2008年 01月 30日

金柑の甘酢漬け

e0121128_2350899.jpg宮崎の金柑をいただきました。
この金柑でいつもは
“金柑の甘煮”と“金柑ジャム”を作ります。

今年は友人から
「金柑を酢と砂糖だけで煮てみたら金柑も酢が気にならないし、
漬け汁もお湯で割って飲んだらおいしかった」
・・と聞きそれを作ってみることにしました。

金柑のタネは「自己責任で吹き出してね!」ですませたらいいのですが
私は変わり者なのか・・?
この金柑の“タネ出し作業”が嫌いではないのです。

金柑の周りに茶せん状に切り込みを入れ湯がいた後、
中のタネを取り出します。
ラジオを聞きながら、またはテレビを聞きながら・・・。
ふと気がつくといつのまにか「い~ち、に~い、さ~ん・・・」と
タネに反応している自分に気がつきます。

今までの経験からタネの数は6~8個ですね。
今回は900mlの酢に500gの砂糖、1㎏の金柑を30分ほど
煮込みました。
金柑もおいしいですし、漬け汁をお湯で割ってレモンを一滴たらして
飲んでみましたがからだに優しそうで気に入りました。
保存も冷蔵庫に入れなくてよさそうですし・・・ネ。

この金柑茶、生卵に見えますね~
[PR]

by ikako-27 | 2008-01-30 23:54 | 手作りキッチン | Comments(2)
Commented by hirobou at 2008-01-31 10:14 x
埼玉の伯母から金柑の甘酢煮が送られてきました。私もお湯の中に入れていただきました。庭の金柑綺麗でした。
Commented by ikako-27 at 2008-01-31 11:10
hirobouさま
私も差し上げようと思っています。
我が家の砂糖消費量はかなりなもんです。
この砂糖が全部私のからだの中へ入っていたら
私は今ここにいないでしょう(笑)
周りの人たちが我が家の砂糖の消費に協力してくれています。


<< うずまき豆のスープ      うずまき豆 >>