青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 30日

野菜がいっぱい!

日中は暑いのですが朝晩は過ごしやすいので助かります。

たまに行く、野菜の直売所で持ち切れないほどの野菜を買ってきました。
きゅうり、ナス、トマト、ピーマン・・
新鮮野菜がほとんど一袋100円也。
きゅうりとナスとミニトマトと万願寺とうがらしを買って1780円??!支払いました。

3日間で全て加工処理、消費しました。
誰の胃袋に入ったんでしょう?(笑)

ナスは先日お話した油味噌に始まり・・、焼きナス、煮浸し、等々に・・
万願寺トウガラシは油を引いたフライパンでさっと焼いてお醤油を「ジュッ!」
e0121128_21363967.jpg


きゅうりはそのまま、もろみ味噌をつけて・・
浅漬けに、きゅうりもみも美味しい・・
最近気に入っているきゅうりもみは栗原はるみさんのレシピを参考に・・

きゅうり・・3本
合わせ酢
 酢・・半カップ
 薄口しょうゆ・・小さじ2強
 砂糖・・大さじ3と1/2
 塩・・小さじ2/3
だし汁(昆布)・・1/2カップ

青じそ
ミョウガ
生姜(新生姜の甘酢漬けを使っています)

塩を振って板ずりしたきゅうりを洗って薄切りし、合わせ酢の1/3の量を加えて30分~1時間
置いた後、軽く絞り、残りの合わせ酢で和える。
器に盛って冷やし、千切りした青じそ、みょうが、新生姜の甘酢漬け(おろし生姜でもいい)を
添えます。
e0121128_2225137.jpg

好きなように混ぜていただいています。
さっぱりした酢のもので気に入っています。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あとはたくさん買ってきたミニトマト・・
皮が硬かったので湯むきした後、

水・・200cc
砂糖・・25g
レモン汁・・大さじ1くらい
ホワイトキュラソーか白ワイン・・大匙1と1/2

・・に浸けて冷蔵庫へ。
e0121128_22135164.jpg

冷蔵庫を開けてはつまみ食いをするので大量のトマトもあっという間になくなります。
漬け汁のお味は薄いのでサラダに添えても違和感はありませんよ。

まだまだ、お野菜が残っています。
油で揚げてもいいのですが油は避けて、ホットプレートで焼いて(たくさん焼くには便利です)
天つゆ程度の醤油に浸け、大根おろしでさっぱりといただきました。
e0121128_22182794.jpg


以上、安上がりな大量のお野菜の消費報告でした。(笑)
 
[PR]

by ikako-27 | 2011-07-30 22:27 | 手作りキッチン | Comments(14)
2011年 07月 23日

キャンディーポーチ

「大阪のおばちゃんのバッグの中には必ず“アメちゃん”が入っている」
・・という都市伝説があります。
それも一種類ではなく数種類・・。
自分の為というよりもコミニュケーションの手段のひとつとも言われています。

私も経験ありますよ、電車の中で・・。
ボックス席で一緒になったおばちゃんからアメちゃんをもらったこと・・
お店で咳込んだらさっとアメちゃんが出てきたこと・・

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな文化?のある関西ですが・・
「キャンディーポーチ」を作ってほしいという注文です。

「キャンディーポーチ」って・・?
どんなポーチ?

理解できない私の為に見本を探してきてくれました。↓
e0121128_16455114.jpg

中が透けて見えるオーガンジーの布にファスナーをつけて両端を絞ったポーチです。
風船のようにコロンとした丸いポーチです。
素敵なオーガンジーのカラフルなストライプ柄で頼まれました。

初めてのものは自分の手持ちの布で試作してから・・
何かそれらしい布はないかと・・?
以前いただいて使い道が思い浮かばなかったラメの入った黒いネット状の布で試作してみました。

こんなポーチが出来ました。↓
何だか洗濯用のネットのミニチュア版のようです。(笑)
e0121128_1819569.jpg


頼まれたきれいなオーガンジーの布で作ったキャンディーポーチはおしゃれなおばさま用かな?
わたしのバッグの中にもこの洗濯ネットのようなキャンディーポーチが仲間入りするかも
しれません。(笑)
[PR]

by ikako-27 | 2011-07-23 20:22 | 手作り | Comments(12)
2011年 07月 19日

マチ付き、がま口の作り方

PCの「お気に入り」の中にはいろんな方のブログが入っていて、お料理の参考に
させていただいたり・・、お庭のお花を見せていただいたり・・、元気をいただいたり・・と
毎日の訪問が楽しみです。

