青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 27日

最近の頼まれ仕事

ご近所のお店からの頼まれ仕事がたまにあります。
オーナーがミシン刺しゅうした布を使った、可愛いオシャレなバッグだったり、
オーナーの奥さまの遊び心いっぱいの楽しいオリジナルバッグだったり・・。
素敵なアイディアをバッグの形にする私は「ややこしそう~(汗)」と思うこともあったり、
舶来の高級生地にハサミを入れるたびに心臓がドッキン!ドッキン!としながらも
一方で出来上がりをワクワク、楽しみにしながらミシンを踏む私がいます。
同じものが二つとない一点ものということも飽きっぽい私が何とかお仕事を続けられた
理由の一つかもしれません。
お客様の個人的な注文品以外はブログでご紹介する許可を頂きましたので最近作った
トートバッグを見て下さい。

e0121128_14325103.jpg

私には持って歩けない可愛らしいバッグですがポップで楽しいバッグです。
布の組み合わせ方もとてもお勉強になります。
留守にしますのでコメント欄を閉じさせていただきます。

[PR]

by ikako-27 | 2014-09-27 21:54 | 手作り
2014年 09月 24日

日頃の付けが回って・・

今週末にお泊りのお客さまがあります。
日頃の行き届かないお掃除の付けが目に付きます・・(汗)
少し前から、いつものお掃除に+α、10分から15分いつも手を付けないところを
少し念入りに掃除しています。
お風呂の床だったり・・、洗面所の鏡だったり・・、洗面所の引き出しの中も一日一個、
整理しました。
お客さまが引き出しを開けることはないでしょうけど・・(笑)
食器棚の中も・・
キッチンの引き出しも・・
一日一か所、10分で出来ることって結構ありますね。
一つ始めると、ついつい気になってここもあそこも・・と時間延長になってしまう日も
ありますが・・(苦笑)
いつもいつもこんなふうにお掃除をしていたらいつもきれいな家に住めるのでしょうが・・?
でも最初の頃片づけたところがもうそろそろ汚くなり始めています。(涙)
これって・・???
家をきれいに維持するのは私にはかなり苦手な分野のようです。
家が汚くなった時は来客の力を借りるのが一番・・と夫は思っているかもしれませんね。(笑)

お食事はどうしましょう・・?
取りあえず、乾燥ゼンマイを戻しました。
今では国産ゼンマイは高級品になってしまいましたが高知出身の友人のおかげで毎年、
田舎で採れた貴重なゼンマイをいただきます。
戻し方を調べてみると2回茹でこぼすとかさまざまですが私はずっとこの戻し方で
上手に戻っています。

乾燥ゼンマイを洗った後、大きめの鍋で水から茹で始めます。
火は中火以下の弱火です。
沸騰するまで時間がかかりますが沸騰したら1分程で火を切り、茹で汁が冷めるまで
そのまま置いておきます。
水が茶色くなっていますのできれいな水に変えながら一晩置きますとふっくらゼンマイの
出来上がりです。


e0121128_10274981.jpg


[PR]

by ikako-27 | 2014-09-24 10:30 | 暮らしのスクラップ
2014年 09月 21日

最近のお気に入り料理

食欲の秋・・美味しいものに目が行きます。
お気に入りのブログに訪問すると美味しそうな物、気になるものがいっぱいです。
最近訪問させていただくようになったeveさんのブログも訪問するたびに
作ってみたいお料理満載!
たくさんあり過ぎて実践が追いつきません・・。。。
もっと早くお知り合いになりたかったな〜^^。

一番最近実践したのは・・
「ポルトガル風酢だこ」です。
美味しそうだったし、材料がすべて冷蔵庫にあったので即、実践しました。

e0121128_12015290.jpg

これは「お気に入り」に追加です。
お客さま用の小皿の一品にもいいですね。
(たこ150g、トマト1/2ヶ、パセリ、玉ねぎ1/4ヶ、塩、こしょう、酢50cc、オリーブオイル大さじ1・1/2、 砂糖(隠し味程度)
トマト・パセリ・玉ねぎはみじん切りです。

それから常備されているという麺つゆを使って、おうどんも作ってみました。

e0121128_12413695.jpg
わが家のお昼は麺類が多いので便利です。
この麺つゆにお出汁を加え、砂糖少々、そしてお酢を少し加えるのです。
このお酢がいい仕事をするのでしょうか?
おうどん屋さんのうどんのような汁になりました。
血圧の為には汁はあまり飲まない方がいいのでしょうがつい飲みたくなって
しまうお汁です。

