青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 26日

筍三昧

タケノコが店先に並び始めてからだいぶたちましたね~
タケノコ大好き人間としては今にも手を伸ばしそうだったんですけど・・
「そろそろどこからかタケノコがやって来ないかなぁ~」
・・・などと厚かましい下心でタケノコの到来を密かに待ち望んでおりました(笑)
お待ちかねの「タケノコ」が届きましたヨ。♪
e0121128_13155869.jpgこういう事は重なるものなんですねぇ。
お待ちかねのタケノコが届いたその日・・。友人から
「タケノコがあるんだけど・・?」
とまたもや「タケノコ電話」

タケノコ三昧の日々が始まりました。
先ずはタケノコとワカメで
若竹煮
穂先の皮は細切りにして
姫皮のゴマ酢和え
次にタケノコの木の芽焼き
タケノコの表面にかのこ目に包丁を入れて油でタケノコの両面をじっくり焼き、
焼きあがったら酒としょう油をを合わせた調味料を回し入れ味をしみ込ませます。
お皿にのせて小さく切った木の芽を散らします。おいしいですよ。
木の芽和えも食べたいですね。
「若竹煮」のタケノコを小さく切って木の芽を擦り入れた白味噌で合えます。
この「若竹煮」は次の日は天ぷらにします。
天ぷらの衣の中に小さく切った「木の芽」をまぜて若竹煮のタケノコを揚げて
タケノコの天ぷら
やっぱりタケノコご飯ははずせませんね~
残ったタケノコはタケノコのおかか煮にしました。
育った家は母が田舎育ちだったので薄味の上品な「若竹煮」のようなものは食卓に
並びませんでした。しっかり濃い味のついたかつお節たっぷりの煮物でした。
最後にタケノコを細かく切って干し椎茸、シメジ、きくらげなどと一緒に
タケノコの佃煮になりました。
e0121128_1347417.jpg

タケノコ料理を満喫させていただきました。
ごちそうさまでした!
[PR]

by ikako-27 | 2008-04-26 00:05 | 手作りキッチン | Comments(8)
Commented by hirobou at 2008-04-26 04:54 x
凄いお料理ですね。
ikakoさんの食卓を一度拝見したいです。
北海道はこの筍はお正月の時か炊き込みご飯かあまり我家では使いません。
今回の高知で頂いた、筍のお寿司美味しかったです。
Commented by ikako-27 at 2008-04-26 08:09
hirobouさま
タケノコ、大好きなんですよ。
このタケノコ料理、一度に写真で並べましたが全部が一度に
食卓に並ぶわけではないですよ~。
前日の料理が衣装替えしているだけです。
こんな料理の時は子供達は(もう子供という年ではないけど・・)
「ご飯のおかずがない・・!」と言います。
このセリフはしょっちゅうです。
酒のつまみみたいな料理ばかりだからです。
「いただきます!」即、ご飯!の人の為の料理作りは苦手です。

そういえば・・タケノコのお寿司を食べ忘れてました~
もうタケノコはやって来ないかな?
Commented by liuxin1952 at 2008-04-26 13:40
いや~ ホント凄いです。
一生分の筍料理を見た気がします。(笑)
「タケノコの木の芽焼き」美味しそうですね。
料理もそうですが、器もとりどりでこれまた美味しそう!!

Commented by ikako-27 at 2008-04-26 17:53
liuxin1952さま
「タケノコの木の芽焼き」おいしいですよ。
木の芽を毎日使うのでベランダの小さな山椒の葉がだんだん
寂しい状態になってきました。(涙)
liuxinさんの所では鮮度抜群のタケノコが手に入るのでしょうね~


Commented by Miller at 2008-04-26 18:59 x
ものすごいタケノコ料理ですね~
料亭でも充分に通用するのではないでしょうか?!

真ん中のは?
それと、そのお隣は?

私は、バカのひとつ覚えで「味噌煮」とか、「タケノコご飯」「煮物」くらいで済ませていました~

採れ立てならば・・
お刺身も美味しいみたいですね。
だから「お寿司」なの?

私・・「お寿司」大好きなんですけれどもね~

一度「タケノコ寿司」食べてみたいですね。
Commented by Etsuko at 2008-04-26 23:10 x
バラエティーにとんだ筍料理が並びましたね。どれもこれも美味しそうですね~
わが町は筍の産地です。あちこちの竹やぶには朝の4時頃から筍掘りが始まります。
その竹やぶへ直接買い求めに行く事があります。地方に送るのは上等のを、そして自家用は掘る時に傷の付いた物を頂きます。
筍だけはハウス栽培はできませんね~
今こそがまさに「旬」ですね。
Commented by ikako-27 at 2008-04-26 23:49
Millerさま
真ん中のは「姫皮のゴマ酢和え」です。
タケノコの頭の方の柔らかい皮の部分を細く切ってゴマ酢で和えています。
この部分は味噌汁に入れてもおいしいですよ。
そのとなりは「木の芽和え」です。
薄味に炊いたタケノコを(私は若竹煮のタケノコを使います)小さく切って
茹でたイカと一緒に山椒の葉を擦り入れた白味噌で和えています。

お寿司はちらし寿司しか食べたことがありません。
いくら新鮮でも生っておいしいのでしょうかね~?
掘りたてのタケノコが手に入るEtsukoさんに伺いましょう。
京都へ行くと「タケノコの漬物」は売っています。
Commented by ikako-27 at 2008-04-26 23:56
Etsukoさま
おいしいタケノコが食べられるところに住んでいらっしゃるんですねぇ~
タケノコは鮮度が勝負だそうですから・・
でも京都のタケノコは高いです。

昔、京都の西部をハイキングしていた時にタケノコを掘っている
おじさんに出会い、タケノコを安く分けてもらったことがあります。
柔らかくっておいしかったです。
↑生のタケノコは召し上がったことがありますか?


<< 引越し先の茗荷      織物一年生 >>