青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 30日

初めての“トロッコ列車”

京都には気軽に行くのですが亀岡から嵯峨の間を、保津川に沿って走っている
“トロッコ列車”に乗ったことはありませんでした。
1991年に開業以来、桜の季節と紅葉の季節になるとニュースで見聞きし、
一度乗ってみたいと思いながら・・・、
“思い立ったらぶらり京都“といった京都行きが多い為、
今日が初乗車です。

7.3K、25分の旅です。
保津川に沿って紅葉真っ盛りの保津川の渓谷美を眺めながらの列車の旅は歓声の嵐です。
時折、保津川下りをする船を眼下に見下ろしながら双方の乗客が笑顔(遠くて見えませんがたぶん・・・)で
手を振ります。

あまりの美しさにカメラのシャッターを押すことばかりに気をとられ、
今考えると私、カメラの液晶画面ばかり見ていたような気がしています。(苦笑)

残念ながら今日は曇天だった為、写真はもう一つ?もう二つ?です。
この美しい紅葉に青い空と光が加わったら素晴らしい写真が出来た!・・・と
思っているのですが・・・?
写真の不出来は今日のお天気のせいにいたしましょう。(笑)

e0121128_0374392.jpg
e0121128_0412167.jpg
e0121128_0445467.jpg

                ↓光明寺の紅葉も見事でしたよ!♪
e0121128_047965.jpg
   
     
[PR]

by ikako-27 | 2007-11-30 00:50 | 小さな旅 | Comments(8)
2007年 11月 29日

自然からの贈り物

   素敵なお花をいただきました ♪

   山の中で、自然のままに・・・

   自然が作った素敵なドライフラワー ♪

   絵心があったら・・・ 

   そう思う瞬間です

e0121128_22512770.jpg


お花の名前は
[PR]

by ikako-27 | 2007-11-29 00:05 | 暮らしのスクラップ | Comments(4)
2007年 11月 28日

大分名物 “だんご汁”

寒くなってくると夫の出身地、大分の“だんご汁”の出番です。
子供の頃から当たり前のように食べていた人に東京育ちの私が作るのですから
初めは見よう見まねのだんご汁でしたが最近では「おいしい!おいしい!」と言いながら
食べているところを見るとまあまあ大分のだんご汁らしきものにはなってきたのでしょうか?

簡単に言ったら“豚汁”にうどん状のだんごが入っているような感じのお汁です。
材料もこれでなければ・・・というような物ではなく、何でもありあわせの野菜で結構です。
今日の我が家のだんご汁は・・・大根、にんじん、ごぼう、小芋、椎茸、シメジ、白菜、豚肉入りでした。

e0121128_0195252.jpg先ず最初に、小麦粉に少々の塩を入れ水を少しずつ加えていきます。
耳たぶくらいの硬さになったらよくよくこねてからラップをかけて1時間以上休ませます。
休ませただんごは良く伸びるようになりますので野菜を煮込んだだし汁の中に
長く伸ばしながら落としていきます。
火が通ったら味噌をといて出来上がりです。


e0121128_0265952.jpge0121128_0351570.jpg









e0121128_0303116.jpg



もうこれだけで、お腹がいっぱいになってしまいました!
[PR]

by ikako-27 | 2007-11-28 00:38 | 手作りキッチン | Comments(4)
2007年 11月 27日

干し柿がいい感じ・・・!

e0121128_23315864.jpg 
  ベランダに出るたんびに

  “一もみ~二もみ~”  ごあいさつ!

  いい感じの柔らかさ~~になってきました。

  そろそろ食べ頃のようです~♪

  ラップに包んで冷凍室に入れると
 
  ず~っと柔らかいまま~とか?

  でもそんな心配は無用でしょう・・・!