その中の「手作り」関連のブログの中にこの方のブログ(Quilt me)があります。

(わたし、勝手におじゃまして黙って帰ってきていますので堂々とご紹介できません・・。
いつもコメントを残したいと思いながら引っ込み思案な性格が足を引っ張っております。(汗・・)


プロ顔負けの丁寧できれいな手仕事にいつも感心しきり・・!
時々、shopもオープンしているようですが大人気のようです。
わたしもこの方の縫われたバッグの現物ををこの目で見てみたいという憧れもあるのですが
なにぶんにもお若い方ですので作られるバッグもフランスリネンを使った若向きのバッグ・・
残念ながらわたしの雰囲気には不向きです。(苦笑)
ブログを読ませていただきながらバッグ作りのコツと知恵をいただいています。

そんなある日、マチの付いた「がま口のキット・型紙販売」という記事を読み、
すぐに飛びつきました。
生地がセットされたキットではなく、型紙と口金、作り方のみのお安い方ですが・・

「コピー用紙、本日までに1200枚消費しました・・」なんていう記事もありましたので
人気のほどがうかがわれます。
そんな大量の注文をこなしながら届いた型紙と説明書。
e0121128_23573665.jpg

丁寧できれいなお仕事はここでも見ることが出来ました。

私も自己流でがま口を作ったりはしていますがこの方のお仕事は格段に丁寧です。
せっかく届いた丁寧な作り方説明書・・ここは忠実に手抜きをせずに作らなければ・・!ですね。
一応?、作り方の手順どおりに作ったつもりですがよく見ると「まっ、このくらいはいっか・・?」の
いい加減な性格がちらちらと顔をのぞかせている出来栄えです。
e0121128_23575758.jpg

この丁寧な説明書付きのキットのおかげでたくさんの疑問が解け、感謝です。

こちらはいつもの自己流がま口です。↓
e0121128_041545.jpg
ポーチは50個で足踏み状態・・、小さながま口作りに浮気しています。(苦笑)
[PR]

by ikako-27 | 2011-07-19 00:09 | 手作り | Comments(12)
2011年 07月 14日

ナスの油味噌

梅雨明け10日・・と言われますがその通り、晴天の厳しい暑さが続いています。
長い夏を元気で乗り切らなければ!

暑さが続くと(他人によっては?)食欲がなくなったりすることがありますが・・?
わたし・・、どんな時でもこれさえあればご飯が美味しく頂けます。↓

e0121128_1511463.jpg

ナスを油で炒めて味噌で味付けしたものです。
育った家では「ナスの油味噌」と呼んでいました。
ナスを見たらまずこの料理が頭に浮かびます・・

ナスだけの時もあれば他のあり合わせの野菜が加わるときもありますが
この日の「ナスの油味噌」はズッキーニと万願寺とうがらしを加えました。
ズッキーニが意外とこの「ナスの油味噌」に合うことがわかりました。
ちょっとピリ辛の味付けです。

最後に加える味噌にこんな「辛子入りこうじ味噌」を使ってみました。↓
e0121128_15313282.jpg


先日頂いたお味噌です。
かわいいカップに入っておしゃれですね~
各地の美味しいお味噌を取りそろえている吉祥寺にあるお味噌のお店です。
吉祥寺と言えば結婚するまで住んでいたところなのですが当時は今と違って
そんなおしゃれなお店はなかったのですが中に入っていた案内地図を見ていたら
いつの間にか心は半世紀前の子供時代に飛んでいたのでした。

案内地図に書かれていた
昭和通り・・
大正通り・・
藤村女子中学・高等学校・・

この路地の角に小さな魚屋さんがあった・・
学校帰り、大正通りのこの魚屋さんの角で友達と別れて・・
夕方、店の隅ではいつも炭火で魚を焼いている煙が上っていた・・
長靴をはいて割烹着を着た奥さんのお顔をふっと思い出していた・・

昭和通りには藤村女子高校があって体操の盛んな学校でした。
地元の中学校の運動会では招待された藤村女子高校の見事な集団のダンス競技を
見るのが恒例になっていました・・

