<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 28日

金柑の季節・・♪

今年も宮崎の友人から金柑が届く季節がやってきました。♪
今年、初めての金柑です。

まずはジャムにしましょう・・。
いつものように・・
洗って、湯通しして・・、半分に切ってから種を取り出し・・、刻む・・。
今年は半分の金柑ジャムにりんごのすり下ろしを加えて・・
「金柑とりんごのミックスジャム」にしてみました。
りんごがそれほど存在を主張せず、金柑とりんごで仲良しのおいしいジャムが出来ました。
e0121128_0243689.jpg


e0121128_029573.jpg年中、ジャムを作っているうちにジャムを入れる瓶も
不足してきて・・
笑われそうですけど、とうとう瓶まで大量に
購入してしまいました・・。。。
思っていたよりちょっと大きいかなぁ~?

出来あがったジャムをかばんに入れて・・
ちょっと出かけてきます。
[PR]

by ikako-27 | 2010-01-28 00:31 | 手作りキッチン
2010年 01月 24日

ちぢむシートを使って・・

「バッグの裏地にでも使ってくださいね・・♪」

以前に未使用の黒い着物地の巻きを頂きました。
裏地に使うにはもったいないし・・
黒い普通のバッグでは不祝儀用みたいだし・・
ちょっと遊び心のあるバッグが作りたいと・・
ず~っと布をながめては考えていました・・

柄物の和布を組み合わせたら?とか・・
裏地に派手な柄物を使ったら?とか・・
持ち手はパイピングコードを使って?とか・・

いろいろ考えたのですがもう一つ「これだ!」といういいデザインが浮かばず・・
とりあえず「ちぢむシート」を使ってバッグの一部を作ってみました。
不祝儀バッグにならないようにと・・
ビーズを刺してみました・・
柔らかな感じにしたいと・・
キルト綿を挟んで・・

裏地は黒では不祝儀バッグみたいなので・・
シルバーを使って・・

持ち手は・・?
本当は柔らかい持ち手が好きなのですが・・
木だったらカジュアルかな?と思い・・
木の持ち手にしてみました・・

出来あがりましたが・・
e0121128_1582520.jpg

やっぱりちょっと硬いですね~
中途半端な不祝儀バッグになってしまったかしら・・?

まだ布が残っているのでまた作ってみますね~
いいアイデアがありましたら頂きたいです・・♪
[PR]

by ikako-27 | 2010-01-24 15:30 | 手作り | Comments(14)
2010年 01月 19日

晩白柚のピールの途中経過報告・・

先日作って乾燥中の「晩白柚のピール」です。
e0121128_2222996.jpg

厚みがあって大きいので完全に乾燥させるには5~6日かかるようなのですが・・?
今日で4日目です・・
だいぶ乾燥が進んできました・・
毎日、乾燥具合が気になって眺めるのですがその度にお味見・・(笑)

このピールがおいしいのです・・♪
今日のピールは半生ピールでしょうか・・?
これはこれで柑橘系のjellyみたいでおいしい・・!
完全に乾燥する頃にはお腹の中に入ってしまいそう・・?(苦笑)

晩白柚のピール、お勧めですよ~
今までにも何回か晩白柚を頂いたことがあるのですが中身だけをいただいて
皮は捨てていました・・。。。
もったいないことをしました・・(涙・・)
[PR]

by ikako-27 | 2010-01-19 23:17 | 手作りキッチン | Comments(6)
2010年 01月 18日

アイデアをいただいて・・

先日、和布で作った「カードケース
カードとか・・、通帳とか・・、メモ帳とか・・「何でも入れケース」ですが皆さんの
アイデアをいただいて留め具を付けたケースを作ってみました。
「くるみボタンと布ループ」「つのボタン」・・
二つのアイデアをいただいたので両方、作ってみました。
e0121128_16501656.jpg

「布ループ」ってひっくり返すのが難しそうで作ったことがなかったのですが
簡単にひっくり返るのですね~♪
太いループを作ってバッグの持ち手にするのものもいいな~と思いました。
「つのボタン」・・これは本来の「つのボタン」ではありませんが家にあった
それらしき形の部品で代用です。
e0121128_16505153.jpg
e0121128_1722476.jpg
さっそく、バッグの中に入れて持ち歩いています。
[PR]

by ikako-27 | 2010-01-18 17:15 | 手作り | Comments(6)
2010年 01月 17日

1997年1月17日5時46分52秒・・

あの忘れられない朝からもう15年の歳月が流れたのですね・・
あれからもいくつもの大きな地震が世界中で起こっています・・
つい先日もハイチで大きな地震が起き、今、この時も救助の手が差し伸べられるのを
待っているたくさんの人がいます・・
とても他人ごととは思えません・・
映像を通して地震で崩れ去った建物の残骸を目にするとやはりあの時の神戸の街を
思い出します・・

