タグ:保存食 ( 42 ) タグの人気記事


2016年 01月 13日

これさえあれば・・♪

今日は一人晩御飯でした・・。。。
少しばかりの美味しいお酒と自分好みの肴を並べて食べる夕ご飯に
ささやかな幸せを感じるいつもの私なのですが・・?
今日は一回分の幸せを放棄してしまったような手抜き晩御飯でした。
冷蔵庫の保存食と「チ~ン」したご飯。
そしてこれがあったらおかずがなくてもご飯一杯食べられるという
最近お気に入りの「ひじきのふりかけ」

e0121128_22190729.jpg
たくさん作っては周りの方々におすそ分けしています。
評判がいいので(お世辞だったらごめんなさいね~ 笑)良かったら作ってみてください。

<ひじきのふりかけ>
材料
 ひじき ・・30g
 きくらげ・・15g(細切り)
 砂糖  ・・90g
 みりん ・・80cc
 醤油  ・・100~120cc

 かつお節・・30g(レンジに1分くらいかけて細かくする)
 ごま  ・・大さじ3

作り方
 ① ひじきときくらげは水で戻す
 ② かつお節とごま以外の材料を鍋に入れて煮る
 ③ 汁けがなくなってきたらかつお節、ごまを混ぜる

長ひじきではなく芽ひじきの方がいいと思います。
↑の分量で作るととんでもなくたくさん出来てしまいますので要注意です。




[PR]

by ikako-27 | 2016-01-13 22:21 | 手作りキッチン | Comments(10)
2014年 07月 06日

小鮎の山椒煮

6月頃になると魚屋さんで琵琶湖の小鮎を見かけます。
ちょっと苦味のある小鮎の山椒煮を作りました。
今年二回目です。

e0121128_1041344.jpg

プロが作った小鮎の佃煮はきれいでお行儀がいいのですが私が作る佃煮はお腹が割れて
そっくり返った姿になってしまいます・・。。。
多分、鮮度が影響しているのでしょう・・。。。
いかなごを炊くときは鮮度にこだわりますが琵琶湖の魚は鮮度のいいものを手に入れるのは
なかなか難しそうです。
まあ、姿は悪いのですが「美味しい!」と言ってくれるので良しとしましょう。
滋賀県漁連のレシピを参考にしました。

昨日はスモモのジャムも作りました。
綺麗な色のジャムです。
e0121128_1094312.jpg

最近はりんご入りのジャムが気に入っていて、冷蔵庫にはコロコロりんごのジャムの瓶が
出番を待ってスタンバイしています。
このジャムはヨーグルトに合いそうです。♪
[PR]

by ikako-27 | 2014-07-06 10:10 | 手作りキッチン | Comments(6)
2013年 01月 25日

瓶詰がいっぱい・・!

「・・しなければならない」仕事が重なって忙しい日が続きました。
肩こりとは無縁の私ですがさすがに・・
「肩凝った~!!!」
それも何とか今日中に終わる予定・・。。。\(^o^)/
来週はお楽しみの予定が入っています。

留守番の夫用におでんでも炊いておきましょうか・・?
冷蔵庫の中にはご飯のおかずにはなりそうもない瓶詰がいっぱいです。
一番たくさんの場所を占領しているのはもちろんジャムなんですけど・・(汗)
先日作ったピザ用ソースがジャム瓶数個。
煮豆をするときはちょっと多めに炊いて瓶に保存。
e0121128_1024381.jpg

昨晩は年末に作った黒豆の最後の瓶を開けました。
年末には大好きな花豆も多めに炊いて瓶数個に保存しました。

ジャムを炊いたときは熱湯で滅菌すれば常温保存も出来て完璧なのでしょうが
商売ではないのでそこまではしませんが出来上がったジャムを熱いうちに瓶に詰め
蓋をして冷めるまで逆さまにしておけば冷蔵庫の中で半年以上保存可能ということは実証済み。

甘く炊いたお豆もこうしておくと蓋つき容器で保存しておくよりずっと長く保存できるので
時間がかかる煮豆は少し多めに炊いて瓶で保存します。

こうして冷蔵庫の中は瓶が増殖していきます・・(苦笑)
[PR]

by ikako-27 | 2013-01-25 10:38 | 手作りキッチン | Comments(4)
2013年 01月 18日

大根の佃煮風の煮汁を使って・・

大根の佃煮風」のブログを書いた昨日の夜・・、
いつもブログを見て下さっている友人からメールが届きました。

「ブログを見てさっそく『大根の佃煮風』を作ってみました。
半分の量で作ってみましたが美味しかったので次回は大根1本で作ろうと思います。」
さっそく、作ってくださってありがとう^^。

前回、料理した時の煮汁がたくさん残っています。
頂いたレシピには・・
※ 煮汁は魚を煮るときに使うと美味しいです。・・と書いてありましたので使ってみました。

酢がかなり入っていますので「どんなかな~?」と思いながら・・
ブリ大根を炊いてみました。
汁のお味がかなり濃いのでお酒を少し加えました。
酢の味も気にならず、しっかりしたお味のブリ大根が炊きあがりました。
e0121128_22325723.jpg

