<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 29日

今年もかわいいカルガモの親子が・・♪

柿渋染めの展示会を前にして日頃の付けが回ってきて・・。
大したことはしていないものの何となくこのところ気分的に余裕がなく、ゆっくり住吉川を
散歩することもありませんでした・・。。。
かわいいカルガモの親子を見たのは・・去年は6月の上旬でした。
そろそろかな~?と思っていたところ・・
友人からメールが届きました。
かわいいカルガモの親子の写真が添付されていました。
e0121128_22404175.jpg
今年も無事、雛が孵ったのですね~
まだこの目で確かめていません。
作品展が終わったらゆっくり会いに行きますね~

今日は柿渋染めの作品展の作品搬入日でした。
大作ぞろいで「ガガ~ン!」と打ちのめされました・・。。。
来年こそは・・!!!
~と今年もまた思うのでした・・(汗)
数だけは並べてきましたよ~(苦笑)
ブログを見て下さっている皆さんにはおなじみの「ブックカバー」もね・・。
e0121128_22541796.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2009-05-29 23:44 | 住吉川散策 | Comments(8)
2009年 05月 28日

作品作り・・

作品展が間近に迫ってきました。
気持とは裏腹に現実はなかなか・・です。

いつもの常套手段は・・???
ブログでは見ていただいたけれど作品展には出していない在庫に助けを求める・・。(苦笑)

作品の一つはガーゼを染めて・・
「柿渋染め・色いろいろ・・」
といった感じでストールを並べようと思っています。
e0121128_10165488.jpg

基本的には柿渋色ではありますが・・
柿渋液の量、媒染剤、太陽の当たり具合等々、さまざまな色具合、染まり具合の変化で
ちょっと面白いかな~と思っています。

二つと同じ柄、色はありません。
柿渋染め・色見本」のようではありませんか・・?
ガーゼの肌触りがよくてこれからの季節に重宝しそうなストールだと思いますよ。

ショールの他にはブックカバーをいろいろ並べようと思っています。
これもブログを見て下さった方しか知りませんから・・(笑)
いろいろな柄を染めました。
作品としてはまだまだ難があり、反省点がいっぱいです。
裏地をもう少し薄くした方が・・?
裏の縫い代を控えて布が浮かないように・・?etc・・・

明日の作品搬入に向け、今日もこれから家事を放り出してミシンを踏みます・・。(苦笑)
[PR]

by ikako-27 | 2009-05-28 10:27 | 柿渋染め | Comments(16)
2009年 05月 26日

金柑酒がいい感じ・・♪

今年の二月に初めて漬けてみた「金柑酒、ラッキョウ風味添え・・」(笑)

e0121128_12223878.jpg漬けこんだ金柑を取り出し、
金柑酒を飲み始めています。
ラッキョウの風味は幸か?
不幸か?(笑)消えています・・。
初めて口にする「金柑酒」、
程良い甘さと金柑の風味で
なかなかいい感じのお酒に
なりました。



e0121128_12261595.jpg

e0121128_1246274.jpg先日の宮崎旅行の際、金柑酒を試飲する機会が
ありました。
(金柑は宮崎の名産です。)
一口飲んでの感想・・
「あッ!これうちの金柑酒とおんなじ味じゃない~!」
ちょっとうれしい試飲の味でした・・。
もちろん「お買い上げ」はありませんでした・・。(笑)

お店では青梅とラッキョウが
目に付くようになりました。
今年の梅酒はどうしよう・・?
ラッキョウ漬けはどうしよう・・?

このところ何だか気ぜわしい毎日の中、
煩雑な作業を思い浮かべながら
食い気と天秤棒にかけながら
青梅とラッキョウを眺めています。

ベランダのマルベリーとブルーベリーです。
e0121128_12401024.jpg
e0121128_12402281.jpg
マルベリーの黒い実は熟してそろそろ採り頃ですね。
ブルーベリーはまだ青々して若い・・
楽しそうな歌声が聞こえてきそうです・・♪
[PR]

