<   2007年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 30日

ジェノベーゼでオムレツ

昨日のパスタに続いて今日はオムレツにジェノベーゼを使ってみました。
e0121128_12393251.jpg

これもいいです。よく合います。
ジェノベーゼ大好きになりました。
まだまだ、未知の味がいっぱいあるんだなあと未知の味に対する興味が湧いてきました。
日常生活でジェノベーゼが普通に存在する方にとっては
「えっ、ジェノベーゼ位でオーバーじゃないの?」
・・なんて思うでしょうね・・・。

ひと瓶のジェノベーゼがもう、すぐになくなりそうです。
もうひと瓶作りたいと思いベランダのバジルをちぎり、とうとうバジルは一枝を残して丸裸!
この一枝はせっかくひと夏楽しませてくれたバジルが一つも花を咲かせずに
役目を終わらせるというのは忍びないので・・・。
私をひと夏楽しませてくれたバジルに感謝!!

話は変わりますが、フードプロセッサーの隅々についた食材や瓶の底のジャムなどをあつめるのに
この「シリコンスプーン」はとても便利です。
ゴムベラではとりにくい狭いところでもきれいにとれます。
e0121128_12414284.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2007-09-30 12:43 | 手作りキッチン | Comments(0)
2007年 09月 29日

ジェノベーゼを作る

先日は塩漬けにしたバジルですがベランダではまだまだバジルが
成長を続けています。
一気に秋めいてきて、そろそろバジルの季節も終わりに近づいてきました。
バジルの葉を摘んでネットで調べながら初めての「ジェノベーゼ」作りです。

40gほどのバジルの葉・松の実・パルメザンチーズ・にんにく・オリーブオイル・塩・こしょうを
用意してフードプロセッサーで攪拌します。
出来上がったソースをちょっとなめて見る・・・
「おいしい!!」

これがジェノベーゼというものなんですね。
さっそくパスタを作ってみました。
何しろ「ジェノベーゼ初体験」ですので何を具に入れたらいいかもわかりません。
何も入れず、茹で上がったパスタにジェノベーゼをからめるだけという使い方もあるようですが
結局、にんにく・ベーコン・ジャガイモ・ほうれん草を入れたパスタになりました。

生まれてはじめてのジェノベーゼ料理ですので比べる対象がありませんが
うまく出来たということにいたしましょう。

e0121128_1454575.jpg


  
[PR]

by ikako-27 | 2007-09-29 22:41 | 手作りキッチン | Comments(2)
2007年 09月 28日

布ぞうりを作る

今、流行の“布ぞうり”
遅ればせながら編み始めました。
今日、ポイントを習ってきました。
針金のハンガーを使うのが便利でいいそうです。
あとは本を頼りに編んでみます。
この“布ぞうり”履いた感触がとっても気持ちがいいそうです。
古着や使わない布の整理が出来て家の中が「スッキリ!」というのもいいですね。
汚れたら洗濯機でジャブジャブ洗えるそうです。
もう出来上がりが楽しみでワクワク!です。
e0121128_19182891.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2007-09-28 19:22 | 手作り | Comments(0)
2007年 09月 27日

映画 “めがね”

   神戸朝日ビルディングの前の植え込みはすっかり秋の装いに衣替えしていました。
e0121128_23163323.jpg

映画“めがね”を観てきました。
e0121128_2345834.jpg

与論島の青い海を舞台にふらっとやって来た旅人「タエコ」の淡々と過ぎていく数日間を
描いています。
特別なストーリーがあるわけではなく・・
大きな出来事があるわけでもなく・・
何の事件も起こらない・・。
何と説明していいかわからない・・・。
その中に流れるのは“たそがれる”ということ。
静かにゝ映画は進んで行く。
大きな声を出すわけではなく、大声で笑うわけでもなく、音楽はしっとりと・・・。
隣に座っている人の息遣いまで聞こえてくる・・・。
静かにゝ・・・。
見ている私もゲラゲラ笑うこともなく、でもなぜかクスッと笑ってしまう・・・。
説明できない心地よさ・・・。
でも一歩間違えると、癒されすぎて気がついたら映画は終わっていた・・・。
・・・なんていう方もおいでかと・・・?(笑)
[PR]

by ikako-27 | 2007-09-27 23:48 | 暮らしのスクラップ | Comments(0)
2007年 09月 26日

住吉川の植物…葛

今の季節、近所を歩いているとよく目に付くのが葛です。
空き地や手入れの行き届かないような空き家の庭には大繁茂した葛がつるをのばしています。
住吉川でも葛が大繁茂!
萩の花と同じような色合いの花をつけています。
e0121128_1436637.jpg

この葛…
秋の七草(ハギ・キキョウ・クズ・ナデシコ・オバナ(ススキ)・オミナエシ・フジバカマ)
の一つなんですよね。
この葛の根から葛粉が取れるそうですが最近は片栗粉が幅を利かせてしまいましたね。
[PR]

by ikako-27 | 2007-09-26 16:14 | 住吉川散策 | Comments(0)
2007年 09月 25日

中秋の名月と住吉川のススキ

お彼岸が過ぎ、朝晩に吹き込む風はさわやかな秋風に変わって来ました。
そして、今日は“中秋の名月”です。
満月はあさって、9月27日だそうですがまん丸いお月様が夜空に浮かんでいます。
お月様でうさぎが餅つきをしていると本当に信じていた幼い頃がなつかしいですね。
今では“月”・・・から思い浮かべるのはアポロ11号の月面着陸です。

