2015年 11月 08日 ( 1 )


2015年 11月 08日

帯状疱疹

一週間ほど前から「右足の太ももの表皮がピリピリする・・」と言い始めた夫。
坐骨神経痛の痛みとも違うようだし、何だろう・・?と言いながらも病院に行くほどの
痛みでもなく、帯状疱疹らしき発疹もない・・。
その内に太ももに小さな発疹のようなものが見られました。
その発疹がだんだん赤みが増し、増えて行った時点で病院に行った方がいいのでは?
・・という事になり受診。
即、帯状疱疹との診断。
医師によると、帯状疱疹を甘く見てはいけないとのこと。
「もう少しひどくなると入院ですよ」と言われたとか・・。

帯状疱疹と言う言葉は耳にしますが身近で目にしたこともなく、何となく発疹は
上半身に出来やすいイメージがありました。
上半身が多いようですがどこにもできるようです。
免疫力が低下した時に60代、70代のお年寄りがかかる確率が多いようですが
若い人でもかかる病気だそうです。
初期に受診し、早めに投薬を開始するほど予後はいいようですので
この病気のイメージは頭に入れておいた方がいいですね。
発疹や痛みは体の片側だけにおきます。

痛みには強く、平素は口に出したり弱音を吐いたりしない人ですが
かなり痛いんだろうな?という雰囲気は伝わって来ます。
大好きなゴルフ、飲酒は禁止されています。
ゴルフのキャンセル、会食のキャンセル・・
たくさんの予定をどこまでキャンセルするのか・・?様子見の現在です。

好きな釣りにもしばらく行けないでしょうね~
太刀魚釣りに行きたいと楽しみにしていましたが当分無理でしょう。
先日はアジ釣りに行き、アジをたくさん釣って来ました。
この時期のお楽しみのアジのお寿司を作りました。

e0121128_13590450.jpg
もう一回くらい、アジのお寿司を食べられるかな~?と思っていましたが
今年はこれで食べ納めでしょうか・・?

お酒のない食事・・。
私もお付き合いです。
侘しいですね~(苦笑)

みなさまも私には関係ないと思わず、帯状疱疹のイメージを頭の片隅に入れて、
もしか・・?と思われたときには早めの受診をお勧めいたします。




[PR]

by ikako-27 | 2015-11-08 07:00 | 暮らしのスクラップ