  アッ!・・・という間に無くなりそう~

  でもこの山里風景・・・ 捨てがたいなぁ~

[PR]

by ikako-27 | 2007-11-27 00:19 | 手作りキッチン | Comments(6)
2007年 11月 26日

柿ジャム

何でもジャムにしてみたい私です。
柿もジャムにしてみました。
e0121128_23584318.jpg
柿の一部をスライスして小さく切ります。
残りの柿はミキサーかフードプロセッサーにかけてドロドロにします。
小さく切った柿と粉砕した柿を合わせ
好みの量の砂糖を加えて火にかけます。





e0121128_23592225.jpg
焦げ付かないように気をつけてくださいね。レモンを加え木べらで混ぜながら
なべ底に筋が見えるようになったら出来上がりです。






e0121128_073343.jpg
柿のジャムはパンにつけて食べるような味ではないです~。
何というか・・・“”の味です。
冷やしてそのまま頂くと“和風デザート”といった感じです。
この感じ・・・伝わりますか~?
このジャムに寒天を加えて固めてみました。いい感じのデザートができました。♪

サツマイモのジャム・・・
[PR]

by ikako-27 | 2007-11-26 00:21 | 手作りキッチン | Comments(2)
2007年 11月 25日

草花の名前、画像で特定

e0121128_13531183.jpg住吉川を歩くたびに気になっていた植物の名前がわかりました。
タデ科の“イシミカワ”だそうです。
草花の画像をメールで送ると名前を教えてくれるパソコンのサイト
はなせんせい」で解決しました。
会員が互いに植物の名前を教えあう仕組みです。
画像を投稿したらすぐに回答が入ってきました。
インターネットはすごいですね~!
図鑑が泣いている・・・?
[PR]

by ikako-27 | 2007-11-25 14:02 | 住吉川散策 | Comments(2)
2007年 11月 24日

出雲大社参拝

出雲大社にも行ってきました。
旧暦の10月(新暦11月10日~12月9日)は“神無月”。
でもここ出雲は神々が集まってくるため“神在月”。
諸国の神々が集まって7日間、上宮で会議を開くそうです。
議題は“男女の縁結び”について・・・。
皆さんの“ご縁”の×はこの会議で決定されるのかも・・・?
心をこめてお参りしましょう!            
                                  会議でと決定された方のようですネ。↓

e0121128_130731.jpg出雲大社の拝礼は一般の
“二拝二拍手一拝”とは違い、
二拝四拍手一拝”だそうです。
拝殿です。→ 長さ8m、重さ1500㎏ある大きな注連縄があります。
下からお金を投げ上げたのでしょう。↓ 
お金がはまっているのが見えます。
たまにお釣りが落ちてくることもあるとか・・・?

e0121128_1335371.jpg

      
       名物“出雲そば”(割子そば)です。↓
e0121128_1394750.jpg






e0121128_13105738.jpg


ふらっと立ち寄ったお店で自分へのお土産に
お皿を買ってしまいました。
出雲とお皿・・・
そんなの関係ねェ~”・・・???(笑)

神々の宿舎
[PR]

by ikako-27 | 2007-11-24 13:19 | 小さな旅 | Comments(6)
2007年 11月 23日

世界遺産の“石見銀山”へ

e0121128_135605.jpg毎年、全町民が集合して写真を撮り、カレンダーを作るという
人口500人足らずの過疎の町が大変なことになっている
ようですよ~。
押し寄せる観光客に地元の対応が追いつかないようです。
私もそんな野次馬観光客の一人です。

※町民が勢ぞろいしたカレンダー→



私がこの石見銀山のある“大森町”を訪れたかった一番の目的・・・。
それはこの大森町にある「群言堂」本店に行ってみたかったことなのです。

e0121128_15104854.jpg

「群言堂」は石見銀山の古い町並みやそこでの暮らしを通して
田舎の魅力」「心豊かに自分らしく暮らす生き方」「復古創新」等を
テーマにかかげ「群言堂」ブランドで日常服やキッチン雑貨を全国に向けて発信し
都会に暮らす“団塊の世代”の女性達の共感をよんでいるのです。
この古い建物すべてが「群言堂」のテーマパークのような感じで空間の演出から
トイレの隅々にいたるまで季節感やメッセージが伝わってくるようなのです。
時間が許すならず~っと浸っていたいような空間でした。

e0121128_1515171.jpg

障子の木枠が額縁になって、生きた絵画です。 ↑右

※ その他の観光
もちろんメインは“石見銀山”です。

 龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ) ↓
       間歩・・・坑道のこと
e0121128_15164100.jpg