“お月見”といえば“ススキ” 
住吉川ではススキが秋風にゆれていました。
e0121128_2285751.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2007-09-25 22:10 | 住吉川散策 | Comments(2)
2007年 09月 23日

大分県特産“カボス”

相変らず暑い毎日ですが毎年、大分からカボスが届く頃になると・・・
“いよいよ“秋だなあ・・・”と感じます。

時を同じくして油がのった“秋刀魚”が並び、我が家とは無縁の“松茸”が並び始めます。
大分県のお隣の宮崎県では東国原知事が“宮崎県のセールスマン”として大いに
宮崎をPRしていますので負けじと?(勝ち目はない?)大分県の“カボス”のPRを・・・!
なぜに…?
夫が大分県出身という事で・・・。

今でこそ“カボス”もだいぶ知られてきましたが20~30年前はほとんど知られていませんでした。
大分から“カボス”が送られてくるたびに隣近所、友人におすそ分けしてきた甲斐があったのか?
地道な努力が効をなし?“カボス”もだいぶ世の中に浸透してきたようです。(笑)

でも、いまだに徳島の“スダチ”と混同している方が多いですね。
“スダチ”は大きさがゴルフボールよりちょっと小さい位、“カボス”はそれより一回り大きいです。
漢字で書くと“香母酢”・・・いい字ですね。
その名の通り、まろやかな酸味香りは使い慣れるともう手放せません!
秋刀魚に“ジュッ!”
e0121128_14221318.jpg

大根おろしとチリメンジャコに“ジュッ!”
漬物に“ジュッ!”
何にでも“ジュッ!”
もちろん鍋物にも“ジュッ!”
皆様、大分県の“カボス”をどうぞよろしく!
・・・神戸駐在のセールスおばさんでした。
[PR]

by ikako-27 | 2007-09-23 23:50 | 手作りキッチン | Comments(0)
2007年 09月 22日

ベビーリーフの種まき

秋になると(今年はどういうわけか“今、夏?”というような毎日ですが・・・(*_*; )
ベビーリーフ用の種を蒔きます。
8種類の野菜の種が入っている“ベビーサラダミックス”という種です。
春にも蒔きたいのですが春は虫との戦いに敗れ、降参しました。
秋は虫に食べられることもなく安心です。
ベビーリーフは名前のとおり“野菜の赤ちゃんの葉っぱ”ですので収穫も早く、
間引きながら摘んでいくと結構長い間楽しめます。
e0121128_1155146.jpg

ワイヤーのかごにコーヒー豆の入っていた麻袋(コーヒー豆の販売店でいただきました)
を敷いて土をいれ、ぱらぱらと種をばら撒き、薄く土をかけ新聞紙をのせ水やりしました。
e0121128_119978.jpg

一週間ほどで発芽するでしょう。♪
[PR]

by ikako-27 | 2007-09-22 11:15 | ベランダガーデン | Comments(0)
2007年 09月 21日

伏見とうがらし、最後の収穫

真夏のような日々です。“暑さ寒さも彼岸まで
日本の暮らしの中で長い間使われてきた慣用句が死語とならないよう願うばかりです。

e0121128_155620.jpg今年初めて植えた“伏見とうがらし
ですが今年の厳しい暑さにも負けず
頑張って、鈴生りとはいえないまでも
充分楽しませてくれました。今日は最後の収穫となりました。
今晩の我が家の食卓の主役です。
昨年までのベランダの定番に加わっての試験的な採用でしたが
頑張りと貢献を認め“来年度の本採用”に決定です。
[PR]

by ikako-27 | 2007-09-21 15:10 | ベランダガーデン | Comments(0)
2007年 09月 20日

型染めのバッグ

以前に柿渋染めの「型染め」で染めていた布地がやっとバッグになりました。
e0121128_1421881.jpg

染め上がった布地を前にああでもない、こうでもないと頭の中で出来上がりをイメージして
悩みます。
どうしてもイメージがわかず染め上がりながらお蔵入りのままの布地もいっぱいあります。
イメージがわくと即、行動開始になりますがはさみを入れる瞬間は何回経験しても
勇気がいるのものです。
布地を染め上げるまでに時間も手間もかかっているので失敗したら又買いに行けばいい
という物ではないので・・・。

出来上がった物がイメージどうりの時はとってもうれしいのですがなかなかイメージどうりと
いうわけには行かないことのほうが多いです。
反省材料が頭の中にいっぱい詰まっていますのでいつの日か満足のいく作品が出来たら
いいなと思っています。
柿渋は塗り重ねていくとだんだん布地が硬化していきますので(ゴワゴワした酒袋を思い出してください)
厚めの布地の時はその上、更に硬くなりとても縫いにく「これって結構、力仕事だなあ」と思うことが
よくあります。
今日のバッグも反省材料がいっぱいあります。

お花の上部が欠けてしまったこと。
お花の茎にファスナーがぶつかってしまったこと。
その他いろいろ・・(涙)
[PR]

by ikako-27 | 2007-09-20 13:39 | 柿渋染め | Comments(0)