<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 30日

紅葉の一休寺

京田辺市にお住まいの友人から酬恩庵「一休寺」の紅葉見物のお誘いをいただきました。
今年は各地の紅葉が遅れていたのでこの秋初めての紅葉見物となりました。
JR東西線の京田辺駅に降り立ったのも初めて・・、「一休寺」に参拝するのも初めてです。

「一休寺」はとんち話で有名な一休さんが63才頃から88才で亡くなるまでの約25年間の
晩年の住み寺だったそうです。
建物も庭園も立派なお寺です。
京都の中心地の寺院のようにたくさんの観光客がどっと押し寄せることはありませんので
落ち着いてゆっくりと美しい紅葉を楽しむことが出来ました。
総門を入ると真っ赤な紅葉が出迎えてくれます。
e0121128_7521753.jpg
e0121128_7523558.jpg

手水舎の水に映る紅葉を写すカメラ愛好家を真似て私も「カシャ!」と一枚。
e0121128_753744.jpg

参道の紅葉としっとりとした苔の緑が美しいコントラストです。
e0121128_7533974.jpg

方丈庭園です。↓
e0121128_8182785.jpg

「このはし、わたるな」
真中を渡って行きましょう~(笑)
e0121128_7552981.jpg

一休さんのとんち話には楽しいお話がたくさんありますね。
一休さんが和尚さんの大事にしていた水あめを食べてしまった時のお話も面白かったです。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一休がいた安国寺のおしょうは、うまいものは一人で食べ、
こぞうたちにはやらなかった。

あるときみんなでおしょうの部屋をのぞくと、とだなからつぼを取り出し
中のみずあめをうまそうになめ、また大事にしまいこんでいた。

一休はじぶんたちもほしいといったが、
おしょうは「これは大人が少し食べるだけなら薬になるが、こどもが食べると
死んでしまうおそろしい毒じゃで、みなにやるわけにはいかんのじゃ」といった。

しかし、おしょうのるすに、「ほんの少しならわかるまい」と、つぼを取り出して
みんなでなめていたが、気がつくとかなりへっている。

他のこぞうは青くなったが一休はあわてずにこう言いました。
「おしょうが大切にしているすずりをわって、なきまねをするといい!」

そしておしょうが帰ってくるとこう言った。

「おしょうさま、もうしわけありません。大事なすずりをわってしまいました。
それで死んでおわびをしようと思い、さっきからあの毒をなめているのですが、
まだ死ねません」

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一休寺の美しい紅葉を楽しんだ後は友人宅でお心づくしの美味しいランチをご馳走になりました。
写真はご遠慮しましたが目で楽しみ、舌で味わい・・♪
どれも美味しくって一皿ごとに作り方を伺い、フルコース付きの料理教室になってしまいました・・(汗)
レシピもいただいて帰りましたので早速実践してみたいと思います。
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-30 16:14 | 小さな旅 | Comments(4)
2011年 11月 26日

柚子ジャムを作ろう・・♪

今日はいいお天気です。
窓から眺める六甲山も少しづつ色づいてきました。
今年の紅葉は少し遅れているようですが京都や奈良の観光地はきっと賑わっている
ことでしょうね。

高知からたくさん頂いてきた柚子で楽しませていただいています。
消毒をしていないのでお店で売っているような器量良しではありませんが中身はバッチリ!
性格美人?とでも申しましょうか?(笑)

きれいそうな表皮は柚子こしょうに・・
残りは全部柚子ジャムに・・

柚子ジャムの作り方はこちらから→☆
以前の作り方ではは柚子の50%の砂糖を使っていますが今回は70%の砂糖を使いました。
柚子は甘味が全くないのでやっぱり砂糖が多い方が美味しいです。
お店屋さんが出来そうなくらいのたくさんの柚子ジャムが出来ました^^。
e0121128_143369.jpg

ただし、作るたびに出来具合が違いますのでお店屋さんは出来そうもありません・・。(苦笑)
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-26 14:36 | 手作りキッチン
2011年 11月 23日

干し柿作り・・♪

高知から帰ってから、まず一番にすることは渋柿を剥いて干すこと・・。
e0121128_13174394.jpg

柿と一緒に棕櫚(シュロ)の葉もいただいてきました。
以前に友人から初めて渋柿をいただいた時、両端を輪っかにして
柿の軸を差し込めるように準備した棕櫚の葉が一緒に包まれていました。
干し柿に棕櫚の葉・・、お気に入りです。
風情があっていいでしょ~♪

e0121128_13202553.jpg

都会のベランダにも里山の風が流れているようです。
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-23 23:00 | 暮らしのスクラップ | Comments(8)
2011年 11月 22日

