青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 06日

初めての「ポッパナ織り」と初めての「男の料理」

どこからともなく金木犀の香りが漂ってきます・・
どこの路地を歩いてもお庭に金木犀の木があるお家が目につきます。

織物で「ポッパナ織り」を教えてもらいました。

「ポッパナ織り」はフィンランドの伝統的な手織だそうです。
使われている綿テープのことを「ポッパナ」というそうです。
織り方は普通の裂き織りと同じなのですが布地の切り方が少し違います。
布地を正バイヤスに切っていきます。
この作業がちょっと大変ですね。
手でサ~ッと裂くわけにはいきませんので一本ゝ、ハサミかカッターで切っていかなくては
なりません。

バイヤスの切り口が使い込むうちにビロード状の感触になっていい感じ~だそうです。♪
バイヤスですので繊維がパラパラとはずれ落ちてくることはありません。
織り上がった布地の感触が気に入っています。
写真は不要のパジャマで試しに織ってみました。↓
e0121128_16272961.jpg
e0121128_16274081.jpg
柿渋染めした布地で織ってみようと思っています。

    *********************************************

夫も「初めての男の料理」教室の第一回に行ってきました。
本人は初めてですが教室は以前から続いているようですのでその中に混じっての
「初めての・・」だったようでスタートラインはそれぞれ違うようで・・。。。
教室の中で夫たちの「1グループ」が超初心者のグループだったようです。
2時間半、汗をかきかきの実習だったようですよ~(料理を作るのも大変なんだヨ!)
「料理は楽しいね~」  (何が言いたいの・・?)

この日のメニューは「さんまのかば焼き」「十五穀入り栗ごはん」「豚汁」「青菜の白和え」
でした。
「忘れないうちの復習が大事です!」
昔、よく言われましたね~・・。
言うのは簡単ですが実行はなかなか難しい・・。。。

晩ご飯の支度・・よろしくお願いしま~す!
(いつもの倍、手間がかかりそう・・です(苦笑)
[PR]

by ikako-27 | 2008-10-06 16:51 | 手作り | Comments(8)
Commented by Etsuko at 2008-10-06 19:56 x
「ポッパナ織り」初耳です。
以前着尺、羽尺をバイヤスに裁断して、それに細い糸を絡ませて(つまり2本取り)手編みをしたことがあります。
ikakoさんの仰るとおり編んでいくと断ち目が解けなくて、とてもいい編地になりました。
ストールに変身しました。
パジャマがこんなに素敵に変身ですね。
いい物が出来そうで楽しみです。
古着が益々捨てられません。
Commented by ikako-27 at 2008-10-06 22:55
Etsukoさま
先日はお茶をよばれたお宅でポッパナ織りのコースターを見ました。
配色、感触、どちらもいい感じでした。
古いシーツを染めてポッパナ織りしたものも良かったですよ~
本当にますます古着の山が大きくなりそうです(笑)
Commented by Miller at 2008-10-07 08:57 x
ご主人はもともとまったく料理を作ったりなさらないのですか?
ウチの夫は料理も趣味みたいに好き勝手に作っていますよ。
その点は楽ですね。

ただし・・
台所の後片付けは大変なことになります。
それから私が不在の時でも「お洗濯」だけはしたくないらしい。
長男が「お洗濯」担当で、
夫はもっぱら食事担当。

ときどき私の作ったカレーなんかの味を勝手に自分好みに変えて、
息子に怒鳴られてます。

夫とそれ以外の人間の味覚が微妙にズレているのですよ~(苦笑)
Commented by ikako-27 at 2008-10-07 17:29
Millerさま
夫は何にも出来ませんでした。。。出来ません・・?(涙)
鍋奉行くらいはしますけど・・。
少しずつ、ゞ、おだてたり、喜んだりしながらよちよち歩きながら一応
前を向いて歩いていますよ(笑)
「天国のおふくろがこの姿を見たら泣くよ・・。男は台所に入ってくるな!」
って言われたんだから・・。。。
「本当かい?冗談でしょ?あのお母さんがそんなこと言うとはとても考えられないヨ!」

Commented by hirobou at 2008-10-07 22:33 x
この裂き織りは卓上の織り機を使っているのですか?

友が大きな織り機を貸してあげると言います。今年の冬は裂き織りかな。
Commented by ikako-27 at 2008-10-07 23:29
hirobouさま
これはアッシュフォードの卓上織り機ですので最大でも40㎝の幅までしか
織れません。
友人の家で足踏み式の織り機を見せてもらいましたが置き場所さえあれば
断然足踏み式ですね~!
早い!早い!
私はいつまで続くか分からないし、置き場所もないので当分はこれで
我慢ですね。
道具をそろえては三日坊主の前科者ですので家族からの冷たい視線を
感じながら・・(苦笑)
裂き織り、してくださ~い!
Commented by arinco11 at 2008-10-08 14:16
こんにちは!
製作の宿題を抱えながら、
まだ明日があるサと、ズルズルな日々を過ごし、アカンたれな私! ><
「ポッパナ織り」とは初めて拝見しましたが、素敵ですね。
バイアスにするのも織るのも大変でしょうけど、
仕上がりの感触の良さは、なるほどなぁ、と想像できます。
普通の裂き織りとは違う地柄の出方も魅力的です。
織物は経験が全くなくて、よくわからないのですが、
縦糸の選び方が、思っている以上に重要なのではないかな?と、
いただきものの裂き織りを眺めながら感じたりしています。
いつか、と言っていると、100年でも過ぎてしまいそう!、
ポッパナ織り、やってみたいです。
Commented by ikako-27 at 2008-10-08 21:05
arinco11さま
私も始めたばかりで糸の段階では出来上がりのイメージがわかりません。。。
数をこなすうちにわかってくるのでしょうか・・?
裂き織りは糸の張り方さえ覚えたら初心者でもそれなりに出来そうですよ。
織り進むのも早いので楽しいですよ~♪
ポッパナ織りのアドバイスが出来るように頑張って覚えますね!


<< 映画「おくりびと」      相撲のまわし・・? >>