青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:小さな旅( 102 )


2012年 10月 12日

おのぼりさん・・

新大阪駅で暮しの手帖 「自家製レシピ 秋冬編」とコーヒーを買って東京行きの新幹線に乗り込みました。
e0121128_9115656.jpg

車窓から見る碧い空、黄金色の田んぼ、畑に植えられた色とりどりのコスモスの花・・
秋色の田園風景が続きます・・♪

所用を済ませた帰り道・・
東京駅の丸の内改札口を出てたくさんの観光客に混じってお上りさんしてきました。
大正期の創建当初の駅舎への復元工事が終わった赤レンガ駅舎は気品のあるレトロな雰囲気の中に
温かみがあって・・東京駅の玄関口にふさわしい堂々たる姿でした。
e0121128_96587.jpg
e0121128_961933.jpg
e0121128_963552.jpg

長く東京に住み、東京を離れた後も何回となく東京駅を通り過ぎていますが丸の内に縁がなかった私は
今思い返しても改めてこうして東京駅の全貌を意識して眺めたことがあったでしょうか・・???
[PR]

by ikako-27 | 2012-10-12 09:13 | 小さな旅
2012年 06月 12日

花菖蒲

京都のギャラリーで開かれている作品展の御案内状をいただきましたので京都まで・・
平安神宮の花菖蒲の見頃に合わせて行ってきました。

「シルク・スレッド・アート」という絹糸を切ったりほぐしたりして作った絵と
お洒落なキルトのバッグ展でした。
名画や思い出の写真が素敵な絵になっていました。
かなり根気のいる作業でしょうね。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作品展に行く前に平安神宮を目指しました。
鴨川沿いに続く「先斗町」です。
e0121128_8224674.jpg
営業時間前の静かな先斗町です。
夜は京の夏を彩る鴨川納涼床で賑わっているのでしょうね。

岡崎疏水も華やかな桜の季節から緑の季節に変わっています。
e0121128_828230.jpg

平安神宮は花菖蒲が見頃でした。
枝垂れ桜の華やかな饗宴も見逃せませんがしっとり落ち着いた花菖蒲の季節も好きです。
e0121128_8335591.jpg
e0121128_8341816.jpg
e0121128_8343169.jpg
e0121128_8344539.jpg
e0121128_8345665.jpg
e0121128_835962.jpg

四季折々に期待を裏切らない京都です。
[PR]

by ikako-27 | 2012-06-12 08:37 | 小さな旅
2012年 05月 06日

春の大豊町

柚子の季節の大豊町(高知県)のお話は何回かさせて頂いたのですが・・
今回は春の大豊町訪問。

春の山々は新緑に覆われて秋とはまた違った美しさです。
e0121128_19155711.jpg
春の野山は山菜の宝庫。
e0121128_19161487.jpg

タケノコ、ワラビ、野フキ、タラの芽、山ウド、イタドリ、セリ、ヨモギ・・
自然大好き!山菜採りも大好き!なのですが一つだけ克服できない苦手な物があるのです。
(それは・・ヘビ。マムシはもっと怖い・・)
長靴をはいて武装ですが足元に気を付けながらおっかなびっくり!
ワラビの立ち姿は何かを連想しませんか~?(苦笑)
採ってきた山菜はすぐに処理して庭のお釜で茹でたり、湧き水でさらしたり・・
e0121128_12183346.jpg
もうその日の晩には採ってきた山菜が食卓を彩りました。♪

秋の柚子とともにここはゼンマイの産地でもあります。
e0121128_12213998.jpg
ゼンマイとワラビはどちらも春の山菜ですがゼンマイはワラビよりも一足早く伸び出します。
この時期はゼンマイの収穫は終わっています。
このゼンマイの加工が大変なのですよ~
私も以前にゼンマイ加工の真似事をさせて頂いたことがありますが・・

採ってきたゼンマイの綿を取ったあと熱湯で2分30秒(だったかな?)ほど茹でたあと
水けを切ってむしろの上に広げ天日干し。

表、裏と返しながら水分が切れたら両手でひとまとめにして円を描くように柔らかく揉む・・
揉んだらまたむしろの上に広げて干す・・

また揉む・・、また干す・・、また揉む・・、干す・・
一日に何回もこの作業を繰り返します。
お天気さえ良ければ2日ほどでカラカラに乾くそうですが力もいるし、大変な作業です。

