2008年 05月 17日

古いマガジンラックに柿渋を塗ってみた

e0121128_23251351.jpg古い籐のマガジンラックがあります。
薄汚れて汚くなったのですがまだしっかりしていますので
柿渋液を塗ってみようと思います。
失敗してもダメ元です。

柿渋は粒子が大きいので、
籐の中まで柿渋液がしみ込むように洗って生乾きのマガジンラックに柿渋液を2倍に薄めたものを塗りました。
「塗っては乾かし、塗っては乾かし・・・」を何回も繰り返したところ・・・
いい色合いのマガジンラックに生まれ変わりました。

e0121128_23284349.jpge0121128_232924.jpg
















床もマガジンラックにあわせて塗り替えたわけではありませんよ。
左は以前住んでいた家の床です。(笑)

ベランダでは小花のバラがきれいに咲いています。
大輪は難しいので「質より量(花数)」のバラたちです。
e0121128_23224190.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2008-05-17 00:02 | 柿渋染め | Comments(4)
Commented by Miller at 2008-05-17 17:23 x
柿渋を塗るとまるで別人のようになりますね!
素敵なマガジンラックです。

バラは・・・
赤いのはカクテルではないですか?
ウチにもありますが、
咲き始めは真中が黄色いの。

けっこうパッ!とした色で元気で逞しいバラのようですよ。

よそのお庭を見て憧れて買って植えたのですが・・
最初真中の黄色い色を見て「ぎょっ!!」っとなりました。
かなりどぎつい色でしたから・・

時間が経ってからの赤と白の優しい感じが好きなんですけれどもね。
Commented by ikako-27 at 2008-05-17 18:18
Millerさま
柿渋は少しづつ色が変化していくので楽しいですよ!
白木もいい色になります。

赤いバラはカクテルのような大きいバラではなく、直径4cmほどの
かわいらしいバラです。
ご近所のお庭のバラを挿し芽していただきました。もう5年ほど前のことです。
悲しいかな・・この植木鉢のバラはちっとも大きくなりません。
本家のバラは毎年どんどん大きくなり春と秋に見事に花をつけています。
前を通るたびに「この違いは何なんだ?」とうらやましいことしきり・・です。
ピンクのバラは「バレリーナ」という名前です。
Commented by Etsuko at 2008-05-17 22:43 x
柿渋でのリメイク大成功でしたね!まさに渋いいい色です。籠が生き返りました。私自身もリメイクできないかな~(笑)

バラ咲いてきましたね。かわいいです!私も赤はカクテルかな?とも思いましたが少し小さいですね。
「バレリーナ」は当たりましたよ。なぜって?私も持っています。咲いてきました。鉢植えしてます。
Commented by ikako-27 at 2008-05-17 23:33
Etsukoさま
柿渋でのリメイク、気に入りました。
籐で編んだ古いものがまだありますのでまた塗ってみようと思っています。
我々?は「古き事は美しき哉」ということにしておきましょう・・!(笑)

「バレリーナ」はずっと以前に荒牧バラ園で買い求めました。
挿し芽でだいぶ増やしましたよ。♪



<< 「私の洋風料理ノート」のこと・・      古漬け高菜の油いため >>