ところで・・、
先日、釣ってきたイワシで作ったオイルサーディンですが・・
程よく塩味が残った美味しいオイルサーディンになりました。
このオイルサーディンの上にみじん切りしたニンニク少々をのせ、
その上にやはり小さく切ったトマト、その上にケチャップ、その上にパン粉
・・とのせ、オーブントースターで焼き色をつけます。
パン粉に程よい焦げ目が付いたらパセリのみじん切りを振りかけレモンを添えてどうぞ・・
美味しいです。

e0121128_12020013.jpg

丁度、「明宝のトマトケチャップ」があったのでこれを使いましたが
美味しいトマトケチャップを使うと美味しさもアップしますね。♪

[PR]

by ikako-27 | 2014-09-21 12:08 | 手作りキッチン
2014年 09月 19日

釣りの季節到来

秋風が吹き始めるとわが家では釣りの季節です。
例年に比べると今年は秋風が吹き始めるのが早いですね。
そろそろ小アジが釣れるかな~?と夕方から出かけてきました。

六甲アイランドでのサビキ釣りです。
この辺りの海はあまりきれいではありませんが魚たちも同じところでじっとしている
わけではないし・・
明石の海で釣れる魚たちもこの辺りを泳ぎながら明石にたどり着いたのかもしれないし・・
なんて言い訳をしながらの釣りです。(笑)

いつもは小アジがほとんどなのですがこの日かかるのはカタクチイワシばかり・・
アジに比べ、引きが弱い。
針から外すと手には鱗がいっぱい付きます。
「またイワシか~!(涙)」なんて言ってはイワシには失礼ですが・・

この日の釣果はほとんどがイワシでした。
さてこのイワシ、どうしましょう?
思いつくイワシ料理は生姜煮、オイルサーディン、つみれ汁・・
フライにするには小さい・・。
イワシの南蛮漬けはしたことないし・・

結局、このイワシは山椒煮、オイルサーディン、つみれ汁になりました。

e0121128_11005757.jpg
山椒煮は圧力鍋で骨まで柔らかくなりました。
オイルサーディンは美味しく出来ました。
このままでも、料理の素材としても、使い道がたくさんありますので
たくさん釣れた時はオイルサーディンを作る方がいいかな?
つみれ汁は味噌仕立てで・・
イワシから出たエキスでお汁にいいお味が出ていました。
「またイワシか~!」なんて失礼なことを言いましたがイワシに謝ります。(笑)

[PR]

by ikako-27 | 2014-09-19 11:09 | 暮らしのスクラップ
2014年 09月 17日

読書の秋

あべのハルカス美術館で「デュフィ展」を見て、そのあと一昨日は
フェスティバルホールで「ミス・サイゴン」を観てきました。
芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、行楽の秋、そして食欲の秋・・♪
気候の良い秋は心も体も意欲的なようです。

さて・・、読書の秋は・・。。。
過日、お伺いしたお宅で本の話になりました。
古希を過ぎた方ですが昔から読書がお好きで食べなくても寝なくても
本が読みたかったそうです。
最近でも眠れなくて本を読み始めたら一冊読み終えてしまったとか・・。。。
お腹が空いたら本より食事、本を読み始めたらすぐ眠くなってしまう私には
信じられない話ではあります。
いろいろお話しする中で吉村昭さん、津村節子さんご夫妻のエッセイを何冊か
本箱から取り出して下さいました。
「井の頭公園が出てくるわよ・・」と言いながら・・。
井の頭公園は私の子供の頃の遊び場だったのです。
バトミントンのラケットを持ってよく行きました。
公園の池でボートにもよく乗りましたっけ・・。

ご夫妻は井の頭公園に隣接する土地にご自宅があるのです。
きっかけは何であれ、何冊かお借りしてきました。
お返ししなければいけないのでいつもより早く読み終えました。
作家という同業のご夫婦の大変さを感じたり、歴史上の実在の人物、
事柄を書く時の現地に通い詰めての徹底した調査・・、
参考文献を調べるのは勿論のこと、時代考証、その日の天候まで事細かに調べ上げる
大変さを知りました。
吉村昭さんの本に自ら手を伸ばすことは絶対と言っていいくらいなかったと
思いますが思いがけず、ご縁のなかった作家さんに出会えました。

e0121128_13561875.jpg
お借りした本を読み終わった今、自宅マンションの小さな図書コーナー
(住民が不要の本を寄贈)で津村節子さんの「智恵子飛ぶ」を見つけ、読んでいます。
高村光太郎の智恵子への愛の言葉、詩を読むにつけ、昔の人の(・・というか
光太郎のと言うべきか?)愛情表現の豊かさに感心するばかり・・♪


