2008年 06月 30日

おふくろの味“酒まんじゅう”

大分からの小荷物の中に「酒まんじゅう」が入っていました。
夫の大好物です。
e0121128_23584175.jpg

夫の田舎では昔からどこのお宅でもこの「酒まんじゅう」を手作りします。
形はこちらの「あんまん」に似たようなものなのですが米麹を発酵させた“酒の種”が入った
おいしいおまんじゅうです。
田舎へ行くとまずこの「酒まんじゅう」の山盛りに出迎えられます。
一年中、何かというとこの「酒まんじゅう」を作るようですね。
実家へ行っても義姉のところへ行っても義妹のところへ行ってもテーブルの上にはこの
「酒まんじゅう」の山があります。
一晩泊って次の朝、「おはようございます」と茶の間に行くとテーブルの上には又、
「酒まんじゅう」の山と差し出されたお茶があります。
この「酒まんじゅう」と「お茶」の儀式?が済むと朝食です。
かなりお腹に応える朝食ではありますがどこかに無事おさまってしまうのです。(笑)

大分へ行くと「道の駅」や「農産物の直売所」などでもきっとこの「酒まんじゅう」が目に入ると思いますよ。
そのくらい地元に溶け込んだ「おふくろの味」です。
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-30 00:24 | 暮らしのスクラップ | Comments(10)
Commented by hirobou at 2008-06-30 06:24 x
私の母は何かがあると、おはぎかお寿司でした。
どちらも美味しくって、売っているものより好きでした。
我家の子供は私の食べ物何を覚えているのでしょうか?
食べ物の思い出は大切ですね。
Commented by ikako-27 at 2008-06-30 08:01
hirobouさま
私の母は巻き寿司でした。
私の子供の頃は遠足といえば赤いでんぶの入った「巻き寿司」、
「運動会」といえばやっぱりこの「巻き寿司」でした。
今考えると、朝早く起きて巻き寿司のお弁当を作るのは
大変だったと思いますね。
残念ながら今の私にはこの日には必ず「これ!」という信念と根性の料理は
存在しませんね~
Commented by Miller at 2008-06-30 09:39 x
よくよく考えてみれば・・
「これ!」というものって無いですね。
思い起こせば沢山あるのに、
子供たちもきっとそんな感じかもしれません。

あ・・他の人と違って珍しがられたのは・・
遠足の時に作ってくれたおにぎりは塩味じゃなくてお醤油味でした。
お醤油に海苔。

私にもこの日には必ず「これ!」という信念と根性の料理は
存在しませんね~

思いつきの行き当たりバッタリです。

朝真っ先に「酒まんじゅう」食べただけでもお腹いっぱいになってしまいそうですね(苦笑)
Commented by ikako-27 at 2008-06-30 16:52
Millerさま
昔はたいしたものを食べてなかったので(私の家だけかしら?)
どこの親も遠足とか運動会のお弁当は力が入っていたのでしょうか?
今は遠足のお弁当といっても普段と特別変わったことはしませんね。。。

田舎の朝は早いので、朝食の前にまずお茶を一杯・・という感じです。
私の朝はあわただしいです。
のんびりお茶を一杯・・は皆が出かけた後の一人タイムです。
Commented by fubijin at 2008-06-30 21:10 x
所かわれば・・・・ですね。
私は甘党だから嬉しいくらいだけど、色んな習慣がありますね。
10時のお茶の時のほうが、もっといいのに・・・。
粒アンじゃなくてこしあんですか。
Commented by Etsuko at 2008-06-30 21:44 x
大分は酒饅頭なのですね。ご主人はこの酒饅頭に郷愁を感じておられるのでしょうね~

母親の味?私も子供時代の遠足、運動会は巻き寿司でした。大した具はなくても大好きな味でした。
大人になりその味を求めて私流に作った巻きすしを、好んで食べてくれたのは今は亡き母でした。

子供たちにお袋の味は?と尋ねても多分「さぁ~わからん」と言われそうです。
Commented by ikako-27 at 2008-06-30 23:45
fubijinさま
多分、私たち来客のために朝食が出来上がるまでのつなぎに
お茶と酒まんじゅうを出してくれているのでしょうね。
あんはそれぞれのお家で違うのでしょうが夫の実家は粒あんです。

Commented by ikako-27 at 2008-06-30 23:51
Etsukoさま
私は都会で育ちましたが地方の方がその土地ならではの
なつかしい味がたくさんあるような気がします。

「お母さんの作ったあれが食べたい!」なんて言われたら
うれしくなっちゃいそうですがそういう言葉は聞いた事がありません。
「あそこの店の○○がおいしい・・」というのはよく聞くのですが・・
Commented by ばあば at 2008-07-01 21:28 x
私の実家(宮崎)も 大分の隣ですから似ているのでしょうか。 帰省したら必ず「酒まんじゅう」と「ソーダのカステラ」を食します。 昔は両方とも家で作っていたのですが、今は買ってきますね。 実家では炭酸のことをソーダと言うのです。 要するに ベーキングパウダーではなく、炭酸で膨らませた蒸しパンのことで、 炭酸独特の風味があります。
Commented by ikako-27 at 2008-07-01 23:41
ばあばさま
宮崎でも「酒まんじゅう」ですか・・?
お隣どうしでつながっているのでよく似ているのですね~
「ソーダカステラ」のことは聞いた事がありませんでしたし
大分ではいただいた事がありません。
有馬に行くと「炭酸まんじゅう」がありますね。


<< ゴーヤの花が咲いた      書くことがないので・・ >>