by ikako-27 | 2009-05-26 12:44 | 手作りキッチン | Comments(2)
2009年 05月 24日

山椒の実が出始めた・・

大好きな山椒の実が出始めました。
この季節、山椒の実を買いもとめ、下処理をして冷凍保存します。
ちりめん山椒はもちろん、佃煮にして鰻にのせたり・・、魚の煮つけに使ったり・・、
来年の春のいかなごのくぎ煮に使ったりと重宝します。
去年は買い時を逃し、煮ても焼いても(?)硬い山椒だったので今年は出始めたらすぐに
買おうと出回るのを待ち構えていました。
e0121128_20391155.jpg
大きな箱を一箱買いましたが枝をとる作業が大変です。
夫の手も動員して枝から実をとる作業です。
どんな手でも手はたくさんが
うれしい・・!
細かいことには目をつぶって・・
余計な口出しはせず・・
実に小枝が付いていますが
おかげでいつもより早く作業は終わりました。

e0121128_20445295.jpg

この山椒を洗って半日ほど水に漬けておきます。(ときどき水を変えながら)
ざるにあげたあと、塩を加えた湯で二回茹でました。
二回茹でてもまだ山椒のあのびりびりする食感はかなり残っていますので大丈夫です。

茹でている間、家じゅう、山椒の強烈な香りが充満しますので山椒が苦手な人には
たまらない臭いでしょうね~
換気扇を「」にしました。

茹であがった山椒は冷ましたあと、今日使う分を残して冷凍室へ・・

まずはちりめん山椒と佃煮で楽しみました。
どちらもご飯が進み過ぎるのがねぇ~・・ ^^;
e0121128_23173253.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2009-05-24 23:24 | 手作りキッチン | Comments(18)
2009年 05月 22日

宮崎の旅③ 

楽しかった宮崎の旅も最後の日です。
飛行機の出発まで時間があったのでどうしましょうか・・?

恥ずかしながらミーハー族の一人となって「宮崎県庁」を覗いてきました。
e0121128_22373313.jpg

日本で4番目に古い庁舎だそうです。
「ようこそ宮崎県庁へ」という案内のパンフレットをいただき、中へ・・
玄関ロビーです。↓
e0121128_22375712.jpg

古い石を使った手すり部分にはあちこちに化石が見られます。
平日は見学自由・・。
仕事中、いつも誰かに見られているのも大変ですね~
東国原知事の定例記者会見があるとのことで知事室の前には報道記者が待ち受けて
いました。

庁舎の向かい側のビルには県の物産館があり、お土産を買う観光客で賑わっていましたよ。
私の前に並んだ方は地鳥やきとりの袋を何十袋も買って7万いくらかを支払っていました。
びっくり!

宮崎はかなり潤っているかと思ったのですがタクシーの運転手さんは・・
「我々には何の恩恵もありませんよ~」とぼやいていました・・。。。

宮崎はタクシーの運転手さんをはじめ、皆さんとても親切でした。
宮崎のおいしい食べ物とお土産を宣伝させていただきましょう・・!

宮崎にはおいしいものがたくさんあると思うのですが私が味わったのはそのほんの
一部です・・。
e0121128_22431384.jpg
鶏のもも焼きは歯ごたえがあって美味しかったですよ~!
伊勢海老というと三重県が有名ですが宮崎も伊勢海老がたくさん獲れるそうです。
伊勢海老のお味噌汁がいいお出汁がでていておいしかったです。
とり南蛮というのは揚げた鶏にタルタルソースがたっぷりかかっています。
冷や汁も宮崎名物です。
ちょっと濃いめの胡麻味の冷たい味噌汁にきゅうり、青シソが入っています。
麦ごはんにかけて食べます。

道の駅、県の物産館、空港、ホテル・・
寄るたびに荷物が増えていきます・・。。。
これも旅の楽しみの一つですね。
e0121128_2394125.jpg


東国原知事になって以来、宮崎の名産品がいろいろ有名になりましたが最近は
「肉まき」が人気だそうです。
俵型のおにぎりに醤油味のたれに漬け込んだ豚肉を巻き、オーブンで焼いたものです。
テレビの番組が人気の火付け役のようですよ~

空港では花畑牧場のあの「生・・・・」が売ってました。
マンゴー味です。

本物のマンゴーは見るだけ・・。。。(笑)
e0121128_232431.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2009-05-22 23:14 | 小さな旅 | Comments(12)
2009年 05月 21日

