青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 27日

生の木耳(きくらげ)

先日、宮崎の友人から電話がありました。
e0121128_159956.jpg「きくらげを採ってきたので送ります。
昨日のお昼に食べたけど死ななかったから大丈夫と思うよ~(笑)」

乾燥きくらげはたまに買うのですが生のきくらげはあまり見かけませんね~
(そう言えば先日、京都の錦市場を歩いている時、八百屋さんの店先で「生のきくらげ」を見かけました・・)
ネット調べてみると・・
「春から秋にかけて、広葉樹のニワトコ、ケヤキ
などの倒木や枯枝に発生する」とありました。
送ってくれたきくらげも枯枝に生えていたらしい
です・・。



さてさて、何に使おう・・?
ちょうど、ガラでとったスープがあったので卵にガラスープを加えてきくらげの細切りと
いっしょにふわふわのいり卵にしてみました。
きくらげのコリコリとふわふわ卵がいい感じ・・♪
生のきくらげは乾燥きくらげに比べるとかなりコリコリですね~

あとは毎年、春先に作る定番の「茎ワカメの佃煮」にたっぷり入れました。
いつもは乾燥きくらげを入れるのですが・・?
あとは・・
たっぷりのシメジ・椎茸を少々・私の好みで実山椒を入れます。
ベランダの山椒の木から小さな若芽が出てきました。
大好きな春の味です。♪
e0121128_15435545.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-03-27 15:45 | 手作りキッチン
2010年 03月 26日

居空間 RoCoCo [いくうかんロココ]

昨年の6月に阪急六甲駅の山手に主婦6人の夢をのせてオープンしたのが・・
居空間 RoCoCo 」[いくうかんロココ]
以前の私のブログでもご紹介させていただきました。
みなさんの「リビングルームのような空間」になって欲しいという願いは着々と実を結び
ながらRoCoCoの輪が広がっているようです。
単発で参加できる楽しいイベントやボランティア活動、週一回木曜日に開かれる「木曜カフェ」もあります。
また、お部屋には会員の皆さんの手作り品を置くスペースもあり、眺めるだけでも楽しい作品がたくさん並んでいます。

e0121128_061413.jpg
そんなRoCoCo の手作り品のスペースに私の拙い手作り品も置いて下さることになり、
作品持参と木曜カフェのお茶をいただく楽しみもあって行ってきました。

実は先日来、格闘していた草木染めのストール・・
RoCoCo の手作り品コーナーに置いて頂く為だったんですよ~(笑)
おかげで草木染めをたっぷり楽しませていただきました^^
こんなことでもなかったらとてもとても・・
こんなたくさんのストールを染めるなんてこと・・
出来ません・・(苦笑)

e0121128_23453999.jpg今日の「木曜カフェ」では
コーヒーと手作りのシフォンケーキをいただきました。
りんごジャムを練り込んで
焼いたシフォンケーキは
しっとりしていてとっても
おいしかったです。



楽しいイベントがいろいろありますのでお近くを通られたら立ち寄ってみてはいかがですか?
[PR]

by ikako-27 | 2010-03-26 00:13 | 暮らしのスクラップ
2010年 03月 25日

草木染め・・枇杷の葉

桜の次は枇杷の葉を煮出してみました。
e0121128_23362197.jpg
枇杷の葉は桜に比べると色の出るのも早く、色も濃いようです。

写真ではなかなか同じ色が出せないのですがびわの葉で染めたストールは
まさにあの「枇杷の色」・・
e0121128_23401267.jpg
①は最初の煮出した液で染めたもの。
液に浸けたストールはみるみる色を吸い取り枇杷色に染まっていきました。
ミョウバン媒染です。
一度煮出した枇杷の葉に水を入れて再び煮出した液で染めたストールはちょっと薄めの
みかん色・・。
鉄で媒染したものは草色がかった茶色に染まりました。

同じ色は二度と出ない、出せない・・
柿渋染めも同じです。
「出たとこ勝負・・、成り行き任せ・・」 (サイコロ賭博?笑)
[PR]

by ikako-27 | 2010-03-25 00:03 | 手作り
2010年 03月 22日

草木染め・・桜

「草木染めのピンク系のストールが欲しい」・・という注文をもらいました。
昨年の秋に見よう見まねで染めた栗の草木染めではきれいなピンクのスカーフが
染めあがりました。
栗はないし・・、今の季節でピンクに染まる草木は・・?