今日、夫はレシピを下さったおばあちゃんにお会いしました。
二人の会話をそれとなく聞いてみると・・
やっぱり・・!私の想像通りの会話があったようですよ^^。(笑)
もちろん、今日のお弁当には「大根の佃煮風」を入れました。
[PR]

by ikako-27 | 2013-01-18 23:29 | 手作りキッチン | Comments(2)
2013年 01月 17日

大根の佃煮風・・

今日はいいお天気です。
昨日まで白く残っていた六甲山の雪も今日はほとんど消えています。

お会いしたことはないのですが夫を通じてレシピ付きのお料理を下さるおばあちゃんがいらっしゃいます。
お料理がお好きなのでしょうね~
先日下さったのは「大根の佃煮風」と書かれたレシピとお味見用のお料理のパック。

大根のぱりぱりした食感が残り、生姜がいっぱい入った、甘さより醤油のお味が勝った佃煮ふう・・
レシピでは大根2本分の作り方でしたが大根2本はとても消費出来そうになかったので1本で挑戦。
一度にたくさん食べるお料理ではないので食べきれるかな・・?と思いましたが
お弁当のおかずに入れたり、箸休めにつまんだりしているうちにみるみる減って行きました。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪ 大根の佃煮風の作り方≫

材料

大根・・1kg
土生姜・・70gくらい
梅干・・1~2コ
砂糖・・200g
醤油・・1C
酢・・1/2C

作り方

① 大根は4つ切りにし、2~3㎜の薄切りにし、塩を適当にふる。
② 鍋に醤油、砂糖、酢、千切りにした土生姜、梅干しを入れ、煮立たせる。
③ 軽く塩をした大根の水気を絞り、②の鍋に入れ、3~5分煮る。
④ ザルに移し、煮汁と大根に分け、煮汁を半分くらいに煮詰める。(私は2/3くらいに煮詰めました)
⑤ ④の中に④の大根を入れ、火を止める。
⑥ 1時間ほどそのまま置き、煮汁と大根を分けて冷蔵庫へ。

e0121128_10473665.jpg

お口に合うかどうかわかりませんのでお安い大根が手に入った時に、
はじめは半分の量で作ってみてはいかがでしょう・・?

今度、おばあちゃんにお会いした時・・
「この間の大根の佃煮、美味しいねぇ~!今日もお弁当に入ってました^^」
・・という夫とおばあちゃんとの会話が目に浮かびます。(笑)

※ 煮汁は魚を煮るときに使うと美味しいです。
・・と書いてありましたので使ってみたいと思います。
[PR]

by ikako-27 | 2013-01-17 10:57 | 手作りキッチン | Comments(4)
2012年 08月 11日

いわしの紅梅煮のその後・・

8/3 のブログに書いた「いわしの紅梅煮」のその後・・です。

いわしは程よい大きさの真いわし・・
程よい大きさとは10㌢くらいのいわしが良かったようです。
これを干すと5~6㎝の大きさになるようです。

私が使ったいわしは少々大きめだったようで干し上がるまで1週間もかかってしまいました。
それでもまだ「カラカラ」までは行きませんでしたがこのへんで妥協して取り込むことにしました。

e0121128_2335117.jpg


お味のほどは・・?
なにぶんにも食べたことがない・・
見たこともない・・

そんな「いわしの紅梅煮」ですので出来栄えのほどは・・
それぞれの個人的な嗜好によるものが大きいかと・・?

干したいわしは固いので小さく裂きながら食べました。
これは分類すると「酒の肴」ですね。

ご飯と一緒に食べるならお茶漬けでしょうか?
冷蔵庫で一ヶ月くらい保存できるそうですのでチビリチビリと楽しむことにいたしましょう。♪

今夜は「いわしの紅梅煮」をちびりちびりと裂きながら・・
冷たいビールをちびりちびり?と飲みながら・・
バレーボールの韓国戦を観戦しておりました。
迫田選手ののスパイクがよく決まっていましたね。
ロサンゼルス以来、28年ぶりのメダル、おめでとうございます^^。
[PR]

by ikako-27 | 2012-08-11 23:49 | 手作りキッチン
2012年 08月 03日

いわしの紅梅煮

暑いです!
出来ることならどこにも行きたくない暑さです。
でも外の暑さに負けないくらい我家のキッチンは暑いです!

私の持っている保存食の本・・
その中に、一度挑戦してみたいと思っていた料理があります。
「いわしの紅梅煮」です。
でも最近、手頃ないわしに出会うことが少なくなり、忘れかけていたのですが・・
きれいないわしに出会い、私の物好き心が反応してしまいました。(苦笑)
2パック(1kg)買ってきました。

めちゃくちゃ手間暇のかかる料理ですのでもっとたくさん作ったらいいのですが
食べたこともない、作ったこともない料理ですので今回はこのくらいにして・・
美味しかったら次回はたっぷりのいわしで・・♪