突き上げるような揺れのあと・・
観音開きの食器棚の扉から飛び出してきた食器類が床に落ちた時の「ガチャ~ン!!!
という音が今も頭の片隅に残っています・・

ピアノの足のキャスターは台から飛び出し1メートルほど滑走し・・
テレビは台から転げ落ち・・
前の晩、よりによってばかデカイお鍋で大量に作った煮込みうどんは鍋ごと床に
ダイビング!・・
キッチンの床ではうどんが泳ぎ・・
北陸の方からいただいて冷蔵庫に入れてあったたくさんの「イカの墨づくり」は
開いた扉から飛び出して・・
これも飛び出した冷蔵庫の引き出しにすっぽり飛び込んで引き出しは真っ黒い墨の海・・
笑い話のような本当の話です・・(笑)
次から次へと走馬灯のように思い出す出来事は当時も今も夢の中のことのようです・・

不自由なこともいっぱいあった震災後の生活でしたが、皆さんからいただいた温かい
親切とともに忘れることの出来ない人生のひとこまです。
この日はあの震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに健康で生活できることに
感謝する日でもあります。

e0121128_23131853.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-01-17 00:21 | 暮らしのスクラップ
2010年 01月 16日

大きなゝ晩白柚・・

e0121128_14542859.jpg晩白柚(ばんぺいゆ)をいただきました。
熊本の八代名産です。
とっても大きいです!
赤ちゃんの頭くらいありそうです・・!

晩白柚の名前の由来は・・?
晩(晩生※熟期が遅い)・白(果肉が白っぽい)
柚(中国語で丸い柑橘という意味)だそうです。

味は文旦のような・・?グレープフルーツの
ような・・?爽やかな上品なお味です。
でも二袋も食べたらもう十分というくらい
大きいのです。

実が大きければ皮も厚いです。
この皮でピールを作ってみようと思います。
作り方を探すと・・?
どれも表皮は苦みが強いので削って白い部分だけを砂糖漬けにすると書いてあるの
ですが・・?
婦人の友社の料理本では表皮も使っていましたのでこちらを選択・・

1センチほどに切った皮をミョウバン小さじ2を入れた水で2回ほど湯がいた後、
12時間ほど水にさらします。
水気を絞って鍋に入れ、ひた人の水に皮の半分程の重さの砂糖を入れ弱火で
水がなくなるまで煮ます。
だいぶ時間がかかりました・・。
e0121128_14545780.jpg

冷めたらグラニュー糖をまぶして5~6日乾かすそうです・・。
さて・・?どんなピールが出来ますか・・?
[PR]

by ikako-27 | 2010-01-16 14:59 | 手作りキッチン | Comments(6)
2010年 01月 14日

地域医療・・

昨日、今日と寒かったですね~
ベランダに置いてあったバケツの水が凍ってました・・
今日の神戸の最低気温は-0.9℃だったそうです。
北国の方には笑われそうですが日頃生ぬるい空気を吸っている身にはかなり
こたえる寒さです・・。。。

リビングでつけっ放しになっていたテレビから「西脇の・・」という声が聞こえて
きました・・
先日、「へその湯」を目指して初めて行った「西脇」です。
残念ながら臨時休館日で「へその湯」の温泉に入る楽しみは実現しませんでしたが
西脇の町をぶらりぶらり、楽しんで帰ってきたのでした。

そんな西脇の町ですが一度ご縁が出来ると・・
(ご縁というほどの大げさなものではありませんが・・笑)
テレビから聞こえてくる「西脇・・」という言葉にぱっと反応するものなのですね。

西脇の町が紹介されていたのはこの町の市民病院に対する住民の対応でした。
「小児科医がなかなか来てくれない・・」「婦人科がない・・」
そんな悩みを持った地域がたくさんあるそうですが・・?
この町もご多分にもれず小児科医不足・・。

危機感を持った若いお母さんたちが市民病院の小児科を守るために立ち上がり、
「私たちも病院に対する意識を変えないといけないのではないだろうか・・?」と
勉強会を開いたり、署名運動をしたり・・
そんなお母さんたちの意識が徐々に地域の住民にも浸透し・・
病院は私たちの宝です
・・と胸を張って言う住民たち。
開業医も日曜診療の手助けをしたり、商店街の店主も売り上げの一部を病院に赴任してくる
新任の先生の支度金に・・と協力したりとみんなが病院の方を向いているのですね。

ここの小児科にこの春、また新しい先生が赴任してくるそうです。
その先生は以前にこの病院で研修した先生だそうです。
住民の心が先生の心にも通じたのでしょうね。♪

そこで紹介された市民病院の院長先生・・
「あれ?、〇〇先生だ~!先生が若いころ(仕事で)いろいろお世話になったなぁ~・・」
・・と一緒に見ていた夫。
懐かしそうでした・・

また、西脇の町に親近感が湧いてきました・・。
ぜひ、もう一度「へその湯」に再チャレンジしたいものです。

花の少ない寒い公園の片隅で寒アヤメが元気に咲いています。
e0121128_16151276.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2010-01-14 16:21 | 暮らしのスクラップ | Comments(6)
2010年 01月 10日