上等の干しゼンマイはびっくりするほどの高値がついていますがこの体験をしてみると
「高値も納得!」です。

ウグイスの「ホー・ホケキョー♪」が目覚まし代わり・・。
いつもながらに友人のうれしいお誘いに甘えて(SoftBank の)携帯の電波も届かない
山暮らしを楽しませていただきました。
[PR]

by ikako-27 | 2012-05-06 12:42 | 小さな旅
2012年 04月 16日

たぶん・・、今年最後のサクラ♪

桜の開花情報に心奪われ、落ち着かない日々でした。。。(笑)
桜吹雪が舞い、街なかの桜はフィナーレを迎えようとしています。
四季の花の中で春の桜ほど日本人の心の中に深く根差している花は
他にないかもしれませんね。
何がこんなにも日本人の心を揺さぶるのでしょう・・

昨日は今年最後(たぶん・・)のお花見に誘って頂きました。
場所は播磨中央公園。
広大な公園の中の「桜の園」でのお花見。
桜もいっぱいなら花見客もいっぱいでした。

写真を撮りましたがいつも思うことは同じ・・。
桜の写真は難しい・・
見た目以上に美しい写真というのはよくありますが(人間も植物も・・笑)・・
桜の花はこの目で見た桜が一番美しい・・。。。

そんな写真です。↓
e0121128_2244615.jpg
e0121128_22441853.jpg
黄色いタンポポや
e0121128_2245818.jpg
白いタンポポも
e0121128_22453698.jpg

可愛いです。♪
[PR]

by ikako-27 | 2012-04-16 22:54 | 小さな旅
2012年 04月 13日

平安神宮の桜

12日の天気予報・・晴天
京都の桜情報・・満開

行ってきました・・
桜満開の京都。
青い空に満開の桜・・どこを歩いても桜・さくら・サクラ・・でした。♪

阪急河原町から鴨川沿いに咲く桜を眺めながら・・
e0121128_1119851.jpg
祇園白川を通り・・
e0121128_11181065.jpg
e0121128_11182348.jpg
ここはお茶屋さんや京町屋が並び、(本物の)舞妓さんや芸妓さんによく出会う
京都の人気観光スポットです。
今日もお見かけしましたよ・・
きれいどころの芸妓さん・・♪
e0121128_11202652.jpg
平安神宮に向かって歩きました・・
平安神宮に近づくと見えてくる岡崎疏水の桜並木。
満開です。
e0121128_1124194.jpg
e0121128_11243280.jpg
市立美術館の庭も桜満開!
e0121128_11265760.jpg
いよいよ平安神宮です。
平安神宮の紅枝垂れ桜が有名ですが例年はソメイヨシノより遅れて満開になりますので
改めて紅枝垂れ桜を見に京都へ・・ということが多いのですが今年は桜の開花が遅れたため
ソメイヨシノと仲良く足並みをそろえて咲いてくれました。
見事でした!!!
たくさん撮った写真、流し見て下さい。
e0121128_1135380.jpg
e0121128_1135192.jpg
e0121128_11354073.jpg
e0121128_11404892.jpg
e0121128_1142991.jpg
e0121128_1142376.jpg
桜色のおみくじの花も満開です。
e0121128_11501496.jpg
みんなの願い事が叶いますように・・♪
[PR]

by ikako-27 | 2012-04-13 12:01 | 小さな旅
2012年 03月 14日

箱根で・・

東京在住の母や姉夫婦たちと小田原で落ち合って箱根へ行ってきました。

母は96歳。
足がかなり弱って外出は車いすが頼りです。
そして・・
大腿骨を骨折して手術後の姉。
ショートステイの二人に介護士の私・・?(笑)

しっかりした母ではありましたが歳には勝てません・・。
たまに会う母は会うたび毎に老化が進んでいく様が見て取れます・・。

日野原先生のように100歳を過ぎても以前と同じ生活スタイルを続けておられる
すごい方もいらっしゃいますが高齢のお年寄りの多くは自分が生きていくための日常生活・・
(食べること。着替えをすること。トイレに行くこと。お風呂に入ること。眠ること・・等々)を
こなしていくことに大きなエネルギーを使いながら毎日を送っているのではないでしょうか・・?

そんな高齢の母の毎日を支えてくれている同居の家族の皆に感謝です。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日陰には霜柱が立っているような、空気はまだまだ冷たい箱根でしたが
滞在中の3日間、晴天に恵まれましたので介護?の合間にちょっと元気な
初老の者たちで近場の大涌谷に行ってきました。

あちこちから噴煙が上がり、硫黄の臭いが立ち込めています。
e0121128_19424484.jpg
e0121128_1943263.jpg
e0121128_19432467.jpg

噴出する熱湯で作られる名物の「黒玉子」を食べてきました。
e0121128_19434834.jpg
一つ食べると7年、長生きするそうです・・(笑)

