青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 23日

旧白洲邸 「武相荘」

実家に帰った折に、鶴川にある「武相荘」に行ってきました。
e0121128_2045547.jpg

白洲次郎・正子夫妻が人生の大半を過ごした家です。

蔵と模の境にある地に因んで「武相荘」と名付けたそうです。
「無愛想」をかけたとも・・?

周りの環境は当時とは一変しているものの長屋門から一歩足を踏み入れると、そこは当時の
趣を残したまま、そこだけ時間が止まったままのように穏やかな時間が流れているのでした。

日本の古い農家の美しさを大切に残したまま、自分たちが住みやすいように少しづつ手を
加えながら理想の住まいを造って行ったのでしょう。
そこかしこに正子さんのセンスの良さがきらりと光っているお住まいです。

母屋の入り口の大きな信楽の壺には季節のお花が活けてありました。
e0121128_216930.jpg

2年前に母屋の屋根が吹き替えられています。
e0121128_21211987.jpg

「武相荘」の裏山への散策路です。
e0121128_21221394.jpg
e0121128_21225470.jpg

次郎さん手作りのポストなどもありました。
e0121128_21371793.jpg

家の内部は写真撮影が出来ませんでしたがどのお部屋もお二人の生活や好みが垣間見れるような調度品や生活用品が並べられ、時間の過ぎるのを忘れてしまうようなひと時でした。
今回は“「武相荘」ー冬”という企画展でしたが春夏秋冬、それぞれに趣の違う「武相荘」が
楽しめそうですね。
[PR]

by ikako-27 | 2009-01-23 08:40 | 小さな旅


<< 新幹線から見る富士山は・・      おめでたい時に・・? >>