青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

おふくろの味“酒まんじゅう”

大分からの小荷物の中に「酒まんじゅう」が入っていました。
夫の大好物です。
e0121128_23584175.jpg

夫の田舎では昔からどこのお宅でもこの「酒まんじゅう」を手作りします。
形はこちらの「あんまん」に似たようなものなのですが米麹を発酵させた“酒の種”が入った
おいしいおまんじゅうです。
田舎へ行くとまずこの「酒まんじゅう」の山盛りに出迎えられます。
一年中、何かというとこの「酒まんじゅう」を作るようですね。
実家へ行っても義姉のところへ行っても義妹のところへ行ってもテーブルの上にはこの
「酒まんじゅう」の山があります。
一晩泊って次の朝、「おはようございます」と茶の間に行くとテーブルの上には又、
「酒まんじゅう」の山と差し出されたお茶があります。
この「酒まんじゅう」と「お茶」の儀式?が済むと朝食です。
かなりお腹に応える朝食ではありますがどこかに無事おさまってしまうのです。(笑)

大分へ行くと「道の駅」や「農産物の直売所」などでもきっとこの「酒まんじゅう」が目に入ると思いますよ。
そのくらい地元に溶け込んだ「おふくろの味」です。
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-30 00:24 | 暮らしのスクラップ
2008年 06月 29日

書くことがないので・・

この一年間、私の浅い引き出しから毎日のブログのネタを引っ張り出して書き綴っている内に
そろそろブログのネタも無くなってきました(笑)
芸能人なら「しばらくお休みして充電したいと思いま~す」なんて言えばいいのでしょうが・・。
ワタシハ有名人じゃないから「そのまま引っ込んでいろ!」なんて言われそうですね。。。
まあ~、「今日は顔を洗うのも忘れちゃったわ~」くらいの気持ちでのんびり行きましょう。。。
更新がない日は「今日はブログのネタ切れだナ!」と思ってくださいね(笑)

今日はほんとにネタがないので以前撮った写真でお茶を濁します。

坂の町神戸・・。
JR元町駅の西口から北に向かって歩いて行くとこんな立て札がいくつも目に付きます。
e0121128_09229.jpg

自然にさりげなくお手伝いするのはなかなか難しいことですね。
奥に見えるのは「兵庫県公館」です。

毎週土曜日に公開しています。
大きな会議室です。↓
e0121128_01358100.jpg

この広い部屋のシャンデリアは兵庫県の県花「野地菊」をデザインしたものだそうです。
絨毯にも同じ「野地菊」がデザインされています。↓
e0121128_0341528.jpg

兵庫県の各地の名産品の紹介や兵庫県が輩出した有名人、外国からのお土産の品々など
展示品も色々ありますので一度、訪れて見てはいかがですか?
そういう私も今年初めて中に入りました。
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-29 00:40 | 神戸とその近郊
2008年 06月 28日

布ぞうりの編み方

住んでいるマンションの住民の親睦を兼ねて「布ぞうりを編んでみませんか?」という
一日講習会をすることになりました。
どこで誰に漏れたのか私が布ぞうりを編んだことがあるというだけで
「教えてもらえないかしら?」と言われ
「私も本を頼りにしか編めませんがそれで良かったらみんなで編みましょうか?」
ということになりました。

お誘いの案内を作り・・、申込書を作り・・、申し込んだ人への当日までに準備する材料の
説明書をつくり・・とお世話係の方は大変です。

材料の準備の説明の書き方を巡って苦労しました。
「布地は何センチ幅に切ったらいいんですか?」
「布地の厚さによっても変わってくるし・・。6cmとか7cmとか適当でいいんだけど・・。」
「適当は困ります!」「長さは何センチに切ってきたらいいんですか?」
「何センチでもいいんだけど・・。布の長さによっても違うし・・。あんまり長すぎても編みにくいし短すぎても接ぐ回数が増えるし・・。適当でいいんだけど・・。」
「適当は困ります!」「何本ぐらい切ってきたらいいんですか?」
「長さによっても違ってくるし・・。適当でいいんだけど・・。布地が2m位あれば1足は出来るんだけど・・。」
「適当は困ります!」「わかっている人には適当でわかるかもしれないですけど全然わからない人には適当ではわかりません!」

確かに・・!お料理でも何でも 「適当に・・」で済ます癖がついているのではっきりきちんと
正確に伝えるのは難しい・・!

