青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 30日

初めての裂き織り

織物の教室に行きはじめてから4回の講習を受けました。
以前、いただいた織り機を使わせてもらおうと思いましたが全くの初心者ですので
教室推奨の織り機の方が教えていただくのに都合がいいようでしたので結局、新しい織り機を購入しました。
「アッシュホード」というニュージーランド製の卓上織り機です。
縦糸をかける作業がかなり大変です。
説明書もついていますが英語で書いてあるので???です。
基本の織り方を数種習ったあと好きな織りをしていいということで私は念願の裂き織りに
挑戦することにします。

e0121128_1663448.jpg8㎜から10㎜位に布を切ってくるようにとのことです。布を探したところちょうど1cm幅の縦じまの布がありましたのでこれは切るのが楽そうだということでこれに決定!
縞に沿って切った長い紐が出来ました。
裂き織りをし始めて気づいたこと・・
糸くずがびっくりするほど出るんですね~
床はもちろんの事、着衣にも糸くずがいっぱいです。
織りが終わったあとはガムテープが必需品です。
もう一つはかなり振動音がするということ・・

布を力を入れて打っていくと
大きな音と振動がします。
マンションの下の家に響くでしょうか?夜などは作業しない方が良さそうです。すぐに20cmほど織れました。
裂き織りは織り始めると早いですね。
ただし、織り目はガタガタです。
あまり大きくアップしない方がよさそうです。。。
e0121128_16101288.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2008-05-30 00:04 | 手作り


<< 播磨中央公園で・・      麻糸を柿渋で染める >>