青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 26日

筍三昧

タケノコが店先に並び始めてからだいぶたちましたね~
タケノコ大好き人間としては今にも手を伸ばしそうだったんですけど・・
「そろそろどこからかタケノコがやって来ないかなぁ~」
・・・などと厚かましい下心でタケノコの到来を密かに待ち望んでおりました(笑)
お待ちかねの「タケノコ」が届きましたヨ。♪
e0121128_13155869.jpgこういう事は重なるものなんですねぇ。
お待ちかねのタケノコが届いたその日・・。友人から
「タケノコがあるんだけど・・?」
とまたもや「タケノコ電話」

タケノコ三昧の日々が始まりました。
先ずはタケノコとワカメで
若竹煮
穂先の皮は細切りにして
姫皮のゴマ酢和え
次にタケノコの木の芽焼き
タケノコの表面にかのこ目に包丁を入れて油でタケノコの両面をじっくり焼き、
焼きあがったら酒としょう油をを合わせた調味料を回し入れ味をしみ込ませます。
お皿にのせて小さく切った木の芽を散らします。おいしいですよ。
木の芽和えも食べたいですね。
「若竹煮」のタケノコを小さく切って木の芽を擦り入れた白味噌で合えます。
この「若竹煮」は次の日は天ぷらにします。
天ぷらの衣の中に小さく切った「木の芽」をまぜて若竹煮のタケノコを揚げて
タケノコの天ぷら
やっぱりタケノコご飯ははずせませんね~
残ったタケノコはタケノコのおかか煮にしました。
育った家は母が田舎育ちだったので薄味の上品な「若竹煮」のようなものは食卓に
並びませんでした。しっかり濃い味のついたかつお節たっぷりの煮物でした。
最後にタケノコを細かく切って干し椎茸、シメジ、きくらげなどと一緒に
タケノコの佃煮になりました。
e0121128_1347417.jpg

タケノコ料理を満喫させていただきました。
ごちそうさまでした!
[PR]

by ikako-27 | 2008-04-26 00:05 | 手作りキッチン


<< 引越し先の茗荷      織物一年生 >>