2008年 06月 19日

進化する?柿渋染め

e0121128_0113426.jpg染色材料が色々揃うので
たまに京都の「田中直染料店」へ行きます。
この店で今、力を入れているのが「柿渋糊染め」と言う染色方法です。
今までの柿渋染めとは全くと言っていいくらい方法も出来上がった作品も違います。
この染色方法をお店で実演してくれる催しがあったので行ってきました。

確かに今までの柿渋液では絶対に出来ない表現が出来るのですがそのためには柿渋糊は
勿論、染料、助剤など色々な材料が必要です。それも結構なお値段で・・。
お店は商売ですから研究し、進化させ、開発しなければ発展はないわけで・・。

これはこれでまったく別の素敵な作品が出来る染色方法・・。
でもこれは古来からの「柿渋染め」とは違う、別な染色方法という感想です。
柿渋液だけで楽しめる昔からの素朴な「柿渋染め」が私は好きかな・・?
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-19 00:32 | 柿渋染め | Comments(6)
Commented by caramelisees at 2008-06-19 06:29
おはようございます♪
染物・・素敵ですね。
そうそう、手作り市にも柿渋のお店がありました。おひげの立派なおじいさん(ごめんなさい^^)がやってらっしゃってました。何か買おうかとずっと迷っていました。テーブルに敷けるようなものを探しましたが、なかなか見つからず。。^^
柿渋染めも古来のものと糊染めっていうのがあるんですね。
今度は詳しくお勉強してから買いに行こうかな~♪
Commented by ikako-27 at 2008-06-19 10:49
carameliseesさま
柿渋染めといっても柔道着を染めたようなごっついものから
ほっこりするような暖かい感じのもの、繊細な模様を染めた
型染めまで作り手の趣味や好みで様々です。
お好みの柿渋染めを見つけてくださいね~♪
柿渋糊染めはまだ商品として売っているのは見かけないですね~
Commented by fubijin at 2008-06-19 20:13 x
私も何度か講習会に参加したことがあります。
横文字の薬品をいっぱい使うから難しい。
いつも帰りに思うことは、やっぱりいつもの方法でいい・・・と。
私は結果オーライの柿渋染めです。
Commented by hirobou at 2008-06-19 21:44 x
北海道でも『直染色店』で有名です。
私もこの店からシルクの染め布を仕入れていました。
旭川にも染色科の学校を卒業して染めているプロの染色家がお店を開いています。プロは全てが違いますね。素晴らしい物がありますよ。
Commented by ikako-27 at 2008-06-19 22:45
fubijinさま
fubijinさんはもうすでにfubijinさんならではの色や形を
作り上げていますね。
そのまま頑張って突き進んでください。
作品、楽しみにしています。
Commented by ikako-27 at 2008-06-19 22:55
hirobouさま
北海道にも「田中直」さんがあるのですか?
この店へ行くとついつい買い込んでしまうので自制しています。

デザインが出来る人はいいですね~
柿渋染めもだんだん国際的になってきて私が習い始めた時には
アメリカから柿渋染めを習う為に一年間日本に来ていた人と一緒でした。
同時に習い始めたのに彼女は一年でアメリカへ帰りもう本を出したり
作家として活動しています。お遊びの私とは根性が違いますね。
先月からはデザイン学校に通っている韓国の女性が習いに来ています。
PCソフトを使って凝ったデザインをしてきます。
みんな意欲的です。


<< マルベリーの摘み取りとジャム      「そうだ京都、行こう。」 >>