古布をながめながら・・♪

昨年は友人たちから・・
「身辺整理よ~(笑)」なんて冗談を言いながら古い着物や反物、着物の残り布などを
たくさんいただきました。
本当は私の方がたくさんの布の整理をしないといけないんですけどね~(笑)

いただいた着物をほどきながら和裁の手縫いの技術に感心したり・・
ほどいた着物を洗ったり・・
アイロンをかけたり・・
そんな時間を楽しんでいます・・。

布地をながめながら・・
「これは何にしよう・・?」
「これとこれを合わせたら・・?」
「袋にしたらどうかしら・・?」
e0121128_12181531.jpg
いろいろ妄想?するだけでちっとも形になりません・・。

年が明けてから・・
試作品第一号が出来ました。
e0121128_12222932.jpg

カードや通帳などちょっとした小物を入れるのにどうでしょうか?
kikiさんが作っていた名刺入れからヒントを貰って・・
e0121128_1226029.jpg
ハンカチとかティッシュを入れようか・・?
メモ帳を入れておこうか・・?
留め具をつけた方がいいかしら・・?
いろいろ楽しく悩んでいます・・。。。

いいアイデアはありませんか~?
[PR]

by ikako-27 | 2010-01-10 12:31 | 手作り | Comments(14)
2010年 01月 08日

ぶらり西脇・・

「へその湯」へ行きましょう・・!」というお誘いをいただいて西脇へ向かいました。
「へそ」というのは東経135°と日本の南北を横切る北緯35°の交差地点で
西脇は日本の中心地点・・「日本のへそ」が売り物です。

久しぶりの温泉を楽しみに「へその湯」へ着いたのですが残念ながら「臨時休館」
さてどうしよう・・?
温泉に入るのが目的だったため西脇の知識は全くなし・・
せいぜい、マラソンで有名な西脇工業高校の名前を知っていることと、横尾忠則氏の
出身地だったような・・?位の知識・・
とりあえず近くの「道の駅」に寄り情報を収集。

西脇は「播州織」で栄えた織物の町だったのです。
今ではドルショック、オイルショック、開発途上国の技術力向上、円高などで厳しい現状
のようですがかつては織物の町として繁栄した時代があったようです。
第二次大戦後には織機が一度「ガチャ!」と音がしたら一万円もうかると言われた
「ガチャマン景気」と呼ばれるほどの空前の好況もあったとか・・?

そんな歴史を感じる街並みです。
大正から昭和にかけての当時の繁栄を物語るようなたたずまいが残っています。
e0121128_234291.jpg

写真、右下の「のこぎり屋根」は織物工場をそのまま使った「播州織工芸館」です。
播州織の特徴は糸を先に染め、染めあがった糸で柄を織る「先染織物」なのだそうです。
国内先染織物の70%以上のシェアがあるそうで特にワイシャツの生地などが多いようです。

最近では神戸にある「神戸芸術工科大学」と連携して新しいデザインの開発にも取り組んで
いるそうです。
おしゃれな袋ものなども置いてありました。
e0121128_23585078.jpg

今日の目的の温泉はどうなったか・・?
道の駅で教えてもらった滝野温泉「ぽかぽ」で体の芯まで温まって帰りました。
温泉付き小さな観光旅行をしたような一日でした・・♪
[PR]

by ikako-27 | 2010-01-08 00:10 | 神戸とその近郊 | Comments(8)
2010年 01月 06日

ヘンシ~ン!

おせち料理は完売しましたか・・?
我が家は控えめに作りましたので順調に消化しつつあります・・
例年、お煮しめがいつまでも残り、お煮しめのタケノコやレンコンが天ぷらになったり、
小さく切ったお煮しめがちらし寿司の具になったり・・ということもありましたが
今年は悩むほどのこともなく、かまぼこ少々を残すのみとなりました。

e0121128_2346359.jpgわずかに残った黒豆は“たねや”の「十五豆」を真似て
黒砂糖の寒天に入れてみました。
この黒砂糖の寒天は素朴なお味で好きなのですが
柔らかく炊いた黒豆を入れたのもおいしかったですよ。
ただ、寒天を切るときに黒豆が切りにくく、飛び出すおそれがありますので
小さな容器に一つづつ固めたほうが良さそうですね~
言うまでもありませんが・・
「たねや」さんにはかないません・・(笑)


もうひとつのヘンシンは里芋の煮物・・こんなお芋をいただきました。↓
エビイモというのでしょうか・・?里芋?小芋?
名前はわかりませんがホクホクとしたおいしいお芋です。

e0121128_0111713.jpge0121128_0144918.jpg薄味で煮たこのお芋に
片栗粉をまぶして油で
揚げてみました。
カリッとするように二度揚げしました。
外側はこんがりきつね色・・
塩を少々振ってもいいかもしれません。
初めて口にした「エビイモのから揚げ」です。
[PR]

by ikako-27 | 2010-01-06 00:20 | 手作りキッチン | Comments(6)