宮崎の旅②・・飫肥(おび)から西都原へ

宮崎の旅、二日目は宮崎の小京都「飫肥」へ向かいます。
日南の海岸線を離れ、飫肥への道はずっと杉木立の山々に囲まれています。
e0121128_15274923.jpg

飫肥は天正16年(1588)から明治初期までの280年間飫肥藩・伊東氏の5万1千石の
城下町として栄えたところだそうです。
飫肥城大手門です。↓
e0121128_1534090.jpg
水路には鯉が泳ぎ・・
e0121128_15352775.jpg
古い石垣から伸びているベゴニアの花がかわいいです・・。
e0121128_15364253.jpg
本町商人通りは古い町並みの雰囲気を残したお店が続いています。
e0121128_15414443.jpg
ここで飫肥城下町「食べ歩き・町歩き」MAPを1000円で買うと、資料館や飫肥城跡、
小村寿太郎生家、藩校などの共通入館料と町のお店の名物を食べることが出来る
5枚の引換券が付いています。
e0121128_15574421.jpg
これを持って何を食べようかとうろつくのも楽しいですよ~
食べたものは日向夏の餡が入った「寿太郎巻」、醤油味の「串団子」、殿様の食べた卵焼き「飫肥の厚焼」、昔ながらの「姫アイス」、お腹がいっぱいになったのでもう一枚は「長寿箸」と引き換えました。
e0121128_155633100.jpg

お殿様が好きな卵焼きは甘くて柔らかいプリンのような食感の卵焼きでしたよ~

この後は西都原古墳群へ向かいます。

東西2.6km、南北4.2kmの広大な土地にさまざまな形の311基の古墳が点在しています。
緑いっぱいの丘陵地でどこにカメラを向けても絵になりそうな風景です。
e0121128_17254142.jpg
e0121128_17255760.jpg
e0121128_17261392.jpg
e0121128_17262454.jpg
タバコやお茶の畑もありました。
e0121128_17342113.jpg
初めて見るタバコ畑です。 ↑
古墳が目に焼き付いて小高いこんもりした草原を見るとみんな古墳に見えてきます。(笑)
[PR]

by ikako-27 | 2009-05-21 17:47 | 小さな旅 | Comments(7)
2009年 05月 20日

日向の国・・宮崎へ ①

神戸が新型インフルエンザで大騒ぎになったとき、神戸の住人の我々夫婦はマスクをして
伊丹空港へと向かったのでした。
夫の学生時代からの友人3夫婦が久しぶりに宮崎で出会う旅です。
宮崎空港では30度の温風とパームツリー、フェニックス、ブーゲンビリアの花々など、
南国情緒たっぷりの歓迎を受けました。
一日目は宮崎県の最南端、都井岬に向かって海岸線を走りました。
青島の「鬼の洗濯岩(洗濯板)」が有名ですが南郷に向かってずっと「鬼の洗濯岩」が続いています。↓
e0121128_156065.jpg
日南海岸の景勝地「南郷」では南国の花がいろいろ咲いていました。
デイゴ ↓
e0121128_1511493.jpg
デイゴ 
e0121128_1511172.jpg
ブーゲンビリア ↓
e0121128_1511356.jpg
ハイビスカス ↓
e0121128_15115022.jpg
海水で芋を洗って食べる猿が生息する「幸島」を眺めながら30分ほど走ると野生馬の
生息地、「都井岬」が近づいてきます。
江戸時代に高鍋藩が「藩馬」を育てるために放牧したもので当時からほとんど人手が
加えられずに野生に近い状態で繁殖を繰り返したそうです。
日本の在来種で「御崎馬」と呼ばれ天然記念物になっています。
自然の生態系を崩さないために餌は与えないそうです。

「駒止の門」で囲まれた広大ないくつもの丘の上でのんびりと草を食んでいる馬の姿が
見られます。
この春に誕生したかわいらしい子馬(春駒)や道路を闊歩している親子馬もいましたよ。
ここでは車より馬が最優先の世界です。
e0121128_15324266.jpg
e0121128_1533732.jpg
e0121128_15362267.jpg