20年前の薄汚れた籐に柿渋液を塗ってみました。
もう一度再登板出来そうです。
e0121128_0555453.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2008-06-28 00:57 | 手作り
2008年 06月 27日

ブルーベリーが色づいてきました

e0121128_0162888.jpgベランダのブルーベリーが色づき始めると
「ヒヨドリ」は決して見逃しません。
黙っていればわからないものを
「ヒーヨ!ヒーヨ」と甲高い声を出すので
ベランダをのぞくとくちばしを精一杯広げて
大きなブルーベリーをくわえています。
ヒヨドリは招かれざる客なのですがくちばしを大きく広げてブルーベリーをくわえた姿が
何とも絵になる姿で・・
これはスクープ写真を一枚と思い、
「どうぞご自由にお食べください」と
ヒヨドリを待つのですがヒヨドリがブルーベリーを食べる速さにはカメラはとても追いつかず
ガラス越しのピンボケ写真しか撮れませんでした。

先日、家の近所のお店の前でかごに入った「ヒヨドリ」を見かけました。
雛の時に店主に拾われたようです。
張り紙があり「・・・・・インコと一緒に育ったからでしょうか・・?おしゃべりです・・・・」というようなことが書かれていました。
みんな隠れた才能を持ってこの世に生まれてきているのですね。
それが上手に引き出されるか否かは・・??? 一番は環境ですか???
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-27 00:22 | ベランダガーデン
2008年 06月 26日

きんぴらごぼうの天ぷら

冷蔵庫の中にはほぼ、いつもきんぴらごぼうが入っています。
e0121128_13441791.jpgお弁当のおかずにも便利ですし、食事のプラス一品にもお助け常備菜です。

2本入りのゴボウを買ってきたときは2本と
にんじん一本でかなりの量のきんぴらごぼうが
出来ます。
このきんぴらごぼうを使って天ぷらにすると
また別のおかずが出来て便利ですよ。
いつもの天ぷらより少し硬めの天ぷらの衣に
砂糖としょう油を少々加え、衣に味をつけてからきんぴらごぼうをかき揚げふうに揚げます。
天ぷらのかき揚げの時より衣をしっかりつけた方がおいしいです。
練り製品でごぼう入りの一口おつまみのような商品が売られていますがあんな感じです。
お弁当に入れてもいいしビールのつまみにも
いいですよ。

生のごぼうを使って作ったものもおいしいです。
ゴボウを適当な長さに切って太めのごぼうだったら6つ割にします。
同じような天ぷら衣にお好みで七味唐辛子を
加えて一本づつ油でゆっくり揚げます。
ビールのおつまみにいいですよ。
e0121128_13552062.jpg


ベランダのアジサイの葉っぱを右手でしっかり押さえながら小さな口をパクパク動かしているのはカナブンでしょうか?
アジサイの葉っぱでお腹をこわさないでね!
e0121128_23521350.jpg


先日の新聞で茨城県の飲食店で「鶏肉梅しそ和え」に添えられていたアジサイの葉を食べて
食中毒・・という記事がありましたね~
アジサイの葉っぱには「青酸配糖体」という有毒成分があるそうですよ。
人間は気を付けたほうがいいようですね。
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-26 00:10 | 手作りキッチン
2008年 06月 25日

ゆり根が咲いた

e0121128_13522418.jpg

朝、ベランダをのぞくとゆり根が開花していました。
オレンジ色のなかなかかわいい花ですよ~

ゆり根が大好きで茶碗蒸しには欠かせないのですが食べることばかりに目が行って
花のことなど考えたこともありませんでした。
たまたま野菜カゴの片隅に忘れ去られ芽を出していたゆり根を植木鉢に植えたところ、
こんなきれいな花が咲いたのです。