[PR]

by ikako-27 | 2014-09-17 22:00 | 暮らしのスクラップ
2014年 09月 14日

デュフィ展へ

あべのハルカスからの展望を楽しんだ後はあべのハルカス美術館へ・・
20世紀前半にフランスで活躍した画家ラウル・デュフィ(1877-1953)
デュフィに関しての知識はほとんど持ち合わせていなかった私ですが
Taoさんのブログでデュフィのことを知り、これはぜひ見たい・・と思ったのです。
絵画を表現していく中で感銘を受けたり、興味を持ったり、人との出会いを通じて
変遷していくデュフィの絵の過程を見ることが出来、興味深かったです。
油絵、水彩画、モノクロの木版画、テキスタイルや服飾、陶器、家具など
たくさんの作品が並べられています。
テキスタイルのデザインなど今でも斬新でオシャレです。
「この生地、バッグに使いたいな~」と思いました。(苦笑)
「この絵、リビングに欲しいな~♪」も・・ね。(笑)

"音を色で表現する"とか"音楽を絵で描く"・・とか言われるデュフィの絵からは
音楽が流れてくるようです。♪
生活の中にいつも音楽が溢れていたのでしょうね。
ハガキはあまり残っていませんでしたが何枚か買って来ました。
e0121128_11333208.jpg


[PR]

by ikako-27 | 2014-09-14 11:38 | 暮らしのスクラップ
2014年 09月 12日

天王寺へ

今年の3月7日に開業した「あべのハルカス」に初めて行ってきました。
e0121128_12012805.jpg
地上60階建て、高さ300mで、日本で最も高い超高層ビルだそうです。
あべのハルカス美術館で開催されている「デュフィ展」が目的でしたが
「まずは展望台から・・」でしょう。
展望台へ上るための入場券を買う人の列が出来ています。
平日でしたが切符を買うのに25分ほど並びました。(¥1,500)
夏休みや土日はどんな混雑なのでしょう・・???

「あべのハルカス」の展望台から見える景色です。
e0121128_12034518.jpg
緑の濃い場所は天王寺公園です。
e0121128_12035291.jpg
目線のずっと先に大阪城が小さく見えます。
高いところはちょっと苦手なのですが怖さはありませんでした。
東京のスカイツリーはこの倍の高さがありますがどんな感じなのでしょう・・?
私が今までに上った最高は高さ508メートルのビル、台北101です。

このあと16階のあべのハルカス美術館で開催されている「デュフィ展」に
行きました。

[PR]

by ikako-27 | 2014-09-12 12:25 | 暮らしのスクラップ
2014年 09月 09日

新聞で作る小さなバッグ

新聞で作る小さなバッグの作り方を教えてほしい・・というコメントを頂きました。
作り方のコピーを差し上げるのは簡単なのですが、これを見ただけでは
イメージが湧かず作りにくいと思いますので見本を差し上げようと思い、
折り始めたもののしばらく作ってなかったのでもうすっかり忘れてました・・(汗)
錆びついた頭が情けない・・(涙)
以前作ったバッグを見ながら記憶を呼び戻し、何とか出来上がりました。

e0121128_14341021.jpg
可愛いでしょう~♪
大きさ、形は自由自在・・。。。
ジャムを入れて・・
お菓子を入れて・・
小さなおすそ分けに便利です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さながま口はFEILERの大判ハンカチを使って・・。
e0121128_11191413.jpg
大判ハンカチで4個のがま口が出来る予定です。

[PR]

by ikako-27 | 2014-09-09 11:31 | 手作り
2014年 09月 06日

サングリアのその後・・

三日ほど冷蔵庫で待機していたサングリア・・
待機中にも気になってチョビチョビとお味見・・♪
いよいよ解禁・・(笑)

お安いワインがフルーティーに変身!
ほんの少し入れたブランデーと蜂蜜がいい仕事をしているのか・・?
口当たりよく、ジュース感覚?です。
左手に元々の赤ワイン、右手にサングリアを持ってお味の違いを・・(笑)
ウン、ウン・・、違う・・。。。

中に入れたフルーツ類はそのまま食べても美味しくありませんが
捨ててしまうには忍びない・・。
ジャムにしてみましょう。
サングリアに入れたフルーツはオレンジ一個、グレープフルーツ半分、
りんご半分、キウイ一個、ぶどう、レモン少々でした。
そこに残りのりんご半分、グレープフルーツ半分、レモン汁を新たに
加えてみました。
e0121128_09592617.jpg
色はきれいではありませんがヨーグルトによく合います。
ぶどうの食感がナタデココみたいで好きです。
残飯整理ジャムですので人様に差し上げるわけにはいきませんので
私が責任を持って消費します。
[PR]

by ikako-27 | 2014-09-06 10:03 | 手作りキッチン