こちらはススキで有名な仙石原です。↓
車を止めてもらい、パチリ!
e0121128_1945137.jpg
e0121128_19452497.jpg

秋のススキは見事でしょうね~♪
毎年、3月の中旬に山焼きが行われるそうです。
[PR]

by ikako-27 | 2012-03-14 21:26 | 小さな旅
2012年 02月 11日

雪化粧の兼六園

金沢は今日も雪になりそうです・・。
晴れているうちに兼六園に向かいました。
石川門も雪化粧。
e0121128_1116314.jpg
観光客が必ず記念写真を撮る撮影スポット・・ことじ灯篭です。↓
e0121128_11245245.jpg
霞ヶ池も凍っています・・。↓
e0121128_1126745.jpg
e0121128_11262990.jpg

あっという間に激しい雪になりました・・。
唐崎松にも雪が降り続きます。↓
e0121128_11341429.jpg

枝を雪の重みから守るための雪吊り作業は、毎年「唐崎松」から始めるそうです。
園内随一の枝ぶりを誇るこの松には、5本の芯柱が建てられ、総数約800本の縄で
枝を吊っているそうですよ。
北陸の冬の風物詩ですね。

兼六園の次に向かったのは妙立寺(みょうりゅうじ)。(人呼んで・・忍者寺)
このお寺を見学するのは3回目です。
加賀三代藩主の前田利常公が建立したそうです。
当時は幕命で三階建て以上の建築は禁止されていたので外観は二階建てですが
内部は四階建て七層になっていて外敵がやってきた時に逃げる為の仕掛けがいっぱいあり
堂内は迷路のようになっています。
なかなか面白いお寺です。
説明をしてくれる女性が話し上手だと尚更面白いですよ。
1回目〇、2回目△、3回目〇でした。(笑)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお寺を出たところに落雁で有名な諸江屋がありました。
e0121128_1261241.jpg

そこで・・
教養の無さを見破られてしまいました・・(苦笑)
落雁の良し悪しをいろいろ説明して頂いて・・。
お味見の為の落雁を差し出されました。
一つつまんで口に入れ・・
ガリッ!」

お年寄り、男性の店主の顔色が変わりました・・
「落雁は噛んではダメなんです!落雁のことをよ~くご存じの方と思っていましたが・・?
ショック!ガッカリだな~!」
もう笑うしかないです・・爆笑です。

飴でも何でも口に入れるとすぐに噛んでしまう癖のある私・・
これから落雁を口に入れたら溶けるまで決して噛みません・・。(汗)
[PR]

by ikako-27 | 2012-02-11 15:00 | 小さな旅
2012年 02月 10日

雪の北陸へ

「日本列島には寒気が流れ込む見込みです。
寒気の強さは2月初めの寒波に匹敵し、
北陸から東北の日本海側を中心に雪となり・・・」

こんな天気予報の中、山中温泉→金沢の旅に出かけました。
うっすら雪化粧・・はたまに体験しますがこんな大雪を踏みしめて歩いたのは
いつ以来でしょう・・?
雪と無縁の生活をしている旅行者には珍しく、美しい白銀の世界ではありますが
雪とともに日常生活を送るのは想像以上の困難が伴うことでしょうね。

山中温泉→金沢へと向かう旅の予定を組みましたが敦賀の先の「今庄」で
途中下車する計画を加えました。
目的は今庄の駅のすぐ近くの「ふる里」というお蕎麦屋さんで「おろし蕎麦」を
食べること・・。
夫が現役時代に北陸への出張の度に立ち寄ったお蕎麦屋さんで、美味しい
お蕎麦の話をよく聞いていました。
当時は写真家だった先代のお父さんの時代でしたが今は当時からお手伝いを
していらした長女の方が引き継いでおられるようです。

今庄というのは北陸でも特に雪深い土地だということです。
e0121128_1525301.jpg

宿場町の面影を残す雪道を美味しい「おろし蕎麦」を思い浮かべながら歩きました。
e0121128_15255812.jpg
e0121128_15262378.jpg

酒蔵に沿って曲がったところにお店はありました・・。

「ショック~!!!」
「定休日」
e0121128_15275250.jpg

「木曜定休」・・ネットで検索して安心していましたが臨時休業のようです。
電話で確認しておくべきでした・・。

空腹と寒さのダブルパンチ!
駅の売店の優しいおばさんは・・
「アラ~ッ!休みだった~?おかしいね~?木曜日が定休日なんだけどネ~?」
「悪かったね~ 悪かったね~」と何回も関係ない売店のおばさんが温かい今庄なまり?で
謝ってくれた・・。

今庄の駅のまわりは何にもありません・・。
もう一軒だけあるお蕎麦屋さんはこの日が定休日なんですって~!
しょうがない・・
もう一度、再チャレンジする楽しみを残し・・、
次の電車は一時間後・・。