焦げ付かないように竹の皮を敷いた鍋にいわしを並べ、その上に梅酢に漬けた赤じそをかぶせ、
梅干しをちぎってのせしょうがの薄切りを置く。
たくさんのいわしならこれを繰り返して、酒と醤油をひたひたに入れて落としぶたをしてコトコトコトコト・・
コンロのあいている時を見計らってコトコトコトコト・・
e0121128_1030533.jpg

「また何やらやっているな・・?」と臭いをかぎつけた夫が覗きに来ます。
「あっ、これ私のお遊びだから・・。期待しないでね!失敗だったらゴメン!」
家計簿に付けると、このいわしは「食費」ではなく「娯楽費」かもしれません・・(笑)

このいわしをざるに並べて干すこと3日から一週間ほど・・
からからになるまで干すそうです。
e0121128_1031233.jpg

ハエが来ないように扇風機カバーを買ってきました。
ざるにぴったりでした^^。

この暑いのに物好きな・・!という声が聞こえてきます。。。(苦笑)
[PR]

by ikako-27 | 2012-08-03 10:38 | 手作りキッチン
2012年 07月 05日

ラッキョウと梅干し

お店に色づいた梅干し用の梅が並んでいます。
今年はどうしようかな~?・・と心揺れているところに「グッドタイミング」で
「梅、貰ってくれない・・?」

15%の塩に5%の焼酎を加えて梅を漬け込みました。
2日ほどで梅酢が上がってきました。
e0121128_825675.jpg


好物の「梅干し入り大根の漬物」に重宝します。

6月にラッキョウを1㌔ほど漬けたのですが1㌔では心もとないので
あと1㌔ほど追加で漬けこみました。
e0121128_834983.jpg

今年は「さっと10秒ほど熱湯にくぐらせる・・」という方法で漬けてみました。
殺菌を兼ねたカリカリに漬かる方法だそうです。
きれいに掃除したラッキョウにたっぷりの塩をふって一晩おき、熱湯に10秒くぐらせ
ざるにあげ、うちわであおいで冷ました後、氷砂糖(400g)、タカノツメをのせ
酢をひたひたまで注ぐ。

2回目のラッキョウ漬けは黒砂糖で漬けました。
e0121128_843557.jpg

黒砂糖で漬けたラッキョウも美味しいですよ。
ラッキョウの漬かり具合を見ようと1つ、また1つ・・とお味見をしていると美味しく漬かる頃には
残り少なくなっているかも・・?(苦笑)
[PR]

by ikako-27 | 2012-07-05 08:10 | 手作りキッチン | Comments(0)
2011年 04月 15日

春の香り・・♪

「今年は残念ながらふきのとうに出会わなかったな~・・」
・・と思っていたら思いがけず、ふきのとうが届きました。
e0121128_1344147.jpg

兵庫県の北部からです。
山にはまだ、雪が残っているのだそうです。
雪をかき分けて顔を出すふきのとうは春の使者ですね。

早速、天ぷらにしていただきました。
ふきのとうの香りとほろ苦さがたまりません・・
写真を撮っている余裕はありませんでした・・(笑)
刻んだふきのとうを味噌汁にも少し・・。

残ったふきのとうはやっぱり“ふきのとうみそ”でしょう・・。

塩と重曹をほんの少し入れた熱湯でさっとゆでて水にさらしました。
しばらく水にさらしたふきのとうをかたく絞り細かく切ったあとすり鉢ですります。
そこに味噌、みりん、砂糖を加えてよく混ぜ合わせ酒で硬さを調節した後、
鍋に移して弱火で少し煮詰めます。
e0121128_13262472.jpg

ご飯がすすみます^^。
気を付けないと・・
[PR]

by ikako-27 | 2011-04-15 13:34 | 手作りキッチン | Comments(4)
2010年 05月 29日

作品作りが終って・・♪

どうなる事かと思っていた柿渋クラフト研究会の作品展です。
この10日間程・・、私にしては頑張りましたよ~!
(日頃の付けが回ってきたわけですのであまり偉そうなことは言えませんが・・ね)

今日は夕方、5時に作品の搬入、そして作品の展示がありました。
取りあえず?、同じ形、同じ大きさのデザイン違いのポシェットを6個並べてきました。(ホッ!)
お仲間の皆さんの大作を見るにつけ毎年、「来年こそは私も・・!!!」と決意を新たにするのですが・・
今年もやっぱりバッグ(だけ)になってしまいました・・。(苦笑)

それにしても皆さんの作品は大作揃いで見ごたえがあります。


e0121128_23443215.gif

作品展の作品作りをしながら気になっていたものがあります。
大好きな山椒の実が店頭に並び始めていたのです。
時期を逸して硬くなってしまった山椒の実にがっかりして以来、なるべく早い時期に炊きたいと
常々思っているのですがこの作業は少々時間をとられるので我慢ゞと目をつむっておりました・・

ようやく作品作りから解放された昨日、買ってきました・・山椒の実。
e0121128_23564470.jpg

この山椒を5山、枝取りして下準備完了。

早速、出来たてちりめん山椒をアツアツご飯にのせて・・
e0121128_064829.jpg

美味しいわ~♪
他に何にも要りません・・
これがあれば・・
[PR]

by ikako-27 | 2010-05-29 00:13 | 手作りキッチン | Comments(12)