2008年 06月 28日

布ぞうりの編み方

住んでいるマンションの住民の親睦を兼ねて「布ぞうりを編んでみませんか?」という
一日講習会をすることになりました。
どこで誰に漏れたのか私が布ぞうりを編んだことがあるというだけで
「教えてもらえないかしら?」と言われ
「私も本を頼りにしか編めませんがそれで良かったらみんなで編みましょうか?」
ということになりました。

お誘いの案内を作り・・、申込書を作り・・、申し込んだ人への当日までに準備する材料の
説明書をつくり・・とお世話係の方は大変です。

材料の準備の説明の書き方を巡って苦労しました。
「布地は何センチ幅に切ったらいいんですか?」
「布地の厚さによっても変わってくるし・・。6cmとか7cmとか適当でいいんだけど・・。」
「適当は困ります!」「長さは何センチに切ってきたらいいんですか?」
「何センチでもいいんだけど・・。布の長さによっても違うし・・。あんまり長すぎても編みにくいし短すぎても接ぐ回数が増えるし・・。適当でいいんだけど・・。」
「適当は困ります!」「何本ぐらい切ってきたらいいんですか?」
「長さによっても違ってくるし・・。適当でいいんだけど・・。布地が2m位あれば1足は出来るんだけど・・。」
「適当は困ります!」「わかっている人には適当でわかるかもしれないですけど全然わからない人には適当ではわかりません!」

確かに・・!お料理でも何でも 「適当に・・」で済ます癖がついているのではっきりきちんと
正確に伝えるのは難しい・・!

20年前の薄汚れた籐に柿渋液を塗ってみました。
もう一度再登板出来そうです。
e0121128_0555453.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2008-06-28 00:57 | 手作り | Comments(6)
Commented by hirobou at 2008-06-28 06:15 x
いつも適当な自分はソウ聞かれると困ります(笑)
初めての人は真剣ですね。

籠、お洒落なものに変身ですね。我家にも納戸の奥に眠った籠がありますよ。
Commented by liuxin1952 at 2008-06-28 06:33
昔、中国にプラント輸出をした際に、向こうの技術者に全く同じことを言われました。(笑)
部品の寸法などに全て許容公差を求められました。

話を聞く側の許容公差が小さくなっている??
Commented by ikako-27 at 2008-06-28 09:44
hirobouさま
今まで“適当で”何とかなってきました(笑)
勉強になります。
当日、何とか適当でないやり方でうまく教えられたらいいんですが・・

ボロも布ぞうりや裂き織りに・・、古いものもお化粧のし直しで再利用・・、
ますますボロの山が大きくなります。困った。。。
Commented by ikako-27 at 2008-06-28 09:44
liuxin1952さま
わかっている立場で考えるとわからない人の気持ちがわからないものですね。。。
自分のまったく知らない分野のことだったらきっと同じように思うでしょう。
Commented by Etsuko at 2008-06-28 22:20 x
適当って言う言葉はとても重宝な反面、曖昧性のある言葉なのかもしれませんね~
でも適当に生きてる私にはやはり好きな言葉です。
ikakoさんのご指導でいろいろなぞうりが出来上がるのでしょうね~
これからの季節、素足に布ぞうり、とても足裏が気持ちよさそう~です。

白羽の矢がたった籐製の籠がお化粧直して再デビュー!素晴らしいですね。
Commented by ikako-27 at 2008-06-28 23:42
Etsukoさま
今回の打ち合わせで私がいかに“適当”と言う言葉をよく使うかを実感しました。
「お料理の作り方でも“大さじ一杯”とか言ってもらわないとわからないじゃないですか・・!」
と言われました。ごもっとも。。。

布ぞうり、気持ちいいですよ!


<< 書くことがないので・・      ブルーベリーが色づいてきました >>