2008年 05月 29日

麻糸を柿渋で染める

夕方から雨になるとの天気予報でしたが何だか糸を染めたい気分になり柿渋で麻糸を染めました。
仕事ではなく、単なる趣味ですのでその日の気分に左右されながらの気ままな作業です。
これがプロの方の妥協を許さない仕事ぶりといっこうに上達しない素人のお遊びとの違いですね。
e0121128_023832.jpg柿渋の液を糸の芯までしみ込ませる為に液に浸けては棒に絡めて力いっぱいねじりあげて水気を絞る事を繰り返します。→
かなりな力仕事なんですよ。
あとはお日さまにおまかせですが糸が乾くまでは糸が重ならないようによく広げ、お日さまにあたる場所が一箇所に
集中しないようにくるくると
糸の輪を回してあげながらの作業です。
お日さまにあたる場所が均一でないと色むらが出来るのです。
色むらをあえて利用するのもおもしろいかもしれませんが・・。
この風景は何だか素麺を干しているようですね~(笑)↓
e0121128_0372052.jpg

乾いた後は、また柿渋液を重ねたり媒染したりして好みの色に仕上げます。
この糸を使って織物をしてみようかな~と思っています。
とは言うものの習い始めた織物に四苦八苦している状態です。(汗)
[PR]

by ikako-27 | 2008-05-29 00:42 | 柿渋染め | Comments(2)
Commented by Etsuko at 2008-05-29 21:48 x
わぁ~こうして染めるのですね。楽しそう~です。
と言うのは何も知らない者が言う事ですね。

これで織物!どんなのが出来るのでしょうか?とても楽しみです。
Commented by ikako-27 at 2008-05-29 23:13
Etsukoさま
このかせをいくつかに分けて染め分けようと思っているのですが
かせを巻き取るのが苦手です。
Etsukoさんは編み物をされてるのでお手のもんでしょうね~
織物になるのはいつの事やら・・(笑)


<< 初めての裂き織り      花の命は短くて・・ >>