青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 29日

鰯のにぎり寿司

久しぶりに湊川の東山商店街に行ってきました。
お姉さん!お姉さん!鰯買って!刺身でいけるよ!安くしとくよ!」
老いも若きもみんな「おねえさん」です。
「おねえさん」に気を良くしたわけではなく新鮮な鰯を見ると鰯のお寿司が食べたくなります。
鰯をさばいて・・・酢で〆て・・・。面倒な作業ですが“食い気”のほうが勝っていました。

e0121128_10374918.jpg
① 鰯を手開きして、骨を取り除き塩水で洗います。

② たっぷりの塩をふりかけて30分ほど置いておきます。

③ その後、塩を洗い落としひたひたの酢に10分から20分漬けておきます。

④ 酢からあげたら表面の薄皮をはぎます。

④ 握った酢めしの上にわさび、大葉をのせ鰯をのせます。

⑤ 鰯の上に刻んだしょうがをのせます。

カボスをギュッと絞って食べたいのですが今日はレモンしかありませんでした。
おいしいんですよ!
これが・・・!
新鮮な小アジで作ってもおいしいです。



e0121128_10532413.jpg


葉付き玉ねぎ
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-29 00:00 | 手作りキッチン
2008年 02月 28日

お肌の乾燥には・・・のその後

先日、「お肌の乾燥にはお風呂から上がる前にオリーブオイルをたらしたお湯をかけて・・・」
という話題で盛り上がりましたがmillerさんから早速、
「何だかいいような気がする・・・」といううれしいご報告がありましたよ!
きっと、毎日の小さな積み重ねが大切なんでしょうね。私も負けずにちゃぷちゃぷします。
せめてストッキングのかかとが破れないように・・・!
どっちが男のあ~し(足)だ・・・?と二つの足を並べた時に「こっち!」と指差されないように・・・!
オリーブオイルの輪が広がってみんなつるつる?すべすべ?

             ↓今、気に入っているハンドクリームです。
e0121128_0182030.jpg

ちょっと高いな?とは思いますがみかんのフルーティーないい香りがします。
でもきょう、クリームを塗った後、夫と車に乗ったとき・・・
「何のにおいかな?トイレの消臭剤のにおいがするなあ・・・?」
?????
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-28 00:21 | 暮らしのスクラップ
2008年 02月 27日

心配だなぁ~

朝起きて、お弁当に入れる鮭を焼こうとグリルを引き出した時、干からびかかった焼きアジが
目に飛び込んできました。(グリルがあまりに汚なかったので洗ってから写真を写したら何だか変だね~?(笑)
e0121128_12554961.jpg

「しまった!」
昨夜、近所に住む息子が晩御飯を食べに来た時、おかずに出そうと思って焼いたアジの干物
だった・・・。
食卓のおかずが多すぎたのか?(笑)
夜遅くに来た息子の食事の支度に気持ちが入っていなかったのか?
おかずが少ないな~と思いながらも
「これだけか・・・?」と言って
「ぜいたくを言うな!」と言われるのが怖くて我慢しながら食べたのか・・・?
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その日の晩のこと・・・
炊き上がったご飯をたべようと、炊飯器を開けた娘が
「お母さん!ご飯がべちゃべちゃやで・・・!」
「そんなはずはない!炊き立てだからそんな感じがするだけじゃないの!?」

“自分の間違いを素直に認めない人間だ”・・・といつも言われている私。
「アッ!」
私の勘違いです・・・。ス・イ・マ・セ・ン。。。
朝のお弁当2つ分のご飯をいれていつも4合のお米を夜、炊きます。
翌日は一つでよかったので3合にしたのに水はしっかり4合分入れて炊いたのでした。
お粥ほどの柔らかさでもなく、歯ごたえのあるおいしいご飯でもなく中途半端なおいしくない
ご飯でした。皆の食も進まずたっぷり残っています。
こんな失敗が最近・・・いや?だいぶ前から、度々あります。
心配だなぁ~・・・

残った、べちゃべちゃご飯と焼きアジは
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-27 00:09 | 手作りキッチン
2008年 02月 26日

道・・・

Miller さんのブログで「相田みつを」さんの詩の話を読みながらPCデスクの片隅に目を落とすと
透明なビニールマットの下に入っている「相田みつを」さんの「道」という詩が目に入りました。
e0121128_10381752.jpg


この詩はいつだったか・・・?
どこだったか・・・?
旅先のみやげ物屋の一角にしつらえた“相田みつを”コーナーで買い求めたハガキだった
ような・・・?
たくさんの相田みつをの詩の中からこの詩を選んだ私はどんな状況の中にいたんだろう?
自分自身への戒めの言葉として・・・?
それとも子供達に読ませたいと思って・・・?
単にいい詩だと思って・・・?
その時の心境はもう思い出すこともできません・・・。
     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔々、もう40年も前のこと・・・?
友人とユースホステルや国民宿舎に泊まりながら九州を旅していた時のこと・・・。
鹿児島のある町を歩いている時、電信柱に張ってある労演(勤労者演劇協議会)主催の
文学座、杉村春子の「女の一生」のポスターが目に入りました。
その日の夜の公演でした。
二人の意見は一致し、「これ観よう!」ということになりました。
その芝居の中で杉村春子が言うせりふ・・・
「誰が選んだ道でもない、私が選んだ道だもの。
間違いと知ったら、間違いでないようにしなくちゃ・・・!」

