青柿

kakinosibu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 06日

~ベランダから見る山里風景~ ・・・ 再び

e0121128_1975213.jpg

11月のブログにのせた ~山里の秋模様~ ・・・は影も形もなくなってしまいましたが
また、渋柿をいただきました。“シュロの葉っぱ”付きです。
“シュロの葉っぱ”を細く割き両端に輪っかを作り、その輪に柿の軸を引っ掛けます。
一本のシュロの葉に2個の柿がぶら下がります。それを物干しに引っ掛けると・・・。
何とも風情があります・・・♪ 
シュロの葉ってしっかりしていますヨ!
e0121128_19153163.jpg

[PR]

by ikako-27 | 2007-12-06 00:03 | 手作りキッチン | Comments(4)
Commented by amamori120 at 2007-12-06 00:24
ほほう藁じゃないんですねぇ   棕櫚とはアイディアだなぁ ♪
Commented by ikako-27 at 2007-12-06 08:15
amamori120さま
おはようございます。
地方の田舎には昔ながらの生活の知恵がまだいっぱい受け継がれているなあ・・・と感心します!
Commented by moriwoaruku13 at 2007-12-07 00:52
子供の頃住んでいた所にもシュロが生えていました。
ストアーで柿を見るたびに、この美味しそうな干し柿を思い出します。
Tになっている柿の枝が何とも可愛いですね~。支えてるって!
Commented by ikako-27 at 2007-12-07 09:40
moriwoaruku13さま
干し柿ってほんと!可愛いですね。先日、和ものショップで布で出来た柿を売っていました。可愛い和柄で綿を入れて実の部分を作り軸の部分は本物の干し柿の軸がボンドで付けられていました。干し柿みたいにぶら下げたら可愛いインテリアになりそうだな~と思いました。


<< 鶏ハム      町はクリスマスモード ♪ >>