話は横道にそれてしまいましたがこの「辛子入りこうじ味噌」がナスの油味噌に
とてもよく合いました。
厳しい夏の暑さに負けないように元気に過ごしたいものですね。
[PR]

by ikako-27 | 2011-07-14 16:17 | 手作りキッチン | Comments(8)
2011年 07月 11日

バッグとポーチ

5月に東京へ行った時に立ち寄った吉祥寺の「COTTONFIELD」(コットンフィールド)で
買ってきた布地です。↓
e0121128_10204594.jpg

白地にパープルのお花が刺しゅうしてあります。
お花と同色のリネンを合わせて夏のバッグとポーチを作ってみました。
e0121128_1021776.jpg

何だか汚れが目立ちそうですね・・?
私は現実的に「汚れが目立ちやすい」とか「目立ちにくい」とかで商品を選びがちですが
本当のおしゃれさんはそんな視点で商品を選んだりしないそうです・・(笑)
バッグに防水スプレーをかけておくと汚れ方がだいぶ違うとは聞いているのですが・・?
[PR]

by ikako-27 | 2011-07-11 10:24 | 手作り
2011年 07月 07日

あんず

信州ではあんずの季節ですね。
あんずのジャムを作りたいと思っていたのですが関西では生のあんずは
どこででも手に入る・・というわけにはいきません。
大阪駅ビルの「天空の農園」にはあんずが鈴生りでしたけどネ!

子供の頃からあんずが大好きなんです。
・・とは言ってもその頃食べていたのは干したあんずでしたが・・

生のあんずって美味しいのでしょうか?
わたし、未だに生のあんずをかじって「おいしい!」と思ったことがないのです。
悲しいことに生食用の美味しい完熟あんずに出会ったことがないだけなのでしょうか?
加工用のあんずしか口にしたことがないのかもしれませんね~(涙)
生のあんずって美味しいのですか?

「あんずが売ってたら教えてね!」
友人の情報網のおかげであんずが手に入りました。(嬉)
e0121128_21491219.jpg


一部をあんずのコンポートに・・
残りをジャムにしました。

どちらもあんずを半分に割って種を取り出します。
あんずは火を入れるとすぐにトロトロにくずれるのでジャムは作りやすいです。

くずれては困るコンポートは1分ほど熱湯に湯通しした後、ビンに詰めて
熱いシロップを注ぎ、煮沸しました。
きれいな色のジャムとコンポートが出来ました。
e0121128_2149507.jpg

甘酸っぱいお味はヨーグルトによく合います。
コンポートはゼリーにしてもいいでしょうね~♪
[PR]

by ikako-27 | 2011-07-07 21:53 | 手作りキッチン | Comments(14)
2011年 07月 05日

六甲山森林植物園

毎年、この時期になると森林植物園の紫陽花が気になります。
見頃は・・?
お天気は?

紫陽花はちょうど、見頃のようです。
お天気は曇りのち雨・・
決まりです!
紫陽花の季節は森林植物園の開園時間は朝、8:00だということですので
開園時間に合わせて早朝に家を出ました。

いつもと同じ紫陽花ですが・・
e0121128_15291922.jpg
e0121128_15342323.jpg
e0121128_15285992.jpg

早朝の園内は貸し切り状態でした。

風に木々が揺れる音が聞こえ・・
小鳥がうれしそうにさえずり・・
「ホー・ホケキョ!♪」・・
ウグイスがきれいな声で鳴いています。

e0121128_15552589.jpg
e0121128_15554159.jpg
e0121128_15555725.jpg

清々しい空気をいっぱい吸って病みつきになりそうな早朝の森林植物園でした。
[PR]

by ikako-27 | 2011-07-05 17:30
2011年 07月 03日

「かんさいいすなう」

朝からの雨がお昼前に上がり、曇り空になった頃、お誘いをいただいて急遽、
京都の大山崎にあるアサヒビール大山崎山荘美術館行きが決まりました。
カンカン照りの太陽が外出を躊躇させる季節になりましたが雨上がりの曇り空が
外出を後押ししてくれました。
お誘いから出発まで30分、その気になったら出来るんだ~!(笑)

緑に囲まれた雨上がりの美術館は草木も元気に生き生きしていました。
e0121128_19515124.jpg
e0121128_1952324.jpg
e0121128_19521764.jpg

モミジの大木を見上げながら秋は紅葉が美しいだろうな~!ともう心は秋の再訪へと・・♪

9/25まで 「かんさいいすなう_人はすわって考える?大山崎山荘にすわろう
という企画展が催されています。

関西で活躍する30名の工芸家の作った50脚の力作が各部屋に置かれ、
自由に座れるようになっています。
e0121128_9204845.jpg

「私ならこれがいいわ~」
「座面の下のもの入れには何を入れよう~?」
「胡坐をかいて座る椅子か~!」
「これいいけど家には置くところないわ~。アッ!お金もないけど・・(涙)」

バルコニーからの眺めです。
桂川が見えます。
e0121128_9245176.jpg


普段、なかなか座る機会のない椅子の数々・・
面白い?相棒との楽しい時間でした。
[PR]

by ikako-27 | 2011-07-03 09:31 | 神戸とその近郊 | Comments(6)