2008年 03月 04日

柿渋染めの布地

先日来、お風呂場で染めていた柿渋染めの布地が数枚染め上がっています。
同じような濃さで同じ回数染めても麻か?木綿か?レーヨンか?混紡か?それぞれの布地の種類や織りかたでも染め上がった布地の色合いは様々です。なかなか満足できるような色合いに染まってくれません。いい色に染まって・・、縫いやすくて・・、丈夫で・・希望の条件に合う布地を求めて試行錯誤です。
今回染め上がった柿渋染めです。↓
生地の風合や色を考えながら何を作ろうかと思案中です。
e0121128_23554174.jpg

母が作った紐がこんなところで大いに役立っています。↓
e0121128_002989.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2008-03-04 00:06 | 柿渋染め | Comments(2)
Commented by fubijin at 2008-03-04 21:03 x
綺麗に染まりましたね。
太陽に当てなくても、こんなに染まるのですね。
なにをつくられるのでしょう?
Commented by ikako-27 at 2008-03-04 23:08
fubijinさま
無地の柿渋染めは太陽に当てなくてもきれいに発色しますが
柿渋染めに濃淡をつけて縞模様に染めたい時は太陽の力を借りないと無理ですね。
これは夏の強い日差しが必要です。
日差しの下で染めていらっしゃるfubijinさんの柿渋染めは素敵な模様が出ているのでしょうね。


<< ホクレンの「GReen」      摘み菜の楽しみ >>