青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 07日

いかなごのくぎ煮

2月28日に「いかなご漁」が解禁になりました。e0121128_239012.jpg
最近では兵庫県の「いかなごのくぎ煮」として全国的に名が知られてきましたね。
このあたりではいかなごは春の到来を伝えてくれる「春告魚」です。
魚屋さんの店頭に「新子入荷」ののぼりが立ち、朝から主婦が行列を作ります。
みんな、毎年遠くの親戚や友人、知人に季節の便りとして送るのです。行列に並びながら「もう20キロ炊いたよ!」
「今年は高いな~!」
「生姜まで高いな~、便乗値上げとちゃうか・・?」
「なかなかピンと形良く炊くのはむずかしいなあ~」

と前後の人たちといかなご談議が始まります。
不思議なことにみんな自分のいかなごが
一番と自信を持っている人ばかりです。
魚屋さんで毎日、新子の大きさをのぞきながらいつ頃、炊こうか?と悩みます。
出始めのまだ小さいいかなごは下手すると団子状になってしまったりしてなかなか難しいのです。失敗したら送ることも出来ずみんな自分で責任を持って食べなければならなくなってしまいます・・・(涙)
もうちょっと待とう・・・と思いながらも路地裏からいかなごを炊く甘辛い砂糖としょう油の香りが漂ってくると落ち着きません。いかなごの漁期は意外と短く、のんびりしているとあっという間に大きくなってしまい炊き時を逃してしまうことになるので・・。
毎年、待っててくださる方に送り届けるまでは落ち着かない日々が続きます。
さあ、そろそろ今年のいかなごの炊き初めをしましょうか・・・?
[PR]

by ikako-27 | 2008-03-07 06:09 | 手作りキッチン


<< いかなごのくぎ煮を作りました      Myリュックができました >>