食用として栽培されている95%は苦みの少ない小鬼ゆりで、残りの5%が鬼ゆりや苦みの
ない山ゆりだそうです。
全国で食べられているゆりねの98%は北海道で栽培されたもので、ひとつのゆり根を作るのには3年以上かかるんだそうですよ。
花を咲かせると球根に栄養がたまらないので、つぼみのうちにとって栄養をため、毎年植替えを繰り返しすことにより、ぷっくりと太ったおいしいゆりねができるということです。

私は、「このゆりねも食べられるのかしら?」なんて欲深いことを考えていましたが
きれいな花を見せてもらって充分満足しないといけませんね~
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-25 00:05 | ベランダガーデン
2008年 06月 24日

カウントダウンが始まった

e0121128_01287.jpg

ゆりねの開花がカウントダウンに入りました。

我が家にはもう一つのカウントダウンが始まっています。
それは・・・
夫が毎日ず~~~っと家にいる生活が始まる日。
私の自由気ままなこの生活も残すところあと一週間となりました。

定年を迎えてからの6年間、その後も週4日、仕事に行く生活がずっと続いていましたが
いよいよ、それも今月末で終わります。
週4日仕事、週3日家・・これはとてもいいバランスでしたね~(私にとって)
まあ、歳も歳だしこんな生活がいつまでも続くわけはありませんね。
毎日夫が家にいる生活も慣れてしまえばどうという事もないのでしょうが多少の不安が
無きにしも非ず・・・です。(笑)
PCも争いの元になるかも・・・?
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-24 00:23 | 暮らしのスクラップ
2008年 06月 23日

アジサイの挿し芽

うっとうしい梅雨空が続いています。
ムシムシと湿っぽくカビが生えそうです。

でもこんな季節は挿し芽には絶好の季節ですね。
先日頂いたアジサイを挿し芽しました。

切り口を斜めに切り、葉も2~3枚に落とし、葉を半分に切ったアジサイを半日ほど
水に浸けておきました。

挿す土はいつも赤玉土を使っています。
植木の用土に赤玉土と腐葉土を混ぜて使っていますので赤玉土はいつもあります。
挿し芽が取り出しやすいように最後は土に帰るという小さな容器を使っています。
植木鉢の中にこの小さな容器を並べ、赤玉土を全体に入れ、水をたっぷりと
植木鉢の底から流れ出すくらいにかけておきました。

土に棒で穴を開け、水に浸けておいたアジサイの茎を差し込んで挿し芽は完了しました。
後は水を切らさないように日の当たらない(少しくらい当たってもいいようですが・・)
風通しの良い場所で根が出るのをゆっくり待ちましょう。
e0121128_1344428.jpg


以前は根が出るのをゆったりと見守る余裕がなく、そろそろ根が出たか
気になって、気になって・・
茎をそっと引っ張ってみて茎の抵抗の感覚を確かめてみたりしたものです。(笑)
まだ根が生えていないのに力が入り過ぎてスポッ!と抜いてしまい失敗してしまった事も
一度や二度ではありません。
最近はもう挿したのも忘れてしまうほどのん気になりました。
さあ、うまく根が出るでしょうか・・?
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-23 00:12 | ベランダガーデン
2008年 06月 22日

ちょっと聞いて・・

北海道在住のMillerさんが京都のある会社の感じのいい若い営業の女性からセールスの
お電話を受けたそうです。いつもは即座に断り、電話を切るMillerさんがなぜかその日は
営業話ははっきりお断りしたものの知らない方と世間話で盛り上がり・・・というお話をしておられました。

私もセールスのお電話を受けると・・即座に
「結構です!」
「今、火をかけていますので・・」
「そんな余裕はありませんので・・」
「来客中ですので・・」
「今、出かけるところですのでスイマセン・・」
などと電話を切るのですが昔、まだ子供が小さかった頃・・
かかってきた電話の知らない人と長話をしてしまったことがありました。。。
夜の10時頃のことでした。営業の電話ではありません。