間歩を出て帰りの遊歩道の散策は自然いっぱいの紅葉の中、とてもいい時間でした。

e0121128_1519734.jpg

実はこの散策・・・満員のバスに乗せてもらえず、仕方なく歩き始めた2キロの道なのです。
¥200のバス代と無料の自然・・・両手でかかえてとても得した気分でした。

この町は本当に古いものばかりで新しいものが目に付かない・・・。

e0121128_15193894.jpg


この町には“みやげ物や”というものが無く、観光客の人気になっているのは

e0121128_14281039.jpg

中田商店というなぜか“鮮魚店”が作っている“ごまどうふ”でした。
もちろん、私も買ってきました。

ゴマ豆腐~おいしかったですよ!ご報告まで・・・。
(まあ、わざわざ石見からゴマ豆腐を買って帰る必要があるのかどうかは
私にはわかりません。)
なんにも無い中で、もう一つ人気のお店がありました。
町で唯一のパンやさんが作っている丁銀パン・・・パンの中に
磯辺焼きのお餅が入っています。
おはぎパン・・・パンの中におはぎがはいっています。
他にも色々売っていましたが私が食べたのはこれだけ・・・。
長銀パンはおいしかったです。
おはぎパンもおいしかったのですがわざわざおはぎとパンを一緒に食べなくてもいいかな~?

他にも石見銀山で栄えた商家の熊谷家や代官所地役人の旧河島家五百羅漢など
見るところはいろいろありますが・・・?
この小さな町がなぜ“世界遺産”になったのか・・・?
不思議がいっぱいのこの町に答えを探しに出かけてみませんか?
[PR]

by ikako-27 | 2007-11-23 14:45 | 小さな旅 | Comments(4)
2007年 11月 21日

“平介茶屋”でお昼ご飯

月に一度、灘の“甲南漬け本店”に併設されている“平介茶屋”でお昼ご飯を食べます。
“月に一度”・・・というのはメニューが月替わりの定食のみということで・・・。

かまど炊きのご飯、味噌汁、甲南漬けの数種類の漬物、ぬか漬けサラダ、
さわらの味噌漬け、月替わりの煮物に和菓子が付きます。
この中で月ごとに変わるのは煮物と和菓子だけで、あとはほとんど
毎月同じなのですが、ひと月たつと、又このご飯が恋しくなるのです。
かまど炊きのふっくらつやつやご飯とお漬物が日本人の胃袋を
呼び寄せるのでしょうか?

e0121128_2358170.jpg

e0121128_23582261.jpg

このかまどで炊いたご飯が
おひつに入ってついてきて
おかわり自由です。
お代は¥945也です。

古い旅館の日本間でお庭を
眺めながらお食事をいただいているといった感じの
お部屋です。
[PR]

by ikako-27 | 2007-11-21 00:06 | 神戸とその近郊 | Comments(8)
2007年 11月 20日

鶏皮のカリカリ焼き

          “カリッ!カリッ!
          食べたらそんな音がするくらいまで気長に焼いて下さい。
                     
e0121128_23561259.jpg


フライパンにはびっくりするくらい油が出てきます。
油をこまめに別の容器にあけながらいい色になるまで焼いて下さい。
塩を振って・・・、レモンを絞って・・・、焼き鳥のたれをからめて・・・、
お好みでどうぞ・・・!
この油、鶏肉、玉ねぎ、青ネギを入れたチャーハンを作る時に使うとおいしいです!
[PR]

by ikako-27 | 2007-11-20 00:13 | 手作りキッチン | Comments(2)