青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 29日

手作りバッグ

秋晴れのいいお天気ですが空気がひんやりして一気に秋が深まって来た感じです。
久しぶりに手作りブログです。
頼まれ仕事はボチボチ続けておりましたが自由気ままなマイバッグ製作は久しぶりです。
オーガンジーを張り付けたイタリーの面白いキルト生地を衝動買いしましたので
ビーズの刺しゅうをプラスしてバッグを作ってみました。

e0121128_11492900.jpg
キルトを貼り付けた生地はかさばります。
1mほどでもたたむとちょっとしたクッションくらいのカサ・・
購入した生地をきれいに使い切ることは滅多にありませんのでこうして在庫が
溜まっていきます。
バッグを一つ作ってほんの少しだけカサが減ったかな~?
色違いの布も買いましたので二つ目のバッグを製作中です。

e0121128_11494447.jpg

もっとゝ、頑張って作らないと在庫は減りそうもありません・・(汗)

[PR]

by ikako-27 | 2014-10-29 12:00 | 手作り | Comments(4)
2014年 10月 25日

未だ見ぬ君・・

すぐに出会えると思っていました・・。。。
君の名は「三時草」
Taoさんのブログで「三時草」を知りました。

「阪急電車」を書いた「有川浩」さんの「植物図鑑」に出てくると知り
「植物図鑑」も読んでみました。
「植物図鑑」と聞き・・、
「えっ?有川浩さんて植物図鑑まで書いてるの?」と一瞬思いましたが
軽~い、恋愛小説です。(笑)

e0121128_11410711.png
ふとしたことで同じ屋根の下で奇妙な同居生活を始めたさやかとイツキ。
植物には興味もなかったさやかでしたがイツキに誘われ休日には近くの河川敷や土手、
空き地で植物を採集する楽しみを教えられます。
採集した植物は料理上手なイツキの手によってさまざまな料理に変身して
食卓に並びます。
野草や食べられる植物に大いに関心ありの私としてはイツキの解説に納得したり
感心したり・・。。。
久しぶりにあっという間に読み終えました。
その中に三時草が出てきます。

以来・・、三時草に会いたいと思いながら街中を歩くのですが未だ会えず・・なのです。
アスファルトの隙間や、縁石のちょっとした土の部分などに生えていたりするそうです。
爆蘭(ハゼラン)とか花火草(はなびぐさ)とも言われるようですが三時草という名は
夕方、三時頃から花が開くのでそう呼ばれるようです。

e0121128_11412412.jpg
可愛らしい花ですね。(写真はネットからお借りしました)
夏から秋にかけて咲くと書いてありますのであなたに会えるのは来年までお預けでしょうか?

 


[PR]

by ikako-27 | 2014-10-25 11:47 | 暮らしのスクラップ | Comments(8)
2014年 10月 22日

秋刀魚づくし・・

北海道から新鮮な秋刀魚が〝ど~ん!”と届きました。

喜んでいただけそうなお方・・
困りそうなお方・・
加工した秋刀魚の方が喜びそうなお方・・
ご近所さんのお顔を思い浮かべます。

たくさんの秋刀魚を眺めながら私の頭は秋刀魚でいっぱい!
あれして・・
これして・・
あれもしてみよう・・
これもしてみたい・・♪

たっぷり楽しませていただきました。

まずは何と言っても「焼き秋刀魚」でしょう。
カボスをたっぷり絞って、大根おろしとともに・・
脂がのって美味しかったです。

刺身も作りました。
お店のようなきれいな刺身ではありませんが何とか・・。。。
〆秋刀魚も作りました。
私は生の秋刀魚より〆たものの方が好きです。

たくさんある時でないと出来ない「秋刀魚の佃煮」
AKKOさんのレシピで初めての「秋刀魚の佃煮」でした。
お醤油の分量が少ないような気がしたのですが程よい醤油のお味で
骨まで食べられる「秋刀魚の佃煮」はこれからの定番になりそうです。


e0121128_10274851.jpg

これも初めて・・。
「秋刀魚の炊き込みご飯」
要領は「鯛めし」と同じですが生姜を加えて炊きました。
骨を取るのが少々面倒ではありますが美味しいですね~♪
ご飯に海苔をのせ、ミョウガの千切りと大葉の千切りをのせました。
色々、楽しませていただきました。


e0121128_10275501.jpg

お礼のお電話をしましたら・・
「誰にでもは送れないのよ~、楽しんでいただけて良かったわ~」



[PR]

by ikako-27 | 2014-10-22 10:33 | 手作りキッチン | Comments(8)
2014年 10月 19日

おうちギャラリー蓬さん

ノアさんの車に乗せていただいて「おうちギャラリー蓬さん」にお邪魔してきました。
待ち合わせの駅からいつも連れてってくださるのははJAの「六甲のめぐみ」です。
家の近所に野菜の直売所がないのでここに行くと興奮します。
「あれも欲しい!」「これも欲しい!」「えっ?安い~!」
でも電車に乗って帰ることを考えるとあれもこれも・・というわけにはいきません。
厳選して?買って来たのは・・
いちじく、赤目芋、オクラ、トマト、菊菜、シロナでした。

