<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

夏の日差しの下で・・

「暑い!暑い!」とばかり言ってないで・・?

こんなギラギラ照りつける夏の太陽は濃淡のはっきりした柿渋染めをするには
もってこいの季節です。
わかってはいるのですが・・
真夏の太陽を浴びる勇気と根性がありません・・(苦笑)

室内で「柿渋塗り」をしています。
木工教室に通っている友人から手作りの木工作品をいただきました。
「柿渋を塗ってみて~!」

「50%に薄めた柿渋液を刷毛で塗ってはボロ布で刷り込む・・」
「・・」を何回も何回も繰り返しています。
e0121128_1526574.jpg

いつまで塗るか・・?
止め時が・・???
柿渋染めは時間の経過とともにだんだんと色が濃くなっていきますのでそろそろ
いったん止めておきましょうか?
だいぶ色が入りました。
e0121128_15304313.jpg


お菓子や陶器が入っていた木箱も柿渋の液を塗ると素敵に変身しますよ。
これは何が入っていた箱だったか・・?
蓋に型染の糊を置いて柿渋液を塗ってみました。
e0121128_15343876.jpg
捨てる前にいかがですか?
[PR]

by ikako-27 | 2010-07-31 15:36 | 柿渋染め | Comments(2)
2010年 07月 29日

この暑いのに・・

連日の猛暑にいささかバテ気味の体に今日の雨はホッと一息でしたね~
でもこの涼しさも一日限り・・
明日からまたあの猛暑が戻ってくるとか・・?
スタミナを付けて暑い夏を乗り切りたいですね!

先日は猛暑の中、覚悟の煮込み料理・・
(覚悟を決めないと長時間の煮込み料理は出来ません・・笑)
すじ肉はおでんの季節ではありませんので需要が少ないのでしょうか?
(ご近所の方は暑い夏でもおでんを作ると言っておられましたが・・)
お安く売っていましたので「すじ肉の煮込み」を作りました。
今回は大根やじゃがいもも加えて・・
何だか肉じゃがの遠い親戚っぽくなってしまいました。
e0121128_2354759.jpg


行きつけの病院で週刊誌を眺めていると・・
「三宮発、絶品の牛すじ丼」という記事が目にとまり、
お昼は残り物のすじ肉の煮込みを使って「これで決まり!」と
「絶品の牛すじ丼」となりました。

我が家の牛すじ丼が「絶品の牛すじ丼」かどうかは怪しいですが・・?
まあ~、残り物の活用にはいいんじゃあないでしょうか?
e0121128_2352920.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-07-29 23:58 | 手作りキッチン | Comments(2)
2010年 07月 28日

スイスの食べ物・・

スイスの旅の最後はお食事の話をして終わりにしたいと思います。

e0121128_17514182.jpgスイスで美味しかったのはビールとワイン・・
ワインはほとんどが国内で消費されるようですね~
どこでいただいてもおいしかったです^^。
特にベルンの熊公園で飲んだ自家製生ビールは暑さも手伝って
最高でした!




ツアーに設定されていた食事、個人的に頂いた食事、
希望者が参加した食事・・と色々ですがざっとご覧ください。

○ ベルンのレストランででいただいた「ベルン風肉類のボイル」↓
e0121128_1715346.jpg


○ グリンデルワルトのホテルの夕食は「お肉のオイルフォンデュ」
e0121128_17185034.jpg

  お肉以外はみんなかなりすっぱかった~!

