


ベランダのアジサイの葉っぱを右手でしっかり押さえながら小さな口をパクパク動かしているのはカナブンでしょうか?
アジサイの葉っぱでお腹をこわさないでね!
e0121128_23521350.jpg


先日の新聞で茨城県の飲食店で「鶏肉梅しそ和え」に添えられていたアジサイの葉を食べて
食中毒・・という記事がありましたね~
アジサイの葉っぱには「青酸配糖体」という有毒成分があるそうですよ。
人間は気を付けたほうがいいようですね。
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-26 00:10 | 手作りキッチン | Comments(8)
2008年 05月 16日

古漬け高菜の油いため

e0121128_1040047.jpgあめ色をした古漬け高菜の
油炒めも大好きです。

古漬け高菜を水につけて塩気を抜きます。
塩気が抜けたら固く絞って細かく刻みます。
この時、高菜の葉っぱを裂いておかないと長~い、長~い高菜が絡み合って、もつれた毛糸状態になりますからご用心!

細かく切った高菜を小さく切ったタカノツメと油で(ごま油もおいしいですよ)炒め、
しょう油か出し醤油を少し入れゴマをふりかけます。

私はこの「高菜の油炒め」
だけをおかずにしてご飯一杯(いっぱい?)食べられますよ(笑)

この「高菜の油炒め」を使って「高菜チャーハン」にしてもおいしいです。
豚肉を入れるといいですね。

*************


ベランダの隅に野菜カゴを置いて根菜類をいれています。
冬の間中、大好きな「ゆりね」をよく買いました。
その「ゆりね」が野菜カゴの隅ですっかり忘れられていました。
おがくずを入れたビニール袋に入れられたまま・・・
「これなんだっけ・・?」
ビニールを開けると中から根が伸び、芽が出たゆりねが置き去りにされていました。
日の当たらない暗いカゴの片隅で青白いゆりねが恨めしそうでした。
「忘れてゴメンネ!」
植木鉢に入れ土をかぶせるとみるみる顔色もよくなり元気そうになりました。
e0121128_0153142.jpg

何だか笑っているように見えます。♪
[PR]

by ikako-27 | 2008-05-16 00:25 | 手作りキッチン | Comments(8)
2008年 03月 23日

茎わかめの佃煮

いかなごが鮮魚売り場に並びだすのと時を同じくして「生の茎わかめ」が目に付くようになります。このシーズン、茎わかめの佃煮を鍋いっぱい作ります。
最初の頃、炊き上がった茎わかめが何となく塩味が勝っていると感じたことがありました。
そんな時、友人との会話の中で
「私が炊いたのもそうなんよ!それで水につけてから炊いてみたら今度は上手に炊けたよ!」と教えてもらいました。
・・・・・そうだったんです!海の中で暮らしていた茎わかめは海水の塩分を含んでいたんです。
それからは買ってきた茎わかめはしばらく水の中で塩出ししてから調理します。
さっと茹でた茎わかめといっしょに椎茸、シメジ、きくらげの細切り、お好みで実ザンショウを加え、しょう油、砂糖、酒、みりん、酢でしばらく炊きます。
ここで味見をして「何だかひと味足りないなぁ・・」と思ったとき・・・
とっておきの調味料を加えます。それは炊きあがったいかなごをざるにあげた後に残った炊き汁です。この汁は万能調味料になるんです。もったいないので捨てないでくださいね!
茎わかめの煮物はお弁当のおかずにもいいですよ。

e0121128_815463.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2008-03-23 00:10 | 手作りキッチン | Comments(4)
2008年 03月 11日

春の香り

友人から春の香りのおすそ分けをいただきました。
e0121128_14493463.jpg

氷上からやって来た春の使者・・フキノトウです。
一緒におともしてきた枯れ草までがなんだか愛おしいですね。

大好きなフキノトウ味噌を作ります。
海水程度の塩水を沸かした中でフキノトウをさっとゆでて2~3時間水にさらします。
さらしたフキノトウの水気を固く絞り、みじん切りにしてすり鉢ですります。
ここに味噌、みりん、砂糖を加え、酒で硬さを調節します。
これを鍋かフライパンに入れ弱火で少し炒り煮します。
ご飯においしいお味噌です。
フキノトウ10個ほどに味噌大さじ3、みりん大さじ2、砂糖大さじ1を加えました。
土産物屋のフキノトウ味噌はもっと味噌をたくさん入れるのでしょうね。
辛いのがお好きな方はタカノツメを入れてもおいしいですよ。
e0121128_15105780.jpg


