青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 13日

田舎の“鶏とゴボウの汁”

e0121128_2326062.jpg
以前に夫の出身地大分の名物
だんご汁”をご紹介しましたが
今日は大分の、そのまた片田舎の
鶏とゴボウの汁”をご紹介します。

この汁物は『晴れの日』やお祭り、
来客の時などによく作ります。
これは夫の実家だけに限った料理
なのかと聞いてみると
“となり近所みんな”とのこと。

我が家でもこの“鶏とゴボウの汁”は定番料理としてよく作りますが
『晴れの日』ではなく『普通の日』の
お汁に格下げされてしまっています。
昔はきっと汁物に鶏肉を入れるというのは特別なご馳走
だったのかもしれませんね。

鶏ガラのスープにささがきゴボウ、
小さくきった鶏もも肉を入れ、味付けはしょう油ベースです。
仕上げにたっぷりのネギを加えます。

今日はその汁に白菜を加えました。(これは私の勝手なアレンジです。)




ところで昨日(12月12日)は
“天下の大泥棒”石川五右衛門の命日って
ご存知でしたか?
お年寄りとお話している時にそんな話になりました。
「“12月12日”と書いて玄関にさかさまに張ると“泥棒除け”になるのよ」
・・という話を聞きました。
毎年この日に新しく書き換えるのだそうです。
初耳でした。
[PR]

by ikako-27 | 2007-12-13 00:24 | 手作りキッチン


<< 柿渋クラフトを楽しむ      柿渋染めの作品 >>