○ ユングフラウのクライネシャイデックで白ソーセージの簡単な昼食をしてハイキングに出発・・
e0121128_17245497.jpg


○ 夕食はグリンデルワルトのホテルサンスターの斜め前にある窯焼きピザのお店へ・・
  さっそく美味しいビールを口にして写真を撮り忘れて、気がついた時にはもうこんな状態でした。↓
e0121128_17293237.jpg
  ここのピザは美味しかったですよ~♪

○ アンデルマットのレストランで「仔牛のソーセージ」の昼食 ↓
  ポテトの付け合わせが多いです。
e0121128_17321279.jpg


○ ツェルマットでの夕食はホテルの魚料理 ↓
e0121128_17353341.jpg


○ マッターホルンを見てハイキングをした後はリッフェルベルクのランチレストランでサラダバーの昼食・・
  サラダはお皿に入るだけ盛り放題(一度限り)です。
  「サラダ・マッターホルン!!!」なんて言いながら山盛りのサラダの人も・・(笑)
e0121128_1749545.jpg
  スイスはパンは無料で付いてくるようです。

○ そしてツェルマット最後の夜は希望者でスイスの民族音楽を演奏しているレストランで歌と演奏を聴きながらの夕食です。
  音楽に合わせて手拍子で大いに盛り上がりました!!!
e0121128_18315650.jpg
スイスのおばちゃん?が音楽に合わせてテーブルからお皿を引きながら踊り歩く軽やかな身のこなしと愛嬌の良さが
とっても可愛かったですよ~♪

○ 最後の食事はシャモニーのホテルで昼食。
  見晴らしのいいレストランでした。
e0121128_23453360.jpg


スイスのお食事は塩けが強かったですね。
スープはしょっぱい、ソーセージもしょっぱい、ポテトは食べきれないくらいの山盛り・・
お米はパサパサのタイ米でしょうか?
食事はなんと言っても日本が一番でしょうか~?

お腹の足しにもならないような写真をたくさん見て頂いてすいません・・
ツアーでご一緒になった方から「記録になってうれしい・・」なんて言われながら
つい調子に乗ってしまったようで・・(苦笑)
長々と続いた旅の話にお付き合いくださって本当にありがとうございました・・。
厳しい暑さが続く毎日ですのでどうぞご自愛くださいませ・・。
[PR]

by ikako-27 | 2010-07-28 00:03 | 小さな旅 | Comments(8)
2010年 07月 26日

モンブランへ・・(6日目)

いよいよスイス三大名峰を訪ねる旅の最後はモンブランです。
スイス・アルプスとして紹介されることが多いモンブランですがフランスとイタリアの
国境に位置するヨーロッパ・アルプスの最高峰です。(4810m)
モンブラン=白い山という意味だそうです。

テーシュからバスで3時間、スイスとフランスの国境を通り(パスポートチェックなし)
フランスのシャモニーへ向かいます。

シャモニーの街を流れるアレブ川です。↓
e0121128_9183832.jpg

ロープウェーに乗り、エギーユ・デュ・ミディ展望台へ・・
e0121128_921479.jpg
2800mほどの高度差がありますが20分程で運んでくれます。
遠くから見上げると小さく見えるロープウェーですが100人ほどの人を運ぶことが出来ます。
山肌にはアルペンローズの花が咲き、はるか下方にはシャモニーの街が小さく見えています。

シャモニーの街から見上げたモンブランは雲の中・・
「今まで最高の天気だったけどモンブランはダメかな・・?」
・・なんて話していたのですが展望台につく頃には雲は流れ丸い雪帽子をかぶったモンブランが
目の前に・・!
e0121128_9231850.jpg
4000m級の山々が広がる大パノラマです。
e0121128_9314166.jpg
e0121128_9243673.jpg

大きなリュックを背負った山男が雪山を登ってくるのが小さく見えます・・。

************************************************

三大名峰をすべて制覇?した後はバスでジュネーブへ・・
翌朝、パリのシャルル・ド・ゴール空港を経由して帰国の途につきます。
[PR]

by ikako-27 | 2010-07-26 23:15 | 小さな旅 | Comments(6)
2010年 07月 25日

ロッテンボーデンからリッフェルベルクまでハイキング・・(5日目)

ゴルナーグラートからひと駅登山鉄道に乗り、ロッテンボーデンからリッフェルベルクまで
ハイキングします。
このハイキングの目玉は湖に逆さに映るマッターホルンでしょうか?
天気は快晴!期待しましょう!♪

