2008年 11月 21日

日笠山のノジギク

各地で紅葉が見頃になってきました。
私も紅葉に誘われて・・
西に行こうか・・?東に行こか・・?

そんな時、山陽電車の大塩駅に近い「日笠山」の登り口にお住まいの知人から
「ノジギクがきれいですよ」と伺い、ノジギクを見に行くことにしました。

「ノジギク」は1924年に植物学者の牧野富太郎博士によって発見され「日本一の大群落」と報告されたそうです。
1954年に兵庫県の「県花」になりました。
「馬坂峠」「ノジギク公園」「日笠山」を回ってきました。
日笠山のノジギクです。↓
e0121128_2335948.jpg
e0121128_2342573.jpg
e0121128_2344575.jpg
e0121128_237424.jpg

山の途中に「皇帝ダリア」が咲いていました。
e0121128_23115417.jpg
見上げるような背の高いダリアです。初めて見るダリアです。
茎は太く竹のようでした。(右側はダリアを支えている本物の竹です。笑)
e0121128_231233100.jpg
この後、姫路城の好古園に行きました。紅葉がすばらしかったですよ。
[PR]

by ikako-27 | 2008-11-21 23:21 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by hirobou at 2008-11-22 15:12 x
あぁ~、夢のようです。でもちょっと気持ちが落ちたけれどまた登ってきました。
皇帝ダリア、去年も何処かのブログで拝見しました。
見たことがありません。背が高いんですよね。

↓のカブの千枚漬け(大根で)作ってみますね。玄関に食べきれない大根がそのまま転がっています。何とかしないとと思っていました。
Commented by ikako-27 at 2008-11-22 18:52
hirobouさま
ノジギク・・雪が降ったように真っ白の塊で咲いていました。
旭川の寒い銀世界と比べたら同じ白でも別世界のようでしょうね。
毎年のこととはいえ、今年の雪の中の生活に心も体も慣れるには
もう少し時間がかかりそうですね。
hirobouさんはきっと楽しいことをいっぱい見つけ出すことでしょう!


<< 日笠山から姫路城へ      柚子の皮の甘煮と大根の千枚漬け >>