2008年 02月 26日

道・・・

Miller さんのブログで「相田みつを」さんの詩の話を読みながらPCデスクの片隅に目を落とすと
透明なビニールマットの下に入っている「相田みつを」さんの「道」という詩が目に入りました。
e0121128_10381752.jpg


この詩はいつだったか・・・?
どこだったか・・・?
旅先のみやげ物屋の一角にしつらえた“相田みつを”コーナーで買い求めたハガキだった
ような・・・?
たくさんの相田みつをの詩の中からこの詩を選んだ私はどんな状況の中にいたんだろう?
自分自身への戒めの言葉として・・・?
それとも子供達に読ませたいと思って・・・?
単にいい詩だと思って・・・?
その時の心境はもう思い出すこともできません・・・。
     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔々、もう40年も前のこと・・・?
友人とユースホステルや国民宿舎に泊まりながら九州を旅していた時のこと・・・。
鹿児島のある町を歩いている時、電信柱に張ってある労演(勤労者演劇協議会)主催の
文学座、杉村春子の「女の一生」のポスターが目に入りました。
その日の夜の公演でした。
二人の意見は一致し、「これ観よう!」ということになりました。
その芝居の中で杉村春子が言うせりふ・・・
「誰が選んだ道でもない、私が選んだ道だもの。
間違いと知ったら、間違いでないようにしなくちゃ・・・!」

その時からず~っと心の片隅に残っています。
     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わってNHKドラマ「篤姫」の中で奥女中「菊本」(佐々木すみ江)のせりふ・・・
「女の道は一本道。引き返すは恥にございます!」
“道”にまつわる話でした。
[PR]

by ikako-27 | 2008-02-26 00:05 | 暮らしのスクラップ | Comments(9)
Commented by Miller at 2008-02-26 08:41 x
おはようございます。

この詩も読んだことがあるような気がします。
どこで相田さんの詩が目に飛び込んできたのか思い出せません。
私が持っているのはあの一冊だけなんですが・・
書店で色々読ませていただきました。

そうなんですよね~
自分の選んだ人生(道)なんだよなぁ~と思うこの頃です。

「・・れば」「・・たら」ではなくね、
今歩いている道を彩りよくしていけばいいことなんですもんね。

カメラを持ち始めてから、
道端に花も見つけることができましたしね。
Commented by pocky at 2008-02-26 09:52 x
読めば読むほど優しい気持ちになれる自分がいます。
ときどき、こういう詩に触れないといけませんね。
忙しさに、ついつい忘れてしまうことが多いです・・・(反省)
Commented by ikako-27 at 2008-02-26 12:27
Millerさま
改めて本を開かなくてもどこかでいろんな人の目に触れ
いつの間にか、その人の心の中にそっと住み着いている・・・
凄いことですねぇ~
何となく見ている花も意識してジーッと見つめてみると新しい発見がありますね。
Commented by ikako-27 at 2008-02-26 12:30
pockyさま
何でも吸収できる柔らかい心を持たないと・・・!と反省しました。
心も身体もだんだん硬くならないように・・・。
先ずは柔軟体操から?(笑)
味のある字っていいですね。
Commented by moriwoaruku13 at 2008-02-26 14:25
もう 辛い時は カラオケでわんわん泣きながら歌います。
あそこは うるさいから何をしても大丈夫!
ストレス発散の場です。わたしには・・・
Commented by ikako-27 at 2008-02-26 16:40
moriwoaruku13さま
一人カラオケですか?
ストレスは溜めずに発散することが大事ですよね。
私は何が苦手って・・・歌が苦手です。
聴くのは大好きですよ。
カラオケで皆が歌っているのを聴いてるだけでも楽しいです。
でも、歌うことをを強要されてその場の雰囲気をこわしてしまうのが
申し訳ないので行かないようにしています。
一曲だけでもおはこを作る努力をした方がいいかな?
Commented by moriwoaruku13 at 2008-02-27 17:49
確かに!1曲だけでも歌った方がいいですよ。
自分をさらけ出して?大声で歌うんです。
息子も甥っ子も20才前は恥ずかしがって歌いませんでしたが 今は社会に出て カラオケにも一緒に行くようになりました。
一人が好き?ではないのですが誘うのがメンドクサイのです。「嫌だ~」なんていわれると楽しむ気持ちが失せてしまいます。
母もカラオケが大好きでした。

十八番は高橋真理子の「桃色吐息」大声出すのに最適です。
いつかカラオケ行きましょうね~楽しみ!!(口癖です。)
Commented by hirobou at 2008-02-27 22:04 x
幾つになっても迷い、悩むものですね。年とともに大人になるものだと思っていましたが、私の精神年齢は小学3年生から変っていないと何回も人に言った事があります。年とともに大人になるということはそれは錯覚ですね。私はそう思います。悩みながら迷いながら私は人生を終りそうです。
Commented by ikako-27 at 2008-02-27 23:45
hirobouさま
悩みながら迷いながら・・・きっとそれが人生なんですね。
悩みのない人はいないと思っています。
大きな悩みがあるときはそれより小さい悩みなんて全然気にならない!
でも大きな悩みがなくなると小さなことすら悩みになる・・・
私の経験です。


<< 心配だなぁ~      シシャモの南蛮漬け >>