蓬さん宅では簡単な持ち寄りのお料理でお昼を頂きました。
普通のお惣菜ですが盛り付けやテーブルのセッティングで変身するのですね~

e0121128_11412989.jpg
e0121128_11410583.jpg

今日はどなたがお見えになるのかしら・・?
以前、お会いしたことがある方だったり・・
初めてお会いする方だったり・・

この日、初めてお会いした方とは「大分」で話が弾みました。
話の端々から「大分」を連想しました。
「どちらのご出身ですか~?」・・私
「大分です」
「家の夫も大分です~」   ・・私
「大分のどちらですか~?」
「竹田の一つ隣駅の緒方です・・」・・私
(緒方は片田舎の駅ですが竹田は滝廉太郎が荒城の月を作曲したと言われている岡城で有名なのです)
「まぁ~。竹田は父の出身地なんです~」

それからは大分の話題で話が弾みました。
極め付きは「小アジのお寿司
ご実家のお母様のお味なのだそうです。
「大葉をのせて・・」・・私
「もちろん!!!」
「カボスを絞って・・」・・私
「もちろん!!!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・
「食べたいわ~!!!」

何とも不思議なご縁でした。

[PR]

by ikako-27 | 2014-10-19 11:45 | 暮らしのスクラップ | Comments(4)
2014年 10月 16日

小アジのお寿司

この季節のわが家の定番・・「小アジのお寿司」
カボスを「ジュッ!」とかけていただきます。

小アジを求めて先日、六甲アイランドに行ってきました。
この日の釣果は15~16㎝の小アジが10匹。
10匹の料理は楽ちんです。
三枚におろして片身が20枚。
お寿司が20個出来ます。
二人で食べるには十分です。

e0121128_22210468.jpg
・・というのは負け惜しみ。(苦笑)
もう少し、釣りたかったなぁ~


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


小アジが手に入らなかったときに秋刀魚でお寿司を作ってみました。
刺身用の秋刀魚をお店で三枚に下ろして貰いました。
さすが魚屋さん!下ろしてもらったのはきれいです!
塩を振って一時間。
そのあと洗って、水けをふき、酢で〆ること30分。
酢飯にミョウガ、大葉、酢生姜のみじん切りとゴマを混ぜ合わせました。

e0121128_22211300.jpg
秋刀魚のお寿司も美味しいですがきれいに切るのが難しいですね。


[PR]

by ikako-27 | 2014-10-16 22:44 | 手作りキッチン | Comments(4)
2014年 10月 13日

曳山とからくりの大津祭

昨日(10月12日)は滋賀県の大津祭の本祭でした。
JASS(日本セカンドライフ協会)の大津祭を楽しむイベントを前々から申し込んで
いたのですが二週続けての日本列島への台風襲来で関係者の方々はお祭りの開催に
気を揉まれたことでしょう。
お陰さまで雨に降られることもなく初めての大津祭を楽しんで来ました。
ただいま台風19号が日本列島を縦断中。
神戸も今、暴風雨圏です。
大きな被害が無いようにと願っています。

大津の町中を歩いたのは初めてでしたが戦前の古い町並みがあちこちに残り、
昔の面影を残しています。

e0121128_21303499.jpg
e0121128_21304727.jpg
長柄衆(ながえしゅう)と呼ばれる大津祭に詳しいボランティアガイドが一日、
大津の歴史や町の案内、祭りのガイドをして下さったお蔭でより深くお祭りを
楽しむことが出来ました。

江戸時代初期から400年の歴史があるという大津祭は13基の「曳山」が
コンチキチンのお囃子とともに市内を巡行します。


e0121128_21310240.jpg
e0121128_21311331.jpg
e0121128_21312386.jpg
一番のお楽しみはからくりです。
技術的には高度なからくりではありませんがそれぞれに楽しいからくりをのせた曳山は、
巡行中、各場所ゝで立ち止まり、笑いあり、巧妙な所作ありのからくりを演じます。
子供たちのコンチキチンのお囃子とともに観客は盛り上がります。
楽しいお祭りでした。
観客を飽きさせないお祭りです。
曳山が夜空に提灯に照らし出される宵宮も幻想的でしょうね~
秋のこの時期は暑くもなく寒くもなく良い季節です。
祇園祭は暑すぎますよね~(苦笑)
年寄りには厳しい季節のお祭りです。(笑)


