青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 06日

カルガモの親子

「カルガモの親子が見たい!」という私の執念が実りました。
早朝の住吉川の散歩から帰ってきた夫の「カルガモいたよ」の一言でカメラを抱えて
すっ飛んでいきましたよ~。

草陰で休んでいるカルガモの親子です。↓
e0121128_11425994.jpg


「坊や?達・・さあ~お散歩に行きましょう!♪」と言ったかどうだか・・?
お母さんと一緒にスイスイ泳いでいます。♪ ↓

e0121128_1144166.jpg

全部で10羽のコガモたちです。↓
何ともかわいい・・コガモ達!
e0121128_11454854.jpg

お父さんはどこかしら?
子育てをお母さんに任せて一人ゆっくり朝寝坊・・?
・・・と思ったら大間違い!
お父さんは家族を天敵から守る為にあたりを偵察しているのだそうです。

一緒にカルガモの親子を眺めていたジョギング中の方の話では
「この2~3日でかなり大きくなりましたね~。
2~3日前は川の流れに流されそうになるコガモを親ガモがくわえてつれもどしていましたよ。
きょうはしっかり一人で泳いでいますものね~♪」
・・ということです。
ず~っとボーッと眺めていたいような「カルガモの親子」でした。
[PR]

by ikako-27 | 2008-06-06 00:05 | 住吉川散策 | Comments(10)
Commented by liuxin1952 at 2008-06-06 06:49
懸命に泳いでいるであろう姿が可愛いですね。
ちょうどこれぐらいのアイガモを20羽飼っていますが、結構大食漢なのでびっくりしました。
鶏の餌を水でこねてやるのですが、そのままでは飲み込めないらしく、少し咥えては水で喉に流し込んでいます。
どの雛も餌の容器と水の容器の間を何度も往復です。
Commented by ikako-27 at 2008-06-06 09:24
liuxin1952さま
先日、かわいいアイガモを見せていただきました。
働き手に成長するまではエサをやって投資しなければいけないのですね。
成長したら畑の草や虫をとって自活ですか?
Commented by ばあば at 2008-06-06 16:49 x
私達の散歩道に こんな可愛いカルガモさん達がいたら、パパゴンは卒倒しそうなくらい喜ぶでしょう。 今は亀とウシガエルを見るのが楽しみです。
Commented by Miller at 2008-06-06 20:39 x
そういえば・・
こちらでも毎年、道庁のカルガモの移動がニュースになったりしますね。
そろそろなのかな?

生き物の世界は、
常に親は子を守るものなのでしょうね~

子供がいくつになっても子供は子供です。

ウチも早く自立してもらいたいものですよ(苦笑)
Commented by NORI at 2008-06-06 21:46 x
うぉ~~ 出会いましたね~~。
写真もバッチリですね。
私はヤッパリ嫌われているみたいです。
全く姿を見ることが出来ませんでした。
Commented by ikako-27 at 2008-06-06 23:13
ばあばさま
かわいいですよ~
毎日、見に行きたいようです。♪
願わくば生まれたてのカルガモを見てみたかった~です。
Commented by Etsuko at 2008-06-06 23:19 x
微笑ましい親子ですね。
人間もカルガモ親子から教えられますね。
川の流れとカルガモファミリーの様子が、ikakoさんのお写真からしっかり伺えます。

Commented by ikako-27 at 2008-06-06 23:21
Millerさま
道路を横切るカルガモの行列がニュースになったりしたことがありましたね~♪
この住吉川のカルガモは引越しの必要はなさそうですね。
動物の自立は早いですよね。
我が家にも掃除、洗濯、料理・・自立できない人間がいます(苦笑)
Commented by ikako-27 at 2008-06-06 23:24
NORIさま
早朝が狙い目でしょうか?
カルガモ見物の時出会った人によると
「阪急の上でもカルガモの親子がいましたよ」ということです。
今度行ってみますね。
Commented by ikako-27 at 2008-06-06 23:30
Etsukoさま
生き物が生まれながらに持っている本能というのはすごいですね。
文明が発達しすぎて人間の本能は薄れてきてしまっているかもしれませんね。
癒される風景です。♪



<< ガラスと柿渋染め作品展      ブログ、二年目に入りました >>