これ便利です
[PR]

by ikako-27 | 2008-03-11 00:01 | 手作りキッチン | Comments(8)
2008年 03月 08日

いかなごのくぎ煮を作りました

いかなごを初炊きしました。
朝から「今日はいかなごを炊くぞ!」と気合を入れます。
いかなごの買出し、材料の準備、炊いてる間は火のそばから離れられない・・といろいろ拘束もあることですし、いかなごを炊く日は全身いかなごモードに切り替えです。
(そんな大げさな・・!笑)
以前は鮮度重視でいかなごの入荷を待ちながら魚屋さんの行列に並んだりもしましたが
さすがに最近はそこまでの元気はなくなっていますので電話で予約の出来る店で調達します。
買ってきたいかなごはさっと水洗いしざるにあげて水切り。(プロは洗うなといいますがやっぱり洗いたい)
その間に生姜を千切りにし、鍋に分量の調味料を用意します。
e0121128_8535433.jpg

水が切れたらさあ~!炊きます!
ガスを全開にし、調味料が沸騰した中にいかなごを少しずつ入れていきます。
アクがいっぱい出てきますのでアクを丁寧に取り除きます。
ガスはふきこぼれない程度に強火です。
e0121128_16555131.jpg

そのまましばらくはじ~っといかなごを見守ります。
手を出したい気持ちをじっと抑えて静かに見守ります。
(何かに似てますね~笑)
か弱いいかなごが崩れてしまいます。
電話も鳴らないようにと祈っています。
そろそろ鍋を上下にひっくり返そうか・・?
何回炊いても勇気がいります。
息を止めて「エィッ!」

何回かひっくり返した後、今度は火を止めるタイミングに悩みます。
e0121128_16581822.jpg

3kのいかなごを炊きました。
今年の目標・・・「15k」
頑張ります!
[PR]

by ikako-27 | 2008-03-08 00:16 | 手作りキッチン | Comments(14)
2007年 12月 17日

ポン酢に漬け込んだ“かつお節”と“昆布”

ポン酢に漬け込んだかつお節と昆布を引き上げておいしいポン酢が出来上がりました。
このポン酢に以前作った柚子こしょうを少し入れて湯豆腐を食べるのが
最近のささやかな幸せです。

ところがこのポン酢にはたくさんの副産物が出るのです。↓
e0121128_17182424.jpg

このたくさんの昆布とかつお節を捨てるに忍びなくどうしたものやら?
・・と悶々と悩んでおりました。(笑)
カボスの酢を吸ってすっぱい昆布とかつお節ですので・・・。

酢を加えて作る佃煮にしてみよう!
かつお節はフードプロセッサーで細かく砕き、昆布は細切り、
冷蔵庫にあった松の実を少しとゴマ、ちりめんじゃこを加え
砂糖と醤油とみりんで煮てみました。
錦松梅風のおいしい佃煮が出来ました。

e0121128_17332248.jpg

ご近所の皆様、半強制的に配給されるこの佃煮の消費に
どうぞご協力くださいね~
[PR]

by ikako-27 | 2007-12-17 06:09 | 手作りキッチン | Comments(6)
2007年 11月 27日

干し柿がいい感じ・・・!

e0121128_23315864.jpg 
  ベランダに出るたんびに

  “一もみ~二もみ~”  ごあいさつ!

  いい感じの柔らかさ~~になってきました。

  そろそろ食べ頃のようです~♪

  ラップに包んで冷凍室に入れると
 
  ず~っと柔らかいまま~とか?

  でもそんな心配は無用でしょう・・・!

  アッ!・・・という間に無くなりそう~

  でもこの山里風景・・・ 捨てがたいなぁ~

[PR]

by ikako-27 | 2007-11-27 00:19 | 手作りキッチン | Comments(6)