その時からず~っと心の片隅に残っています。
     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わってNHKドラマ「篤姫」の中で奥女中「菊本」(佐々木すみ江)のせりふ・・・
「女の道は一本道。引き返すは恥にございます!」
“道”にまつわる話でした。
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-26 00:05 | 暮らしのスクラップ
2008年 02月 25日

シシャモの南蛮漬け

南蛮漬けをよく作ります。
新鮮な小魚(アジが多いです)がない時、一年中、店頭に並んでいるシシャモを南蛮漬けに
します。きょうもシシャモの南蛮漬けです。
パックの裏のラベルを見ると「子持ちからふとシシャモ」と書いてあります。
本当のシシャモとは多分違うのでしょう。原産国は「カナダ」と書いてあります。
加工地は「中国」でした。裏まで見ないで買ってしまいました。
「中国産」・・・あまりいい気持ちはしないなあ・・・。でも今回は食べます。
もしも我が家で異常事態が発生した時はブログを読んでくれた方に証人になっていただくことにします。(笑)
e0121128_17282413.jpg
シシャモに片栗粉と小麦粉を混ぜた粉をつけ(片栗粉だけで揚げるより揚げた衣がしっかり魚にくっついているような気がして何となく半々にしています)揚げたシシャモに
千切りした生姜、薄切りにしたたっぷりの玉ねぎ(この時期の玉ねぎは辛いので水にさらしました)、千切りした
ニンジン少々、パプリカが
あったのでパプリカの薄切りをのせ(わざわざ買ってまでは入れません)、鷹の爪入りの熱した甘酢をかけました。アジなどの時はしょう油味の甘酢にするのですがシシャモのときはしょう油はほんの少しにして、塩を少々入れた
甘酢にしています。
甘酢は米酢1カップに砂糖半カップほど入れますので結構甘めです。玉ねぎがおいしい南蛮漬けです。

e0121128_012849.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2008-02-25 00:08 | 手作りキッチン
2008年 02月 24日

お肌の乾燥には・・・

POCKYさんのブログでお風呂の入浴剤に重曹がいいというお話を伺ったので私もお風呂の話を・・・。
先日の話です。かかりつけの女医さんとの会話・・・(とても聞き上手でお年寄りの話もよく聞いて下さるので待合室はいつもいっぱいです。)

「お風呂は何度にしてるの?」
「43℃くらいです」
「エッ!?そんな熱いお風呂に入ってるの?40℃前後が一番いいのよ!
e0121128_13301482.jpgそんな熱いお風呂に入ってたらからだの脂分、取られてカサカサになっちゃうわよ!」
「あ~。もうとっくにカサカサです~。かかとなんかカサカサで足裏マッサージなんて絶対行けません~!」
「それは手入れが悪すぎだわ~!いい事教えてあげるわ!お風呂から上がる時に台所にある“オリーブオイル”でも“椿油”でもいいから少したらしたお湯を体にかけて出るといいわよ!そのあと、安いのでいいからローションをつけてね!」

「サラダ油でもいいですか・・・?」とはおバカな私でも聞きませんでした。
その後、一週間ほど実践していますがまだ目に見えた効果はありません。
輝くような美肌?は無理な話としても多少なりとも効果が見えてきた折には報告します。
何の報告もなかったらこの話はなかったものとして
きれいさっぱり洗い流してください。
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-24 00:02 | 暮らしのスクラップ
2008年 02月 23日

一眼レフで小物撮影

皆さんのブログで
生き生きした美しい花の写真を見るとき・・・
今にも歌い出しそうなかわいい小鳥の写真を見たとき・・・
お皿を浮き立たせたおいしそうなお料理の写真をみる時・・・
木の葉から落ちるしずくに光が当たって光り輝く写真を見るとき・・・

一眼レフで撮ったと思われるすてきな写真がいつも気になっています。
私はコンデジしか使ったことがありませんし外出の時はいつもコンデジを携帯です。
便利で気に入ってはいるものの物足りない時もある・・・
そんな時、エプソンとコニカのコラボで超初心者向けの
“デジタル一眼レフで小物撮影”という講習会のお知らせが届いたのでいい機会と
参加して来ました。