3日目も雨、そして・・

雨が続いたので予定を一日延ばして4日目・・
日が差し始め・・、今日はお天気になりそうです・・。
e0121128_16352425.jpg

渋柿の皮を剥いて棕櫚の葉にくくりつけて軒下に吊るしてきました。
e0121128_16413163.jpg

いっぱいの日を浴びて、冷たい風にさらされて・・
美味しい干し柿が出来るでしょう・・♪

寒暖の差が大きい山の上は、植物も色鮮やかです。
夏に咲いたアジサイはこんなにきれいな↓「秋色アジサイ」に変身しています。
e0121128_16525255.jpg


あっという間の楽しい4日間でした・・。
お世話になりました^^。
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-22 16:55 | 小さな旅
2011年 11月 22日

今日は雨・・

高知滞在2日目は朝から雨・・
e0121128_11252978.jpg

柚子搾りは室内で・・。
柚子はジャムにしたり、柚子味噌にしたり、柚子こしょうにしたり・・と
いろいろな使い方がありますが柚子の産地では柚子の一番の使い道は
柚子酢だそうです。
搾った柚子は食卓で何にでもかけて・・。
お寿司も柚子酢を使って・・。
酢の物にも・・、焼酎にも・・柚子。
一年分の柚子酢を作ります。

実生の柚子を搾った物と接ぎ木の柚子を搾った物では日持ちがかなり違うそうです。
不思議ですね・・???
最近では小分けにして冷凍にしているようですが・・。

昨年も使ったおじいちゃん手作りのかわいい柚子搾り器が大活躍です。
写真を撮りませんでしたので昨年の柚子搾りの様子はこちらで・・。

柚子を搾ったあとの皮で今年も柚子こしょうを作りました。
この柚子こしょうは友人のご主人のお気に入りになって柚子を搾ったあとの定番作業に
なりつつあります。
ド厚かましい滞在者の私もこの作業の時は存在価値あり・・???(笑)

労働のあとは(・・と言うほどの労働はしてませんけどネ。苦笑)香りのいい柚子がプカプカ浮いた、
薪で焚いたお風呂が待っています^^。
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-22 11:30 | 小さな旅
2011年 11月 21日

高知で田舎暮らし体験・・♪

今年も高知出身の友人のうれしいお誘いをいただき、田舎暮らしを楽しんできました。
それにしてもよく降りました・・
4日間の中二日は本降りの雨。

屋根に当たる雨音を子守唄に・・
よく寝て、よく食べ、よくしゃべり・・
また食べ、またしゃべり、また食べて・・
雨もまた楽し・・です。♪

昨年もご紹介しましたが高知県大豊町は柚子の産地でもあります。
田舎に到着するやいなや、高枝ばさみを片手に、長靴、皮手袋、後ろにひらひらが付いた
帽子をかぶり農家のおばちゃんスタイルで身を固め、柚子採り開始。
柚子が大好きな私は高枝ばさみを抱えて鈴生りの柚子の前に立つと気がはやります。。。(笑)
e0121128_13411813.jpg

「明日は雨」の天気予報・・
頑張ってたくさん採らないと・・!!!

高枝ばさみで狩り採った柚子の枝をもう一人が柚子の付け根で茎を切りとり
篭に入れていきます。
e0121128_13414259.jpg

柚子を採ったあとは柿も待っています・・♪
昨年は柿の木に一つも柿が生っていませんでしたが・・?
今年は柿の生り年のようです。
柿の木には大きな渋柿が鈴生りでした。
高枝ばさみで刈った柿は干し柿にする為にT字型に鋏を入れて篭の中に・・。
e0121128_135533.jpg

明日は雨の予報ですので室内で柚子の汁搾りと柚子こしょうを作る予定です。
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-21 14:09 | 小さな旅 | Comments(6)
2011年 11月 16日

青い柚子で・・

美しい紅葉が楽しみな秋ですが今年の紅葉はどうなんでしょうね~?
明日から寒くなるということですが寒さが続かずメリハリのない今年の秋ですね。

お庭で生ったという小粒の青い柚子をいただきました。
柚子大好きなのですが青い柚子はあまり馴染みがありません・・。
さて・・?
この柚子、どうやって使おう・・?