こんな南国情緒たっぷりな宮崎ですが昔からの懐かしい日本の風景もたくさん残っています・・。。。
続く・・
[PR]

by ikako-27 | 2009-05-20 15:40 | 小さな旅 | Comments(10)
2009年 05月 15日

新緑の季節・・♪

今日はいいお天気で湿度が低いので吹く風が肌にさわやかです。
北海道の夏はこんな爽やかな感じなのかな~♪

いつも歩く、住吉川沿いの松並木の歩道です。
e0121128_1559864.jpg

石で囲ったそばに一本の割りばしが立っているのが目に入りました。
子供が昆虫のお墓でも作ってあげたのかしら・・?
・・と思って近づくと、
割りばしには「カリンの木」と書いてありました。
e0121128_1644291.jpg

こんな草っぱらの中からカリンの芽を見つけるなんてすご~い!
周りの草を抜いてありました。
この道を歩くたびにカリンの成長が気になりそうです・・。

この季節、新緑が本当にきれいですね!
木々の成長が目に見えます!
ぐんぐん伸びた芽には生命力がみなぎっていますね!

松も元気!
e0121128_16121134.jpg

ローズマリーもお行儀よく並んで伸びています。
e0121128_1614794.jpg

オリーブの枝も空に向かって元気に枝を伸ばし・・
e0121128_16184133.jpg

イチョウの葉はこんなところからも芽を出し・・
e0121128_16301065.jpg

緑の大きな手に抱かれてアジサイの花芽が少しづつ大きくなっています・・。
e0121128_16224393.jpg

元気な植物からエネルギーをちょっと貰えそうです・・。
[PR]

by ikako-27 | 2009-05-15 16:34 | Comments(14)
2009年 05月 14日

柿渋染めの型染め・・

しばらく柿渋染めに浸ろう・・とブログのことは考えないように3~4日過ごしていました。
ブログを綴るようになってから不思議なもので自分でも気がつかないうちに四方八方に
アンテナを張り巡らせながら暮らしていたのでしょうね~
アンテナを折りたたんだこの間、ブログのネタはなにも転がっていませんでした。(笑)

型染めをするために布を洗ったり(布地に糊が残っていると染めむらが出来たりするので・・)、
布に図案を染め抜くときに柿渋液がにじんでしまわないように「地入れ」という処理もしなくてはなりません。
大豆を搾った豆汁が知られていますが牛乳で代用しています。
牛乳を薄めた液を布に刷毛で塗ったあと、乾かして2~3日、待ちます。

この布に型紙をのせ、のりを置き・・、
糊が乾いたら薄めた柿渋液を刷毛で塗って・・
乾かし・・
染め・・
乾かし・・
染め・・
・・を何回か繰り返し・・
この後も媒染・・
糊落とし・・
・・・・・・・・・・・・・・

・・とすべての工程を終えて出来上がったものが◎とはいかなくても〇か△だったらいいのですが×××・・なんていうことも度々で・・(こんな時はがっかり!)

今日はこんな型を彫りました。
e0121128_011582.jpg

面倒でした~
編み物をする時に「あと一段、あと一段・・」と編むように「あと一つ、あと一つ・・」と丸を彫って行きました。
染めてみたら全然良くなくて、一度しか使わなかった型がたくさん溜まっています・・。(涙)
この型の行く末は・・?

ベランダも一年で一番、カラフルな時期です。
e0121128_018199.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2009-05-14 00:21 | 柿渋染め | Comments(8)
2009年 05月 09日

そろそろ動きださないと・・

5月30日(土)、31日(日)に寺田昌道先生の主宰している柿渋クラフト教室の皆さんの
「柿渋クラフト研究会作品展」があります。

「まだまだ先のこと・・」と思っていましたがその日はあっという間にやって来そう~・・
毎年のことながら準備不足で今頃になって慌てている次第です・・。
ギリギリ切羽詰まらないと動き出さない性格はこの歳になっても相変わらずで・・
そんな私ですが今月は途中、旅行の予定なども入っており、そろそろ動き出さざるを
得ない状況となって参りました・・。。。(苦笑)
突貫工事・・、ならぬ「突貫制作」?です。
これから染める予定の布・・、とりあえず染めた布・糸、それらと一緒にしばらく悩みながら
ひきこもり生活になりそうです。
e0121128_14375457.jpg

どうなりますことやら・・???
[PR]

by ikako-27 | 2009-05-09 15:16 | 柿渋染め | Comments(14)