一つ目の湖です。残念ながら逆さマッターホルンは見えませんでした。(涙・・)
e0121128_9372490.jpg
湖面に映る逆さの景色が見えるためには条件があるそうです。
晴れて山がくっきり見えることはもちろんですが風がないことが重要です。
この時、湖面はさざ波でかすかに揺れていました。

次のリッフェル湖に期待しましょう!
e0121128_9405014.jpg
こんな高いところでも小さな魚がいっぱい泳いでいます。ハヤの仲間だそうです。
e0121128_9415894.jpg
後ろを振り返るとモンテローザが見えています。
e0121128_9501061.jpg
かわいい花も咲いています^^。
e0121128_9435069.jpg
e0121128_9454948.jpg

リッフェル湖です。
逆さマッターホルンは見えるでしょうか・・?
     ・・・・・・・・・・・・・・・・
     ・・・・・・・・・・・・・・・・
「見えました!見えました!!!」と添乗員さんの声!
e0121128_947574.jpg
完璧とは言えませんが逆さマッターホルンですね^^。↑
1時間30分程のハイキングの後はそれぞれの足とご希望で3つのコースに分散しました。

○ 地下ケーブルカーでスネガ・パラダイスに行く人・・
○ ロープウェーを乗り継いでマッターホルンが間近に見えるシュバルツゼー・パラダイスに行く人・・
○ 健脚組はロートホルン・パラダイスからスネガ・パラダイスを通って3時間半位のハイキング・・
  (このコースでは野生のエーデルワイスを見ることが出来たそうです。
  かわいいエーデルワイスの写真を見せて頂きました。いいな~♪)

    ***********************************

そろそろお疲れ気味の私はツェルマットの地下ケーブルカーに乗って5分のスネガ・パラダイスへ・・。
e0121128_21541517.jpg
子供たちが水浴びをしています。↓
e0121128_2154389.jpg

かわいい花がいっぱい咲いていました。
e0121128_21555184.jpg

楽しかったスイス旅行もフランスとイタリアの国境にあるヨーロッパの最高峰モンブランを
残すだけとなりました。
もう少し、お付き合いくださいね~
[PR]

by ikako-27 | 2010-07-25 23:42 | 小さな旅 | Comments(1)
2010年 07月 24日

マッターホルンを見る・・(5日目)

チューリッヒで雨と稲光の歓迎を受け、先々のお天気に不安を覚えるスタートでしたが
おかげさまで予報を裏切るお天気続きです。

マッターホルンへの拠点となるツェルマットはガソリン車の乗り入れを禁じているので
バスやタクシーも電気自動車です。

e0121128_15452923.jpg


この日はマッターホルンにかかる夕焼けを・・、そして翌朝は朝日に輝くマッターホルンも
見ることが出来てラッキーでした^^。
「日の入り」が21時29分、日の出が5時49分でした。
この季節、夜でも明るいのは不思議な体験です。

早起きしてマッターホルンの日の出がよく見えるという橋の袂までデジ一のカメラを抱えて
意気揚々と向かったのですが・・???
昨夜、カメラの電池の充電をしたままで・・
電池空っぽのカメラを持って行くというヘマをしてしまいました。(涙・・)
予備のコンデジの助けを借りて撮りました。
e0121128_21244876.jpg
e0121128_21275142.jpg
朝日に輝くマッターホルンがきれいでした^^。
今日も最高!いい天気!
ゴルナーグラード展望台からのマッターホルンを見に行きます。
ゴルナーグラート登山鉄道に乗ってゴルナーグラート駅まで33分。
標高約3000mのゴルグラード駅まで一気に登って行きます。
e0121128_16261920.jpg