[PR]

by ikako-27 | 2014-10-13 21:46 | 小さな旅 | Comments(6)
2014年 10月 09日

ビーズの容器

以前にブログでつぶやいたことがあります・・。。。
「手を滑らせて持っていたビーズの容器を落としてしまい中のビーズが
ごちゃ混ぜになってしまいました~(涙)」   その時のブログ・・

そんな涙のブログを読んで「100均にいいビーズ入れがありますよ~♪」と
ビーズの容器を届けて下さいました。
e0121128_15193729.jpg

一つゝ、それぞれに蓋が付いていますので落としても大丈夫!
早速、手持ちのビーズを入れて、愛用させていただいています。
ビーズを刺して出来上がったのはポーチ。
地味なのでファスナーにピンクのタッセルを付けてみました。
内布はポーチをのせている布を使いました。

e0121128_15194666.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2014-10-09 09:57 | 手作り | Comments(6)
2014年 10月 06日

「もってのほか」

台風18号は早朝、足早に兵庫県を通り過ぎて行きました。
雨はあまり降りませんでしたが風がかなり強く吹き荒れました。
朝、届け物をするため強風の中、車を走らせていましたら車の屋根に「ドンッ!」と
何かがぶつかる大きな音・・。。。
「屋根が凹んだのでは・・?」と思うような大きな音でした。
フロントガラスの溝に転がってきたのは「フウ」の枝でした。

e0121128_10182817.jpg

神戸は台風一過の青空(時々曇り)です。
この先、大きな被害が無いことを祈ってます。

...............................................................................................

先日は珍しい頂き物をしました。
「もってのほか」と呼ばれる食用菊です。

e0121128_10184422.jpg

山形県が生産量日本一なのだそうですが、苗を頂いて神戸で栽培しているそうです。
「もってのほか」とは変わった名前です。
正式には「延命楽」と呼ばれる品種だそうですが県内では「もってのほか」という愛称で
知られているそうです。
名前の由来は、「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」とか、
「もってのほかおいしい」といったことから転化したらしいです。

がくを取り、酢を入れた熱湯でさっと茹で、すぐに冷水で冷やします。
色が落ちないように酢を入れるそうです。
酢の物にしていただきました。
しゃきしゃきした食感とほのかな甘みがあり、とても美味しい「もってのほか」でした。

e0121128_10271230.jpg

冷蔵庫にあったえのきだけとも合わせてみましたがえのきだけの歯ごたえに負けてしまい
「もってのほか」のお味が消えてしまいました。
ちらし寿司の上にのせてもきれいかもしれませんね。
[PR]

by ikako-27 | 2014-10-06 10:29 | 手作りキッチン | Comments(4)
2014年 10月 03日

小樽へ・・

札幌での二日目・・
夜は友人たちとの会食の予定でしたのでなるべく近場へ・・ということで
小樽へ行くことになりました。
JR小樽駅からまずは20分ほどバスに乗って祝津(しゅくつ)の鰊御殿へ・・(上の写真はネットから借用)
北海道西海岸一帯に押し寄せたニシンは「一網千両、万両」と言われ莫大な利益を
もたらしたそうです。
そんな鰊漁で巨万の富を築いた親方がたくさんいたそうですがこの建物も
そんな鰊親方の一人が建てたものの一つです。
e0121128_14584928.jpg
ニシン漁やニシン加工に使われた道具や鰊番屋で生活していた人々の生活用具などが
展示されています。
e0121128_16190285.jpg

鰊御殿見学の後は小樽定番のコースです。
まずはありきたりの小樽運河の写真です。(笑)
e0121128_14590943.jpg
小樽の街には明治、大正、昭和初期の歴史的建造物がたくさん残っていました。
ゆっくりとそんな建造物を見て歩くのも楽しいかもしれませんね。
今回はざっくりと・・です。
e0121128_22353368.jpg
e0121128_15355157.jpg
お土産屋さんとかはほとんど見ていません・・。。。
小樽での一番の目的は美味しいお寿司を食べることです。
ただね~、お寿司屋さんがめちゃくちゃ多いのです。
「寿司屋通り」、などもありお寿司屋さんだらけです。
特に下調べをしてなかったのでどこのお寿司屋さんに入ろうか迷いました。
寿司屋通りを行ったり来たり・・
店構えがあまりに立派なところはパス・・
メニューが色々あり過ぎるところもパス・・
見るからに流行っていないような店もパス・・
悩む~
結局、何となく〝感”で「ここにしよう!」と決めてガラガラと・・
満席でした。
15分位待てば・・とのことで予約をしてそこらを一回り。