カメラの世界も進んでるんですねぇ~。ボタンも一杯ありますねぇ~。
おばあさんやおじいさんを相手にコニカの社員さんも大変です。
カメラのボタンを名称で言ってもわからないので前もって「右の人差し指」とか「左の親指」とか「円盤」とかカメラのボタンに暗号を決めておき
「円盤の矢印を左に押してください!」「右の人差し指のボタンを右に回してください!」
ブログを書いている私が何が何だかわからなくなってきたので読んでくださっている方はもっとわからないでしょうねぇ~?(笑)
カメラの操作はもうすっかり忘れてしまいましたがとりあえず、窓際に並べられた小物を
撮影してきました。ブレないようにからだを固定し
「カシャッ!」「カシャッ!」「カシャッ!」
音がいいですねぇ。カメラマンになったような気分!
写した写真です。窓の向こうは御堂筋。信号やランプが光っています。
e0121128_0145196.jpg
e0121128_015211.jpg


でも重い!こんな重いカメラを持って歩き回れません。
よけいな色気は出さず記録を目的とした写真に徹するか?
しばらく又、悩みます。
何かアドバイスをいただけますか?
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-23 00:25 | 暮らしのスクラップ
2008年 02月 22日

黒十でお昼

友人おすすめの“山芋と大根料理”のお店、神戸磯上公園の前にある「黒十」で友人達と久しぶりのランチをしてきました。
e0121128_15133565.jpg

麦ご飯、大根の味噌汁、自然薯のとろろ汁、3種の薬味、豚の角煮、豆腐の田楽、小芋の煮物、小松菜のお浸し、漬物、デザートがついて1365円です。健康食でおいしかったですよ!女性客でいっぱいでした。この時間帯、どこも女性客が占拠しています。

帰りに安くて評判のフラワーショップ「潤」に寄りました。評判に違わぬ安さです。
もう花屋さんは春爛漫でした。
デンファレ・・・¥980、ガーデンシクラメン・・・一つ¥80でした。
お花を作っている生産者の方には申し訳ないようなお値段です。
労働に対する対価は・・・?
安い~!と喜んでいる私がふと考えてしまった一瞬でした。

e0121128_15293590.jpge0121128_1529569.jpg
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-22 00:04 | 神戸とその近郊
2008年 02月 21日

小さなおかず

今日は朝からず~っと忙しく、やっとホッとしてPCの前に座ったらもう日付が変わってしまいました。(昨日は・・・でしたね。)
ブログに書く話題もありませんので困ったときの“食べ物頼み”ということでどうと言うことも
ない夕食の一品を・・・。
エリンギとチンゲン菜をさっと煮込みました。

エリンギは手で適当な大きさに裂き、サラダ油を引いたフライパンで強火で炒めます。
そこに、オイスターソース大さじ1・しょう油大さじ1・砂糖小さじ1・水1カップを加え、5分ほど煮込み最後にごま油少々と、さっと茹でておいたチンゲン菜を加え、片栗粉少々で少しとろみを付けます。チンゲン菜の緑がきれいです。
e0121128_0153421.jpg


チンゲン菜を買うとき
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-21 00:17 | 手作りキッチン
2008年 02月 20日

柿渋染めの苦労

           ↓ここはどこでしょう???
e0121128_1128114.jpg

そうです。我が家の風呂場です。
狭いマンション暮らしのため、さんさんと輝く太陽の下で染物をすることができません。
もっぱら部屋の中で刷毛を使って引き染めをするのですがバッグなどのように日常持ち歩く物は引き染めでは繊維の中まで液が染みこみにくいため使っているうちに擦れて、染めがはげて来ます。繊維の中まで染みこませるためにはやっぱり浸し染めがいいようです。
この柿渋液は厄介なことに飛び散った液はしみ込むととれません。でもどんなに細心の注意をしながら刷毛を使っても
エツ?こんなところに・・・!(>_<)」
と思うような場所にまで飛び散った痕跡が残っています。
レジャーシートを敷いて・・・。新聞をしいて・・・。苦労しています。
引き染めは部屋の中で・・・。浸し染めは風呂場で・・・。
家族が出かけて一人になった風呂場で格闘です。
やはり、風呂の蓋の上にレジャーシートを敷き、注意を払います。
大きな布は無理ですので小さい布が多いです。
柿渋はカキタンニンが大気の中で酸化したものですのでお風呂場でも染めることはできます。
ただ、太陽の光を浴びると酸化が早まるので染めの大きな変化を楽しむには太陽の下がいいでしょうね。部屋の中では大胆な色の変化はありませんがちょっとしたしわや折り跡もくっきりと跡になってしまいますので注意を払います。大胆な色むらはかえって面白いのですが
中途半端な色むらは単なる色むらになってしまいますので・・・。
かなり薄めた柿渋液を使い、染めては乾かし、染めては乾かし・・・を何回も繰り返し
ますので完成までだいぶ日にちがかかります。同じ色の物は二度とできません。
さあ!家族が帰宅するまでにお風呂場を元通りにしなければなりません!
大変です!!!
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-20 00:04 | 柿渋染め