青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 13日

きゅうりの漬物

月に二回ほど、お弁当もちで習い事に行く日があります。
自分の為のお弁当はいつも冷蔵庫の残り物を急いで詰めた、貧しい中身なのですが
女同士、おしゃべりをしながらのお昼は楽しいものです。
持参したお弁当は貧しいのですが
「これ、いっぱい炊いたから良かったら・・」とか
「これ、ちょっと食べてみて・・」なんて、おかずが増えて豪華なお弁当に変身する事もあるんですよ~♪

先日は自家製きゅうりのお漬物が回ってきました。
青々として美味しいお漬物でした。
作り方を教わりさっそく作ってみました。
お砂糖の分量が多いのでびっくりしたのですが漬けて見ると砂糖の多さは気にならず、
砂糖のせいでしょうか?いつまでも色が変わらず、青々したままでした。

 [材料]
e0121128_0132079.jpg きゅうり・・・1kg
砂糖  ・・・170g
塩   ・・・60g

① きゅうりを洗い、水気を
   きる。
② 砂糖と塩を混ぜ、その中
   にきゅうりを漬ける。
③ 2日ほどすると水気が出て
   きてきゅうりがしなって
   きますのでころあいを
   見てきゅうりを引き上げ
   て保存する。

冷蔵庫の中で作りました。
この液はもう一度、同じように使えるそうです。
頂く時に、お好みでシソの
千切りや茗荷、しょうがなどをのせるのもいいでしょうね。
私は8本のきゅうり(700g)を浸けたので砂糖と塩をそれぞれ120g弱、40gほど使いました。
ちょうど良い容器がなかったのですがきゅうりが並べられる
容器があると使いやすいでしょうね。ファスナー付きの袋はどうでしょうね?
安いきゅうりが手に入ったときにお試しください。
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-13 00:26 | 手作りキッチン | Comments(12)
Commented by Etsuko at 2008-06-13 00:42 x
美味しそうなお漬物をありがとうございます。
見てるだけでお茶漬けが食べたくなりました。
きゅうりの漬物はというと、毎年漬けるドボ漬けが定番です。
ちょっと違ったお漬物もいいですね。早速試してみますね。
Commented by hirobou at 2008-06-13 05:52 x
これは簡単良いですね。
私はこれにビールと洋がらしを入れるんですよ。
今度アップしますね。いつも適当で書けるか心配ですが。
Commented by ikako-27 at 2008-06-13 08:27
Etsukoさま
おはようございます。
ドボ漬け・・って?ぬか漬けのことかしら?
やっぱりぬか漬けのおいしさにはかなわないでしょう。。。
これを教えてくださった方は78歳の方で
「ずっとぬか漬けをしていたんだけど足も悪くなって毎日お買い物に
行けないのでぬか漬けは大変になったので最近はもっぱらこのお漬物なのよ~」
とおっしゃっていました。
ぬか床をかき混ぜながら新鮮な野菜を毎日漬けるのは大変になったのでしょうね。
Commented by ikako-27 at 2008-06-13 08:32
hirobouさま
ビールと洋がらし・・その味も試して見たいですね~
今度、よろしく!
美味しいものが食べられる・・。幸せですね。♪
Commented by pocky at 2008-06-13 09:21 x
食べることは大好きで「あまから手帳」持ってアチコチ歩き回った私ですが、作るのは二の次、三の次・・(笑)
ikakoさんのブログは美味しくて簡単にできそうなヒントがあるので、とても参考になります。
胡瓜のお漬け物、これからの時期特に食欲をそそります^^
Commented by ikako-27 at 2008-06-13 18:16
pockyさま
「あまから手帳」・・行ってみたくなるおいしそうなお店がたくさんありますね~♪
さぞ、舌が肥えたことでしょうね(笑)
舌が肥えてる人はお料理上手だそうですよ~
お料理は簡単なのがいいですね。
特に暑い夏は・・ネ!
Commented by fubijin at 2008-06-13 21:25 x
私もドボ漬けっていいます。
塩と砂糖って不思議な感じがしますが、一度挑戦してみます。
手軽でいいですね。
Commented by Etsuko at 2008-06-13 22:01 x
ドボ漬けって京都弁でしょうかね~
そう、ぬか漬けのことです。更に「おドボ」って言う人もいますよ。
京都は何でも「お」を付けることがおおいです。
生粋の京都人かな?昔の人?つまりおばあちゃん。。。。私もそうかな?
Commented by ばあば at 2008-06-13 22:17 x
昨日、友人に茗荷の株を頂いて植えて~シソも植えたので、あとは この美味しそうなキュウリの漬物を漬けてみましょう♪
Commented by ikako-27 at 2008-06-13 23:30
fubijinさま
私も塩と砂糖だけの漬物って不思議に思いました。
そしてたくさんの砂糖を目の前にして、また不思議でした。
漬け上がったきゅうりを食べて、また不思議でした。
農園でたくさんきゅうりが収穫できた時に試してみてください。
Commented by ikako-27 at 2008-06-13 23:34
Etsukoさま
ぬか床がドボドボした感じだからでしょうかねぇ~?
京都の言葉はあたりが柔らかいですね。
Commented by ikako-27 at 2008-06-13 23:39
ばあばさま
シソと茗荷は夏の食卓にぜひ欲しいですね~
来年はきっと茗荷がいっぱいに増えていますよ。♪
去年、我が家のプランターから土地付きの家に貰われていった茗荷が
今年はびっくりするほどに増えていますから・・。


<< アスパラ三昧      2本のブルーベリーの木 >>