お任せをお願いしました。
幸せな時間でした・・。。。♪
美味しかった~!
感だけで選んだお店でしたが大当たりでした。
ご主人も感じがよかったです。
満足!満足!
そのお店は・・「八田寿司」です。

夜の友人たちとの会食はJRタワーホテル日航札幌35Fの「SKY J
このレストランは札幌の夜景がとてもきれいで雰囲気がよく、お料理も美味しかったです。
今回の旅行では食べ物の写真を撮りませんでしたので残念ながら美味しい写真はありません。(((
[PR]

by ikako-27 | 2014-10-03 16:20 | 小さな旅 | Comments(6)
2014年 10月 01日

札幌へ・・

所用で札幌へ行ってきました。
観光旅行ではなかったのですが空いた時間を使って近場を歩き回ってきました。
よく歩き・・、よく食べ・・、楽しく過ごした三日間でしたが帰宅してみると
どっと疲れが出て来ました。
日常生活では忙しく、どんなにくたびれた日ても一晩眠れば疲れも取れ、
すっきりと朝を迎えられるのですが歳でしょうか~???
回復に時間がかかるようになって来たようです。(涙)
今日は疲労感が残り、朝からグダグダ・・、ダラダラ・・と生活しています。(苦笑)

千歳空港に到着後、ホテルに荷物を預け、歩き回った札幌での一日目です。
宿泊した札幌パークホテルの窓からは中島公園の豊かな緑が眼下に見えました。
(このホテル、とてもいい印象です。北海道の食材を使った朝食のバイキングも、
種類豊富で美味しかったです)
まだ、紅葉には早い札幌の街ですが街路樹のナナカマドが赤い可愛い実をつけています。

e0121128_17171363.jpg

札幌駅北側の北海道大学に向かって歩き出しました。
途中、イチョウ並木がきれいなさっぽろ赤レンガカフェの前を通り、

e0121128_16325104.jpg

北海道庁旧本庁舎に寄りました。
e0121128_16332890.jpg

北海道の歴史をはじめ、樺太関係の資料館、北方領土に関する部屋など
北海道の生い立ちや歴史を見ることが出来ます。
明治時代の立派な美しい洋風建築物です。
お庭もきれいです。
ハマナスの花が咲いていました。

e0121128_16380486.jpg

北大キャンパスに向かって歩きます。
札幌駅のすぐ北側にある広大なキャンパスは自然がいっぱいです。
e0121128_16391275.jpg

札幌農学校時代の面影を残す古い建物や当時を忍ばせるような風景に出会えます。
クラーク像「Boys be Ambitious(青年よ大志を抱け)」に出合い・・、

e0121128_16412665.jpg
木造の白壁と青い屋根の古河記念講堂を右手に眺め・・、
e0121128_16415806.jpg

北大総合博物館でわかりやすく解説している?という学術資料を見ました。
e0121128_16450090.jpg
内部は三階までの吹き抜けになった「アインシュタイン・ドーム」と呼ばれる
真っ白いドームがあります。
e0121128_17020234.jpg
4つの壁面には「ぶどうと桃などの果物」(東)、「ひまわり」(南)、「コウモリ」(西)、「ミミズク」(北)の
レリーフがあり、それぞれ、朝・昼・夕・夜を意味するフランス語が記され、
昼夜を分かたず研究に勤しんで貰いたいという当時の教授の理想を表しているそうです。
北大の歴史や学術資料に興味がある人には面白い博物館でしょう。

名所の一つのポプラ並木は台風の影響や寿命でだいぶ減っているようですが
再生中だそうです。
e0121128_16462234.jpg
イチョウ並木も北大の風物詩として有名です。
e0121128_16470795.jpg
葉はまだ緑色でしたが黄色く色づいたら見事でしょうね。
銀杏がびっしりとぶら下がっていました。

e0121128_16473929.jpg
こんな環境の良いところで学生生活を送ることが出来るのは幸せですね。
学内を自転車で移動している学生さんが目に付きました。
広いので教室を移動するのに自転車を使うのでしょうか?

夜は宴会がありました。
二日目に行った小樽の様子はまた・・
 
[PR]

by ikako-27 | 2014-10-01 21:00 | 小さな旅 | Comments(8)