「柚子こしょう」が大好きで毎年黄色い柚子で手作りするのですが
市販の「柚子こしょう」は青い「柚子こしょう」が一般的ですね。
ちょうどベランダには未だ青いままのタカノツメがたくさん生っているのでちょうどいい・・
青い「柚子こしょう」を作ってみましょう。

作り方はこちらと同じ。
こんな↓青い柚子こしょうが出来ました。
e0121128_16204351.jpg

黄色い柚子こしょうの方が柚子の香りは勝っています。
青い柚子こしょうはパンチの利いた辛みと味です。

明日は高知へ大好きな柚子狩りに行ってきます。
たくさん、柚子をもいできますね~♪
 
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-16 16:38 | 手作りキッチン
2011年 11月 11日

羊毛刺しゅうのがま口

立冬を迎えた途端に本来の寒さがやってきましたね。
羊毛刺しゅうの季節です。
ほんわかあったかい感じの羊毛刺しゅうは寒い季節が似合います。
小さながま口に羊毛刺しゅうをしてみました。
e0121128_12263276.jpg
e0121128_12264414.jpg

ぷっくりかわいいがま口作りはとても楽しい作業です。
平面で見ている感じは口金を付けてぷっくりさせるとまた、違った顔になります。
あとでゆっくり仕上げたらいいと思いながらもかわいい顔見たさについ仕上げを
急いでしまうのです。
手のひらの上の生まれたばかりのがま子を眺めながら、しばし至福の時間・・♪
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-11 12:37 | 手作り
2011年 11月 08日

来春を楽しみに・・♪

今日は立冬。
太陽が照りつけるベランダは暑いくらいですが日陰の空気はひんやりとしています。
先日の雨模様のお天気の日に春咲きの球根を植えつけました。

開花を楽しみにしているのはアネモネです。
今年の春、keichangardenさんのブログで青と白のアネモネを見た時に
「私も今年の秋はこの青と白のアネモネを植えよう」と決めました。
でも物忘れの名人はアネモネのことはすっかり忘れていたのですがまたまた
keichangardenさんがアネモネの球根を購入したというブログを拝見して
思い出したのでした。
ネットの購入先を教えて頂き購入しました。

上手にアネモネの芽出しをするにはコツがあるようで・・
またまたネットで調べると・・(何から何までネットが頼り)
「軽く湿らせたバーミキュライトの中に一週間入れたあと鉢に植える」と書いてある。
一週間入れると根が出始めていました。
アネモネは球根の上下がわかりにくい物もありますので根が出ていると安心ですね。
植えた途端、モコモコヽとあっちからもこっちからも芽が出てきました。
e0121128_1220872.jpg

欲張って2袋+別種1袋買ってしまいましたので植木鉢にすし詰め状態のアネモネですが・・
春が楽しみです。

こぼれ種から発芽したタカノツメは成長が遅く11月に入っても青々していたのですが
ここ数日でようやく赤くなり始めました。
ヒメヒオウギもあちこちから芽を出しています。
e0121128_12351138.jpg

下↓はビオラとストレプトカーパスです。
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-08 12:40 | ベランダガーデン | Comments(2)
2011年 11月 03日

りんごジャム

紅玉で作るときれいなピンク色のジャムが出来るのですが・・
買い物に行く度に果物屋さんを覗くのですが今年はまだ紅玉に出会えていません。

最近、よく見かけるようになった「シナノスイート」でジャムを作ってみました。
「ふじ」と「つがる」をかけ合わせて作ったりんごだそうです。
果汁もたっぷりあり、歯ごたえがあって甘いりんごです。

ラム酒に浸けこんだ干しぶどうがありましたので加えてみました。
煮込んでもしっかりと形がくずれることなく適度な歯ごたえが残っています。
ヨーグルトに入れて美味しく頂いています。
e0121128_23105457.jpg

形がしっかり残っていますのでバターケーキに加えて焼いたら美味しいかもしれませんね。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜日に行われた「大阪マラソン」、盛り上がりましたね~
友人が出場すると聞いてテレビ中継を気にしながら観戦していました。
御堂筋を埋め尽くした3万人のランナーと1万人のボランティア、沿道で応援する観客が
一体となって大阪マラソンは大成功だったようです。
完走して感激の涙を流すランナーを見ているとこちらまで胸が熱くなりました。

友人からも次の日に「大阪マラソン完走しました。やりましたぁ!」とうれしいメールが届きました。
もちろん、大感激だったようです。
そしてとっても楽しかったとも・・
「がんばって~!」という沿道の応援は走りながらとってもいい気持ちだったそうです。

「完走、おめでとう!!!」
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-03 23:51 | 手作りキッチン | Comments(6)