青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 27日

引越し先の茗荷

ベランダの小さなプランターの片隅で暮らしていた茗荷が昨年、友人宅の庭に引っ越して
行きました。
わずか2~3本の茗荷でしたが友人宅の庭のあちらこちらから茗荷竹が伸びている
ということです
さっそくご対面に行ってきました。
e0121128_1728733.jpg

まるで「水を得た魚」のように・・「雨後のタケノコ」のように元気に茗荷竹が伸びていました。
茗荷が顔を出す日が楽しみです。
友人は私を茗荷のオーナー様と呼んでくれます。
[PR]

by ikako-27 | 2008-04-27 00:15 | ベランダガーデン | Comments(8)
Commented by hirobou at 2008-04-27 07:37 x
お早うございます。
茗荷も北海道では見かけませんが、育つのかな?山菜では生えなさそうですね。

こごみ、本当に美味しかったです。あの山には沢山ありました。どう保存したらいいでしょう(今まで踏んずけていたのに)
Commented by ikako-27 at 2008-04-27 08:29
hirobouさま
茗荷は日陰でも育ちますしほったらかしでもどんどんランナーを
伸ばして増えます。友人の庭もそのうち茗荷に占拠されてしまうかも・・?
寒さにはどうなんでしょうね・・?

コゴミ、収穫大だったようですね~
リュックが重そうでしたね。
こういう時はどんなに重くても気分はルンルンでしょう~♪
私、余って困るほど収穫したことがないのですよ~(涙)
冷凍もできると書いてありますが味は落ちるでしょうね。
塩漬けしてから冷凍・・というのはどうかしら?
ワラビはその方法でおいしかったですが・・
いろいろ研究してみて研究の成果をまた、発表してください。
Commented by Miller at 2008-04-27 09:52 x
あれ?
茗荷は庭にありますが・・
あまり茗荷を食べる習慣がないものですから、
いつ茗荷が出来ているのか?
わからないうちに茗荷畑で終わってましたぁ~

ちょっとの期間、地面からにょこっと顔を出すのですよね?
一年に一度くらい薬味でソーメンなんかを食べると
「あ~~茗荷の香り・・」ってしみじみ思います。
あとは「酢漬け」でしょうかね。

hirobouさんの採ってきた「こごみ」は、
本当に柔らかそうで美味しそうに見えました。
案外冷凍ってそのままの形で保存できていいのではないでしょうかね。
山菜ものなら、ゆでてから冷凍とか?

さ~て、、どうでしょうね~???

結果報告私も待ってます!
Commented by Etsuko at 2008-04-27 14:53 x
茗荷、これまた大好きです。茗荷はどちらかというと日陰の湿り気のあるところが好きそうです。
我が家も以前栽培しましたが、乾燥地だったので出来ても、かたくて小さかったのです。
これも、天ぷら、そうめんや冷奴の薬味、漬物、甘酢漬けなどいろいろ活躍してくれますね。
Commented by ikako-27 at 2008-04-27 21:55
Millerさま
あっ、北海道の寒さでも茗荷は大丈夫なんですね~?
せっかくの茗荷、使ってくださいな・・!
キュウリやナスといっしょに浅漬けの漬物にしてもいいし、味噌汁、
天ぷら、薬味、甘酢漬けにしてちらし寿司にのせてもおいしいですよ。
Commented by ikako-27 at 2008-04-27 22:02
Etsukoさま
茗荷、おいしいですね。
好みが合いますねぇ~。歳のせいでしょうか・・?
でも私、嫌いなものを探すのが難しいんですよ。
何でもおいしいんですよ~。
気をつけないと大変なことになる?(笑)
Commented by ikako-27 at 2008-04-27 22:03
hirobouさま
訂正です。ランナーではなく地下茎ですね。
Commented by hirobou at 2008-04-28 00:01 x
ご指導ありがとうございます。こごみ、もう少し採って何とかしてみます。
あのアイヌネギの山は北海道でも珍しいほど何でもある山です。
いつまで続くのやら。どんどん山が壊れています。どういう訳か道が出来るんです。


<< 列島縦断・俳句スペシャル      筍三昧 >>