「リーン♪・リーン♪」
「はい!○○でございます」
「あっ、○○です」
「どうもいつもお世話になります」 
・・(営業マンの妻の私はとっさにこの言葉が口から出てきます)
「ご主人帰ってますか・・?」
「あっ、スイマセン、まだ戻ってないんですが・・」
「何時ごろ帰りますかねぇ~?」
「あ~っ、今の時間に帰ってないと多分午前様だと思います」
「ハ・ハ・ハ!いつもこんなに遅いの?おかしいなぁ~?あっ!子供さんどうですか・・?」
・・(この日、子供は風邪を引いて熱を出していました。。。夫は会社で子供の話をしたんだナ?)
「ありがとうございます!もうだいぶ良くなりました」
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なぜか話がかみ合うのです。
「帰りましたらご連絡を差し上げた方がよろしいでしょうか・・?」
「あっ!結構です。野暮用ですから・・」

電話を切ったあと、なぜか不思議な違和感を感じ、急に恐くなってきました。
あわてて、玄関の鍵、ベランダの鍵、窓の鍵・・を確かめひたすら夫の帰りをまだかまだかと
待っていました。
案の定、会社にそんな名前の人はおらず、子供が熱を出していることなど誰にも話しては
いませんでした。すべて私の一人我点。
一人暮らしの男の人が暇つぶしにかけてきたいたずら電話だったのか・・?
その日から戸締りが気になる日がしばらく続きました。
まあ、何事もなく今日に至っているわけですが・・
まだ、初々しい奥さんの頃の話です。
今ではどっかり肝が据わってこんな電話には騙されませんよ!
Millerさんの知らない人との長電話とはちょっと、違う方向の話になってしまいました。(笑)

今日の写真は(おしゃべりな?)オウムです。↓
e0121128_16513179.jpg

先日、王子動物園の近くを歩いていた時のこと・・
喫茶店の店頭に止まっているオウムが目に入りました。
このオウム、・・子供が小さい頃に王子動物園に行ったときによく見かけました。
でもあれからもう30年ほど経ちました。
「これは二代目かしら?」なんて思いながら見ていると中から店主が出てきました。
「このオウム、昔子供が小さかった頃にも見かけたことがあるんですけど・・?」
と伺うと
「もう40年目ですよ!」とのことでした。
オウムは長生きなんですね~
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-22 00:06 | 暮らしのスクラップ
2008年 06月 21日

マクラメ展

芦屋にある特別養護老人ホーム「あしや喜楽苑」の一角に地域の文化の拠点を目指す
ギャラリーがあります。
お年寄りに福祉の提供をすると共に利用者に質の高い文化・芸術に親しんでもらうための
ギャラリーとのことで一年を通じて色々なジャンルの作品展が開かれているようです。

昨日はそのギャラリーで開かれている「マクラメ展」のお誘いを頂きましたので友人と
行って来ました。
私はマクラメの経験はないのですがどなたも一度はマクラメの作品に出合った事は
ありますよね~
でも自分の中でのマクラメのイメージと作品展を見せていただいての作品のイメージは
かなり違っていましたよ。

カラフルでかわいらしい作品・・
e0121128_03230.jpg

手の込んだ芸術的な作品・・
e0121128_031474.jpg

ベルトやバッグなどの実用的な作品・・
e0121128_032777.jpg

素敵な作品がいっぱいです。この作品も気に入りました。↓
e0121128_015835.jpg

柿渋で染めた糸でこんなカゴが編んでみたいと思いました。
「いつか教えてください!」なんて口走ってしまいましたがマクラメのイロハも知らない人間が
一足飛びにこんな高度な作品を教えて欲しいなんてあまりに厚かましいですね~
無知な人間の強みです。(笑)

6月30日まで催されています。(最終日は午後3時まで)
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-21 00:14 | 手作り