今庄なまり?の売店のおばさんはいいおばさんだった^^。


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この後・・、加賀温泉駅で降り、山中温泉に向かいました。
温泉、自然の中で四季折々の散策、ゆげ海道沿いのたくさんのお店やギャラリー、山中塗りなど
楽しみはいろいろあるようですがこの日は雪が降りしきる山中温泉です。
長靴を借りて深い雪に足跡を残してきました^^。
e0121128_15345019.jpg
e0121128_1535960.jpg

e0121128_15353142.jpg

ゆげ海道沿いの「肉のいづみ屋」の揚げたてコロッケも美味しかった~!
「加賀野菜」のお店で「えごま」も買ってきました。
e0121128_15355324.jpg

プチプチとした触感が好きです。

明日は金沢に向かいます。
[PR]

by ikako-27 | 2012-02-10 15:43 | 小さな旅
2011年 11月 30日

紅葉の一休寺

京田辺市にお住まいの友人から酬恩庵「一休寺」の紅葉見物のお誘いをいただきました。
今年は各地の紅葉が遅れていたのでこの秋初めての紅葉見物となりました。
JR東西線の京田辺駅に降り立ったのも初めて・・、「一休寺」に参拝するのも初めてです。

「一休寺」はとんち話で有名な一休さんが63才頃から88才で亡くなるまでの約25年間の
晩年の住み寺だったそうです。
建物も庭園も立派なお寺です。
京都の中心地の寺院のようにたくさんの観光客がどっと押し寄せることはありませんので
落ち着いてゆっくりと美しい紅葉を楽しむことが出来ました。
総門を入ると真っ赤な紅葉が出迎えてくれます。
e0121128_7521753.jpg
e0121128_7523558.jpg

手水舎の水に映る紅葉を写すカメラ愛好家を真似て私も「カシャ!」と一枚。
e0121128_753744.jpg

参道の紅葉としっとりとした苔の緑が美しいコントラストです。
e0121128_7533974.jpg

方丈庭園です。↓
e0121128_8182785.jpg

「このはし、わたるな」
真中を渡って行きましょう~(笑)
e0121128_7552981.jpg

一休さんのとんち話には楽しいお話がたくさんありますね。
一休さんが和尚さんの大事にしていた水あめを食べてしまった時のお話も面白かったです。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一休がいた安国寺のおしょうは、うまいものは一人で食べ、
こぞうたちにはやらなかった。

あるときみんなでおしょうの部屋をのぞくと、とだなからつぼを取り出し
中のみずあめをうまそうになめ、また大事にしまいこんでいた。

一休はじぶんたちもほしいといったが、
おしょうは「これは大人が少し食べるだけなら薬になるが、こどもが食べると
死んでしまうおそろしい毒じゃで、みなにやるわけにはいかんのじゃ」といった。

しかし、おしょうのるすに、「ほんの少しならわかるまい」と、つぼを取り出して
みんなでなめていたが、気がつくとかなりへっている。

他のこぞうは青くなったが一休はあわてずにこう言いました。
「おしょうが大切にしているすずりをわって、なきまねをするといい!」

そしておしょうが帰ってくるとこう言った。

「おしょうさま、もうしわけありません。大事なすずりをわってしまいました。
それで死んでおわびをしようと思い、さっきからあの毒をなめているのですが、
まだ死ねません」

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一休寺の美しい紅葉を楽しんだ後は友人宅でお心づくしの美味しいランチをご馳走になりました。
写真はご遠慮しましたが目で楽しみ、舌で味わい・・♪
どれも美味しくって一皿ごとに作り方を伺い、フルコース付きの料理教室になってしまいました・・(汗)
レシピもいただいて帰りましたので早速実践してみたいと思います。
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-30 16:14 | 小さな旅
2011年 11月 22日

3日目も雨、そして・・

雨が続いたので予定を一日延ばして4日目・・
日が差し始め・・、今日はお天気になりそうです・・。
e0121128_16352425.jpg

渋柿の皮を剥いて棕櫚の葉にくくりつけて軒下に吊るしてきました。
e0121128_16413163.jpg

いっぱいの日を浴びて、冷たい風にさらされて・・
美味しい干し柿が出来るでしょう・・♪

寒暖の差が大きい山の上は、植物も色鮮やかです。
夏に咲いたアジサイはこんなにきれいな↓「秋色アジサイ」に変身しています。
e0121128_16525255.jpg


あっという間の楽しい4日間でした・・。
お世話になりました^^。
[PR]

by ikako-27 | 2011-11-22 16:55 | 小さな旅