やっぱり思い浮かぶのは桜・・、ですよね~
ネットで調べてみると・・
結果はいろいろ、人さまざま・・です。

桜のピンクそのままのきれいな桜色に染まったものや・・
kikiさんのブログでは「団十郎茶?」とか「江戸茶?」と言われる江戸時代に流行した
赤系の茶色に染まったとか・・

さあ~、どんな色に染まるのか・・? お楽しみです。

友人宅の桜の木の根元から四方八方に伸びている細い枝をもらってきて煮出した
のですが・・?
いくら煮出しても色の変化はなく・・
だんだん不安になりながらも煮出すこと朝晩1時間ずつ二回・・。
3日目・・、少し水の色が赤みがかってきた・・。
4日目・・、ミョウバンで媒染したシルクのスカーフを入れてみる。
e0121128_23333974.jpg
桜色・・とまでは行かないけれどきれいなサーモンがかった色に染めあがりました。
e0121128_23342177.jpg

うれしい~~~♪
植物の不思議・・ですね。

鉄で媒染したものはグレーになりました。
折角の桜・・、やっぱり明るい色がいいですね。

このあと、ビワの葉も煮出してみました。
この一週間、ガスコンロの上は煮物の鍋に代わって染め物の鍋が占領しています・・(苦笑)
[PR]

by ikako-27 | 2010-03-22 23:44 | 手作り
2010年 03月 19日

備中白小豆

e0121128_12285829.jpg京都へ行ったときに必ず立ち寄る「錦市場」
その中でいつも覘くのがお豆のお店・・
みつ豆に入っている赤えんどうもここに行けば
売っています。

先日は「備中白小豆」が目に入り・・
面白半分で買ってきました。
色は大豆のような薄いクリーム色、大きさは
普通の小豆より小さそうです。
京都の高級和菓子店ではこの「備中白小豆」で
白あんを作るそうです。
あっさりして上品なお味とのことですが・・?
普通は流通量やお値段のこともあり
「白いんげん」で作るそうです。

e0121128_12404846.jpg「ぜんざいにしてもいいですよ~」
とのことなので・・
半分はぜんざいに・・、
あとの半分は白あんにしてみました。

出来あがったぜんざいを前に息子は・・
「なんだかイメージが狂っちゃうなぁ~」
「目をつむって食べたら普通のぜんざいや・・」
・・とか何とか言いながら食べてました。
「備中白小豆」の価値は・・?
わかりそうもありません(笑)
あっさりした「ぜんざい」です。

-------------------------


e0121128_23585684.jpg白あんはもち粉で作る簡単「いちご大福」に
なりました。
もち粉、160gに砂糖100g、水200ccを加え、
よく混ぜてからラップをかけず電子レンジで3分・・、
取り出して混ぜてからまた3分レンジにかけて
皮の出来上がりです。

手水をつけながら丸く伸ばし、白あんでくるんだ
いちごを入れて作りました。
赤いあんもおいしいけど白あんも合いますよ~♪
[PR]

by ikako-27 | 2010-03-19 12:55 | 手作りキッチン
2010年 03月 14日

河井寛次郎記念館

京都東山五条坂の「河井寛次郎記念館」を初めて訪れました。
アサヒビール大山崎山荘美術館でも河井寛次郎さんの作品の数々を拝見したことは
ありますが陶芸に関して全くの無知な人間です・・。
知識は抜きで、ただ単に好きか嫌いかの選択しか持ち合わせておらず・・(涙・・)

そんな私ですがこの「河井寛次郎記念館」はとても居心地のいい空間だったのです。
河井寛次郎さんの陶芸や木彫りの作品の数々、たくさんの残した言葉・・、
そして日々の生活を大事にしていたことが伝わってくるような素敵な空間がそこには
ありました・・。

あちこちに置かれた椅子のひとつひとつにも木のぬくもりが伝わってきます。
素材、形、座り心地・・、どれも大事だったのでしょうね~
e0121128_2350254.jpg

敷地の中に登り窯があります。
e0121128_02419.jpg
中庭には釉薬のかめが置かれ・・
e0121128_045948.jpg
招き猫も座っています。
e0121128_062560.jpg
訪れた人、それぞれに感じ方は違うでしょうが「来て良かった」と思うような気がします・・。
[PR]

by ikako-27 | 2010-03-14 00:12 | 小さな旅
2010年 03月 13日

京都ぶらりぶらり・・♪

「思い立ったら京都へ・・。 そして夕方には帰宅・・」
自宅から気軽に行ける近場の京都ですので、いつもはこんな京都行きなのですが・・

「京都に泊まって、てくてく散歩・・♪」
そんな京都二泊三日のぶらり旅をしてきました。
ただし・・、高級ホテルに泊まって「上げ膳据え膳」というわけではありません・・(笑)
細かい事情はさておいて・・(笑)