電車の右手にマッターホルンやゴルナー氷河が見えるという情報に右側の座席から
埋まって行きます。
電車が走り出すと右手の窓からは眩しく輝くマッターホルンが見えて来ました!
乗客は皆、興奮してカメラのシャッターを押し続けます。
(慌てなくてもマッターホルンは逃げないのに・・と思うのは今だから・・笑)
車窓からの写真です。↓
e0121128_16242275.jpg
e0121128_16243799.jpg
e0121128_1624524.jpg
e0121128_1625424.jpg
ゴルグラード展望台からは360度のパノラマが広がります。
素晴らしい眺めです!
e0121128_1633563.jpg
e0121128_16485672.jpg
ゴルナー氷河↓
e0121128_955422.jpg
モンテローザ↓
e0121128_16333478.jpg

このあと、ローテンボーデンまでひと駅登山鉄道に乗り、リッフェルベルクまで
1時間30分ほどのハイキングをします。
[PR]

by ikako-27 | 2010-07-24 23:47 | 小さな旅 | Comments(8)
2010年 07月 24日

スイス、氷河特急の脱線事故

つい先日、氷河特急の旅を楽しんだばかりだったので脱線事故のニュースを聞き、大変驚きました。
他人ごととはとても思えません・・
お亡くなりになった方のご冥福をお祈りするとともに怪我をされた方々の一日も早いご回復を
お祈りするばかりです。

昨日のブログで楽しかった氷河特急の旅のお話をしたばかりだっただけに何だかとっても複雑な
心境ではあります・・
スイスの旅ブログを書き続けていいものかどうか・・?

昨日はスイス旅行でお知り合いになった方からお電話をいただきました。
旅行は「阪神航空フレンドツアー」にお世話になり14人のツアー客と男性の添乗員さんでした。
親子、ご夫婦、単身参加と様々でしたがとてもいい方ばかりで和気あいあいと仲良く旅を続ける
ことが出来ました。
添乗員さんもお若いのに良く気がつく爽やかな男性でヨーロッパ、中でもスイスを熟知された方でした。
今回の添乗から5日間のお休みの後、またスイスツアーの添乗のお仕事が待っているとおっしゃって
いましたのできっと今頃、スイスに滞在されていらっしゃることでしょう・・。
添乗員というお仕事も大変ですね。

昨日いただいたお電話は・・
「スイス旅行のブログを楽しんで読ませて頂いています。」
・・といううれしいお言葉でした。
拙いブログではありますが思い出を共有したお仲間ならではの楽しみ方でブログを読んで
下さっているご様子・・。
田舎に帰るのでお母様に旅行の写真と共にブログを見てもらってスイス旅行のお話をしようと
思っている・・ということでした。

そんなお電話をいただいた後でもあり、旅行の記録として書き続けようと思っております・・。

ツェルマットのホテルの花壇で咲いていた花です。↓
e0121128_11565064.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-07-24 12:04 | 小さな旅 | Comments(6)
2010年 07月 23日

氷河特急に乗って・・(4日目)

ブログで振り返るスイス旅行・・
そろそろブログ旅行疲れが出てきました・・(苦笑)
お訪ね下さった皆さまはもっとお疲れかも・・?ですね~(笑)
適当に飛ばして下さいね~

   e0121128_9505735.gif


日本人が好みそうな・・、私も気に入ったのんびりした田舎町グリンデルワルトに別れを告げて
マッターホルンを望むことが出来る村、ツェルマットへ向かいます。
グリンデルワルトからバスに乗り、美しい湖ブリエンツ湖を眺め・・(バスの中からパチリ!)
e0121128_9551380.jpg
アーレ川に沿ってグリムゼル峠(2165m)を越え、フルカ峠へ・・。 トーテ湖↓
e0121128_9564575.jpg
日光のいろは坂のようなヘアピンカーブの連続です。↓(バスの中から・・)
e0121128_9571340.jpg
途中、ベルベデーレ展望台でローヌ氷河を見学。
e0121128_1013156.jpg
氷河の一部をくりぬいた通路を見学できます。青の世界が続きます・・
e0121128_1083587.jpg
この氷河、地球の気候変動で年々、後退しているそうです・・。

