2008年 05月 01日

姫路へ

最寄の駅から新快速電車で約50分程の姫路ですがこの駅に降り立ったのはまだ2度目です。
例の恐ろしい行列で評判の「菓子博」会場があります。
駅は乗客でごった返しており、ガードマンがそこらじゅうで目に入り、
「ただ今入場制限をしております!」というアナウンスが流れています。
3時間待ち・・。60分待ち。。。こんなニュースを聞いていたら決して来る事はなかったでしょう。

開催のずっと前、前売り券の発売中に「お食事会+菓子博」というプランのお稽古仲間の
親睦会のお誘いを頂き参加の申し込みをしていたのです。
行列に並ぶ気のない私たち年寄り集団は(上は79歳から下は一番若い?私まで)ゆっくりと
お食事会をした後、せっかく買ってある前売り入場券で「入場するだけでも・・」くらいの気持ちで会場へ行ったのですが・・・。
遅い時間が良かったのか並ばなくても見られる会場がいろいろありましたよ。

お菓子で作った姫路城と大名行列や「山水花鳥風月」を表現した工芸菓子など色々見ましたがチョコレートでできた大きな地球儀をご紹介します。
e0121128_004656.jpg

地球にとって危機的な温度といわれる34~40度がちょうどチョコレートが溶け出す温度と
重なることから、地球に見立てたチョコレートに、地球温暖化問題への注意の気持ちを込めて製作されたそうです。
製作には12色に色分けされた直径3センチのトリュフチョコレート、約35,000個が使われたそうです。
[PR]

by ikako-27 | 2008-05-01 00:09 | 暮らしのスクラップ | Comments(4)
Commented by hirobou at 2008-05-01 16:49 x
凄い!35,000個のチョコレートに驚き、3時間待ちに驚き。
やはり北海道の景気の衰退とは違うものですね。やはりこちらは景気は良くないです。
Commented by Etsuko at 2008-05-01 21:25 x
わぁ~凄いチョコ地球儀!
35.000ピースのパズルみたいですね~
地球の危機的な温度は34~40度ですか?最近の日本の夏の気温がまさに危機的温度ですね。
困った事です。一人一人が真剣に取り組まないとねぇ~
Commented by ikako-27 at 2008-05-01 23:17
hirobouさま
3時間待つことができる辛抱強さはどこから来ているのでしょうね~?
私にはまねの出来ない特技?です。
一人当たり、日帰りの入場者が落としていくお金が7千円(入場料を除く)
で、宿泊者が3万円で、経済効果132億円とか胸算用をしている
ようですが私たちが落としたお金は合わせて0円でした。(笑)

・・・と思いましたがお昼のお食事代をしっかり落としてきたことを
忘れていました。やっぱり経済効果は大ですかね~
Commented by ikako-27 at 2008-05-01 23:23
Etsukoさま
毎年ゝ、夏の暑さは耐えがたくなりますね。
年のせい・・では片付けられない暑さです。
小さなことでもひとりひとりが出来ることからしないといけませんねぇ。

このたくさんのお菓子はこのあと、どうなるのでしょうね?


<< 5月のベランダ      住吉川から山道へ >>