今回の京都は「寺院・仏閣見物一切なし・・」
入館したのは京都国立博物館↓の「ハプスブルグ展」と「河井寛次郎記念館」だけでした。
e0121128_16173088.jpg

あとは足の向くまま気の向くまま・・
路地裏を歩き・・
目にとまったお店をのぞいてみたり・・
e0121128_1841122.jpg
古い歴史の町、京都は何気ない路地裏も風情があって興味は尽きません・・。

イノダコーヒの本店でカツサンドを食べてみたいという願望も叶いました。
(おいしかったのですがお値段との兼ね合いもあり、もういいかな・・?苦笑)
e0121128_16322098.jpg

河井寛次郎記念館はおススメですよ~
今まで何度も京都には行っているのにどうしてここに行かなかったのでしょう・・?
そんなところでした・・。
記念館の写真は次回に・・
[PR]

by ikako-27 | 2010-03-13 16:42 | 小さな旅
2010年 03月 08日

春告魚・・いかなご

神戸に春の到来を告げてくれる「いかなご」
2月下旬にいかなご漁が解禁になって以来、お店の「いかなご」を横目で眺めながら
「そろそろ炊かないと・・」と気になっていました・・。
出始めの小さないかなごを上手に炊くいかなご作りのプロのような主婦もいらっしゃる
けれど・・
私の腕では自信がない・・
私好みの炊きやすい大きさというのがあるのです。

いかなごの大きさと共に気になるのはお値段・・
昨年は「いかなご狂騒曲」に踊らされましたね~(笑)
お値段は日を追うごとにうなぎのぼり・・
極端な不漁のため、めったにお姿を見ることもなく・・
やっとお目にかかっても庶民には手を出しにくい超高級魚?に・・

今年は順調に水揚げされているようです。
どこからともなく漂ってくる「いかなご」を炊く甘辛い醤油の香りに先日来、ソワソワして
おりました。
「今日は炊くぞ~!」と朝から気合を入れて・・

第一弾のいかなごを3kg炊いてちょっと「やれやれ・・!」です。
e0121128_2341362.jpg

いかなごを炊くときに少しだけ「釜揚げ」を作ります。
たっぷりの湯に塩を入れ、「いかなご」をパラパラと少しずつ入れザルにすくいあげます。
大根おろしとポン酢でいただくのが大好きです。
e0121128_23451735.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-03-08 23:53 | 手作りキッチン
2010年 03月 05日

保久良梅林の梅・・

みなさんのブログで楽しませていただいた梅もそろそろ終盤ですね~
岡本の小高い山、保久良梅林の梅はまだ咲いているようですので運動不足解消を兼ねて
歩いてきました。
岡本のおしゃれな住宅街を歩いていると見事に大きなミモザの木が目にとまりました・・。
e0121128_22513376.jpg
赤い煉瓦のお家に黄色いミモザが良く似合っています・・♪
e0121128_2252060.jpg
細かくした卵をのせた「ミモザサラダ」を思い浮かべますね~
別名「ミモザアカシア」だそうです。

小じんまりした梅林ですが保久良梅林の梅も見頃でした。
e0121128_2372498.jpg
e0121128_2374592.jpg
藪椿もたくさんあります・・
e0121128_23947.jpg
今日のこの暖かさは春への序章からもうすっかり春本番へ走り出しているようです・・
でもまだまだ油断は禁物のようですが・・(笑)
風邪も流行っているようです・・
[PR]

by ikako-27 | 2010-03-05 23:22 | 神戸とその近郊
2010年 03月 01日

金柑のフルーツケーキ

金柑をいただくと毎年作るのは「金柑の甘煮」と「金柑のジャム」・・
e0121128_17414033.jpg
何か他の料理は・・?
ということで・・

金柑を輪切りにして甘く煮てみました。
e0121128_1845256.jpg
この輪切りにした金柑をケーキの上にのせて焼いてみたかったのです・・。♪

子供が小さかったころは楽しんでいたお菓子作りでしたがお菓子作りからは
もうすっかり遠のいてしまい、作り方の手順もあやしい・・
昔、せっせとレシピを書きためた黄ばんだノートをひっぱり出してきた・・
ノートをめくり懐かしいレシピを見ながらしばしあの頃の思い出に浸る・・

その中からフルーツケーキのレシピを探し、適当にアレンジ・・
生地の中に金柑のジャムと刻んだくるみを入れ、上に輪切りの金柑をのせて
焼いてみました。
e0121128_1820147.jpg
輪切りの金柑がしっとりしていて口当たりがいいです・・♪
「輪切りの金柑の甘煮」を金柑のレシピに加えましょう・・。
[PR]

by ikako-27 | 2010-03-01 18:28 | 手作りキッチン