*********************************************

アンデルマットから憧れの「氷河特急」に乗ってツェルマットへ向かいます。
e0121128_10181576.jpg

特急とは言っても時速37km位で田園、渓谷や氷河などの絶景が続く中を走ります。
ガラス越しにカシャ!カシャ!とシャッターを押しまくりましたが光の反射でろくな写真は
ありませんでした。(苦笑)
そんな写真です・・↓
e0121128_10274537.jpg
ぶどう畑↓
e0121128_10275972.jpg
e0121128_1028103.jpg
天井から・・、窓越しから・・、たっぷりと紫外線が降り注ぎます。(怖)

氷河特急で買ったお土産のワイングラスです。↓
急勾配を走る列車でも倒れないように傾いたワイングラスです。
e0121128_1035187.jpg
昔は食堂車で使われていたそうです。
我が家での出番はなさそうですが記念のお土産です。

3時間ほどの(あっという間?)氷河特急の旅もツェルマットの駅で終わりです。
e0121128_10402314.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-07-23 10:43 | 小さな旅 | Comments(0)
2010年 07月 22日

クライネシャイデックからメンリッヒェンまでハイキング(3日目午後)

クライネ・シャイデックで白ソーセージの簡単なお昼をすませた後、メンリッヒェンまでの
ハイキングです。

「逆さに映っている!」という声に右手を見ると青い水をたたえた池にきれいな逆さアイガーが
映っています。
e0121128_10264630.jpg
青い空にアイガー、メンヒ、ユングフラウの山々がきれいです。
e0121128_1121455.jpg
e0121128_10301358.jpg
赤く見える花はアルペンローズです。
黄色や白の花の中で赤いアルペンローズの花がよく映えます。
ツツジ科のシャクナゲの仲間だそうです。
e0121128_10415017.jpg
かわいいお花が咲き乱れ、楽しいハイキングコースです。
e0121128_10433466.jpg
e0121128_10531752.jpg
e0121128_10533479.jpg
e0121128_105418.jpg
赤ちゃんを連れた外人さん、お年寄りの外人さん、犬を連れた外人さん・・
反対方向からの外人さんにたくさん出会いました。
「Hello!」「Hello!」
英語が全然だめな私ですが・・(涙・・)
「Hello!」「Hello!」だけは言えるようになりました。(笑)

楽しいハイキングでしたがメンリッヒェンのゴンドラの駅が見えてきました。↓
あと少しです・・
e0121128_10544750.jpg
e0121128_11255213.jpg
宿泊地グリンデルワルトの村が見えてきました。↓
ゴンドラに乗ってグルントの駅まで30分程の空中散歩です。
e0121128_1130287.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-07-22 11:37 | 小さな旅 | Comments(0)
2010年 07月 21日

アイガークレッチャーからハイキング(3日目)

今回のツアーでもっとも楽しみにしていたハイキングです。
現地の日本人の山岳ガイドさんといっしょにお花畑の中をハイキングします。
雄大なアルプスの山々を眺めながらご一緒にハイキングしましょう!
e0121128_1059786.jpg
ユングフラウヨッホに行くときに乗った赤い登山電車が走っています。
e0121128_1174155.jpg
e0121128_1114997.jpg
e0121128_1121141.jpg
e0121128_1124020.jpg
e0121128_11111268.jpg
ハイキングで出会ったお花達です。
e0121128_11152190.jpg
e0121128_11153537.jpg
e0121128_111547100.jpg
今年は5~6月に例年より寒かったため開花が遅れ、この時期一気に咲きそろったということで
たくさんのお花に出会えました。♪
ツアーの皆さんとご一緒のハイキングはクライネシャイデックまでの2.5km。
この後、メンリッヘンまでの4.5kmは自由ハイキングです。
昨年の大雪山系トムラウシ山でのツアーの遭難事故以来、添乗員さんの臨機応変なツアー計画の
変更は厳しくなり自由行動には「離団承諾書」にサインが必要です。
承諾書にサインをして白ソーセージの昼食後、歩き足りないツアー同行者とご一緒にメンリッヘンまで
ハイキングを続けます。
e0121128_11333340.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-07-21 11:38 | 小さな旅 | Comments(2)